HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2014年 Vol.102 No.5 2014-05-08

日常診療でできる がん検診・がん予防

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

focal point―特集のねらい   /林 道夫・他
編集協力:郡司俊秋

■ 総論
 日本におけるがんの現状   /中釜 斉
■ がんのリスクを高める要因
 がん予防に役立つ生活習慣指導   /田中英夫
 糖尿病などの他疾患との関連   /大橋 健
 がんのケモプリベンション   /高山哲治・他
■ がんの早期発見をめざして
 全身的ながん検診
  1)腫瘍マーカー   /飯島喜美子・他
  2)PET   /石原圭一
  3)MRIによるがんの適時発見は可能か?   /那須克宏
  4)アミノインデックス(R)がんリスクスクリーニング(AICS)   /山門 實
 臓器別がん検診とがん予防
  1)皮膚所見   /片桐一元
  2)脳   /中根 一
  3)頭頸部(脳以外)   /中尾一成
  4)肺   /臼井一裕
  5)食道,胃   /春間 賢・他
  6)大腸   /中島 淳・他
  7)乳腺   /佐藤綾花・他
  8)肝細胞がんのスクリーニングと予防   /森口理久・他
  9)膵がん,胆管がんの早期診断   /飯星知博・他
  10)腎,膀胱,前立腺   /家田健史・他
  11)婦人科(子宮,卵巣など)   /田代浩徳・他
  12)造血器   /中村文彦・他

◆ 連載
◎外来診療のワンポイントアドバイス
 顎関節症   /山城正司
◎私はこう治療する
 家族性高コレステロール血症(FH)   /斯波真理子
◎注目の新薬
 2型糖尿病治療薬 オングリザ(R)   /藤本 啓・他


◆ 投稿
◎臨床例
術前診断が可能であった原発性小腸がんの1症例―最近5年間のわが国の報告例と術後化学療法に関する考察   /石橋 至・他

次号予告
おしらせ
バックナンバー一覧
広告目次
投稿規定

ページの先頭へ戻る

ねらい

 現在,日本人のがんの生涯罹患率は50%に達し,がんは死因の3分の1を占めている.かつては「不治の病」といったイメージをもたれ,病名告知さえためらわれることもあったが,医療の進歩に伴い,適切な治療で治癒・長期生存も可能となっている.がんは今や「ありふれた病気」であり,かかりつけ医の日常診療のなかで遭遇することは決して珍しくなく,がんへの対応は日常診療のひとコマとなった,とさえ言えるのではないだろうか.
 医療の進歩により治療成績が向上したといっても,せっかくの恩恵を活かすには,がんに関しても早期発見,早期対処が重要であろう.無症候・無症状の段階でがんを早期に発見することが可能であれば,その後の治療・対処につながり,そのメリットは計り知れない.日常診療の中でのちょっとした留意や,人間ドックの活用などで,がんの早期発見につなげることができれば,おおいに有益であろう.がんの治療自体は専門医の領域であろうが,治療に繋げる早期発見の部分はかかりつけ医の領域である,ともいえる.
 現在では,がんの予防,という視点も重要である.従来から,喫煙などの生活習慣ががんのリスクを高めることが知られていたが,近年,糖尿病など他疾患ががんのリスクを高めることも知られるようになった.がんのリスクについては,マスコミ,インターネット上で,玉石混交,真贋入り混じったさまざまな情報が飛び交い,それらに振り回されているように見受けられる人も多い.適切なデータに基づき個々人のがんリスクをできるだけ下げるよう指導することや,リスクに応じた検査を考慮することが必要であり,これらはかかりつけ医の日常診療の場においてこそ求められている.
 本特集では,日常診療の中でのちょっとした配慮ががんの予防・早期発見につながることを期待して,各分野のエキスパートの先生方に執筆をお願いした.エビデンスに基づきつつ,一人一人の患者に即した視点も忘れずに,日常診療の中でお役立ていただければ幸いである.

            NTT東日本関東病院 糖尿病・内分泌内科 林 道夫
      NTT東日本関東病院 予防医学センター(人間ドック) 郡司俊秋

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.105
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル最新号
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹,大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/Beyond the textbook 心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る メカニズムから評価・治療の最前線
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫 ―そのむくみ,放っておいて大丈夫?―
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピックスまで
No.6 特集/いま知っておきたい,感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや……? ダイジェスト“IgG4関連疾患”
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後,臓器・血管保護を見据えた治療戦略
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線――ベールを脱いだ体内パートナーの機能
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま) 実戦と教育・研究から未来を展望する
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか? ―予防医療推進の観点から―
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害―気のせいでない科学の裏付けと最新治療―
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧症・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最適の治療へ
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃がん・大腸がん
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.12 特集/病院と地域の診療所をつなぐ在宅医療
No.11 特集/肝臓病診療のアップデート
No.10 特集/移植療法の現況と今後の展望
No.9 特集/糖尿病診療2014
No.8 特集/内科医のための更年期症候群診療
No.7 特集/消化管アップデート
No.6 特集/医療関連感染をめぐる最近のトピックス
No.5 特集/日常診療でできる がん検診・がん予防
No.4 特集/実地医家のための渡航医療
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ
No.3 特集/ここまで進んだリハビリテーション
No.2 特集/高齢者医療 そのポイントと最新知見
No.1 特集/臨床検査―ここまで進んだ検査の世界
2013年 Vol.101
No.増刊号 特集/主訴から診断へ―臨床現場の思考経路