HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:脳と発達

脳と発達

日本小児神経学会の機関誌で,日本を大豊する小児神経専門誌.

2014年 Vol.46 No.1 2013-12-25

定価:本体1,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

第 56 回日本小児神経学会学術集会のお知らせ(第 3 報)

=巻  頭  言=
新しい知のドアを開けて,魅力あるストーリーを見つけよう
 藤井克則

=Images in Child Neurology=
立ち上がりにくい,ころびやすい 7 歳男児
 齊藤利雄

=総     説=
経腸栄養剤・治療用ミルク使用で注意すべき栄養素欠乏
 児玉浩子

=原 著 論 文=
発達期脳病変に続発する持続的筋収縮状態の臨床像
 丸山幸一,井合瑞江,荒井 洋,横地健治

小児期発症の難治てんかんに対する lamotrigine の臨床効果と薬物動態
 石井和嘉子,藤田之彦,桃木恵美子,今井由生,遠藤あゆみ,荒川千賀子,小平隆太郎,渕上達夫,麦島秀雄

注意欠陥多動性障害(ADHD)の薬物療法
 ―methylphenidate 徐放錠および atomoxetine の継続率等からみた有用性の検討―
 洲鎌倫子,石﨑朝世

=症 例 報 告=
家族歴に Menkes 病を認める新生児 3 例の臨床像の検討
 八木麻理子,楠 典子,李 知子,粟野宏之,森岡一朗,児玉浩子,竹島泰弘,飯島一誠

軽微な外傷で発症したくも膜囊胞合併急性硬膜下血腫の乳児例
 國吉保孝,加村 梓,安田すみ江

イオン飲料の多飲によるビタミン B1欠乏症から Wernicke 脳症を発症した 2 例
 平木彰佳,菊地正広

頻回の卒中様発作を呈した MELAS に対する L-arginine 静注療法―有効な投与時期について
 須藤 章,佐野仁美,川村信明


=短     報=
鎮静性抗ヒスタミン薬の投与により熱性けいれんのけいれん持続時間は延長する
 木村 丈,渡辺陽和,松岡太郎

=国際会議印象記=
国際小児神経学会/アフリカ小児神経学会共催の小児てんかんワークショップに参加して
 加藤光広

ICNA/ACNA 主催のアフリカにおける脳性麻痺児のケアを促進させるための教育プログラムに参加して 
 萩野谷和裕

=地  方  会=
第 19 回日本小児神経学会東北地方会(2013.10.19)
第 59 回日本小児神経学会関東地方会(2013.9.21)

=ニ ュ ー ス=
専門医ニュース 共同研究支援ニュース 人事往来 内外の学術集会 委員会だより 日本医学会だより 子どもの心の診療医専門研修会 千葉県小児神経懇話会

平成 26 年度会費前納のお願い
B & D オンライン化のお知らせ

=議  事  録=
専門医委員会 脳と発達編集委員会 

編集後記

ページの先頭へ戻る

バックナンバー一覧

2017年 Vol.49
No.6最新号
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2016年 Vol.48
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2015年 Vol.47
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2014年 Vol.46
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1