HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:脳と発達

脳と発達

日本小児神経学会の機関誌で,日本を大豊する小児神経専門誌.

2015年 Vol.47 No.3 2015-04-27

定価:本体1,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

=巻頭言=
インフルエンザ脳症の最新の治療
  新島新一

=小児神経科医が知っておくべき遺伝学的検査シリーズ=
X 連鎖性精神遅滞症候群の兄弟例
  和田敬仁

=インタビュー・理事長に聞く=
縦横無尽にリーダーシップを発揮しよう
 高橋孝雄,(聞き手)中井昭夫,加賀佳美,杉浦千登勢

=総 説=
先天性無痛無汗症の分子病態からみた神経成長因子と痛みの生理学:内感覚と交感神経と情動の関係
 犬童康弘

=特集・第 56 回日本小児神経学会学術集会=
(2014 年 5 月 29 日~5 月 31 日,浜松)

<シンポジウム 2:発達性読み書き障害(dyslexia)診断と治療の進歩:医療からのアプローチ>
序論  
稲垣真澄,小枝達也

先人の歩みから  
加我牧子

臨床診断の実際  
稲垣真澄

脳機能における特徴  
北 洋輔

治療介入法の考え方 
 関あゆみ

取り巻く問題点(併存症・二次障害) 
 林  隆

今後の研究と診療の展望 
 小枝達也

<シンポジウム 4:発達障害はいつ形成されるか?
 先天性? 後天性? あるいは両方か
 ~発症および病態修飾のメカニズムについて~>
序論  
 久保田健夫,福岡秀興

発達障害における遺伝性要因(先天的素因)について 
 神保恵理子,桃井真里子

環境要因の影響について 
 鷲見 聡

環境と遺伝の相互作用 
 杉江陽子

胎生期・新生児期における精神疾患及び発達障害の素因形成 
 福岡秀興

<モーニング教育セミナー 1:共同研究支援委員会主催>
日本小児神経学会が支援する共同研究課題報告
 佐々木征行,杉江秀夫

<モーニング教育セミナー 2:共同研究支援委員会主催>
エキスパートに聞く「てんかん重積症への対応」
 吉良龍太郎,杉江秀夫

=訃 報=
故 瀬川昌也先生に捧ぐ(1936-2014)
 星野恭子

=ニュース=
専門医ニュース/共同研究支援ニュース/人事往来/内外の学術集会/国立精神・神経医療研究センター小児神経セミナー/平成 26 年度小児医学研究振興財団優秀論文アワード/国立精神・神経医療研究センター筋病理セミナー/訃報
一般社団法人日本小児神経学会第 8 回会員総会のご案内
第 12 回医療的ケア研修セミナーのお知らせ

=議事録=
理事会/脳と発達編集委員会

編集後記

ページの先頭へ戻る

バックナンバー一覧

2018年 Vol.50
No.3最新号
2017年 Vol.49
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2016年 Vol.48
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2015年 Vol.47
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2014年 Vol.46
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1