HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2015年 Vol.103 No.5 2015-05-08

アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

focal point――特集のねらい /岡崎仁昭
◆好酸球の基礎から臨床へ
好酸球 /岡山吉道
アレルギー疾患の関連遺伝子 /中山次久,他
末梢血好酸球増多の鑑別診断 /楢崎雅司
◆全身性アレルギー疾患
アナフィラキシー /粒来崇博
重症薬疹:薬剤性過敏症症候群 /出光俊郎,他
食物アレルギー 食物依存性運動誘発アナフィラキシー /浅海智之,他
職業性アレルギー 職業性アレルギー疾患ガイドラインについて /土橋邦生
PM2.5とアレルギー疾患 /小田嶋 博
◆皮膚・粘膜アレルギー疾患
アレルギー性鼻炎のUp To Date /鈴木元彦
蕁麻疹 /森田栄伸
アトピー性皮膚炎のUp To Date /中村晃一郎
血管性浮腫 遺伝性血管性浮腫,好酸球性血管性浮腫 /釜田康行
木村病 /長嶋孝夫
◆呼吸器アレルギー疾患
気管支喘息に対する抗IgE抗体療法 /多賀谷悦子,他
好酸球性肺疾患(アレルギー性気管支肺アスペルギルス症を除く) /上出庸介,他
真菌とアレルギー疾患(アレルギー性気管支肺アスペルギルス症を中心に) /松瀬厚人
◆臓器病変を伴う好酸球増多症
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 /有村義宏
好酸球増多症候群(HES)の新分類と腫瘍性HESの分子標的治療 /定 明子,他
二次性腫瘍性好酸球増多症 /山口祐司
好酸球性胃腸炎 /大嶋直樹,他
好酸球性筋膜炎 /桑名正隆
好酸球性心筋炎 /猪又孝元
◆連載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
 腹部から腰部への強い痛みが突然出現した57歳男性 /松村正巳,他
◎人気の診療科紹介
 公益財団法人天理よろづ相談所病院内分泌内科 /辻井 悟
◎注目の新薬
 エフィエント®(プラスグレル) /神崎 綱
◆臨床例
自然退縮が疑われた肝腫瘤の1例 /桑野哲史,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 今回の特集は「アレルギー疾患の診療のpitfalls好酸球の臨床」である.
 編者の好酸球増多症との遭遇は卒後3年目に遡る.悪性胸膜中皮腫の症例で,経過中に著明な好中球と好酸球増多とをきたしたのである.当時の分子生物学的手法には限界がありCSF産生腫瘍として報告したが1),考察ではGM-CSFやIL-5を産生していた可能性にも言及した.またHodgkinリンパ腫の症例には末梢血好酸球増多や蕁麻疹様皮疹がしばしば観察されたが,その機序は不明で「反応性好酸球増多」などと説明されていた.1990年にBloodの表紙を飾った,Samoszuks MらのHodgkinリンパ腫でみられるReed-Sternberg細胞がIL-5を産生していることを証明した2)ことで,その機序が明らかになった.それに先立つ1988年には執筆者の一人である山口祐司先生が,世界で最初にIL-5が好酸球増殖因子であることを報告した3).木村病がわが国からの報告であることやIL-5の基礎研究などに鑑み,好酸球の研究においてわが国の果たした役割は極めて大きいことが分かる.
 日常臨床ではルーチンの血液検査で観察される末梢血好酸球増多が,全身性疾患の診断の糸口になることがある.今回はアレルギー炎症の主役である好酸球に焦点を合わせ,好酸球増多の鑑別を軸に,他科にまたがる疾患で,また臨床上のpitfallsに陥りやすい,見逃されやすい疾患の解説を特集した.
 本特集は好酸球の基礎から臨床への流れで構成される.
●好酸球の基礎から臨床:好酸球の基礎的事項,アレルギー疾患の関連遺伝子および末梢好酸球増多の鑑別診断のポイントを概説した.
●全身性アレルギー疾患:アナフィラキシー,薬物アレルギー,そして過去のアレルギー疾患の特集で紹介されていない職業性アレルギーと,最近話題になったPM2.5とアレルギー疾患を概説した.
●皮膚・粘膜アレルギー疾患:アレルギー性鼻炎,蕁麻疹,アトピー性皮膚炎のUp To Dateの解説と見逃されやすい疾患として血管性浮腫と木村病を追加した.
●呼吸器アレルギー疾患:Up To Dateな内容として,気管支喘息に対する抗IgE抗体治療,好酸球性肺疾患を含めた.
●臓器病変を伴う好酸球増多症:好酸球性多発血管炎性肉芽腫症,好酸球増多症候群(HES)の新分類と腫瘍性HESに対するチロシンキナーゼ阻害薬(イマチニブ)等の分子標的治療,二次性腫瘍性好酸球増多症,好酸球性胃腸炎,好酸球性筋膜炎および好酸球性心筋炎を含めた.
 本書が研修医,一般開業医および実地医家の先生方の日常臨床と生涯教育とに対する一助として,少しでも寄与できれば幸いである.
 最後となったが,執筆者は,アレルギー学会や各研究班などでご活躍の大変,お忙しい先生方である.快く原稿を引き受けて下さった先生方にこの場をお借りして深謝申し上げる.

自治医科大学医学部医学教育センター/
同内科学講座アレルギー膠原病学部門
岡崎仁昭

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.105
No.9 特集/脂質管理を一歩深める最新号
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識とトピックス
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ
~日常診療に役立つ臨床スキル~
No.5 特集/急増中!大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹,大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/Beyond the textbook 心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る
 メカニズムから評価・治療の最前線
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫 ―そのむくみ,放っておいて大丈夫?―
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピックスまで
No.6 特集/いま知っておきたい,感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや……? ダイジェスト“IgG4関連疾患”
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後,臓器・血管保護を見据えた治療戦略
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線
――ベールを脱いだ体内パートナーの機能
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま) 
実戦と教育・研究から未来を展望する
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか? 
―予防医療推進の観点から―
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害
―気のせいでない科学の裏付けと最新治療―
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧症・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最適の治療へ
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃がん・大腸がん
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.12 特集/病院と地域の診療所をつなぐ在宅医療
No.11 特集/肝臓病診療のアップデート
No.10 特集/移植療法の現況と今後の展望
No.9 特集/糖尿病診療2014
No.8 特集/内科医のための更年期症候群診療
No.7 特集/消化管アップデート
No.6 特集/医療関連感染をめぐる最近のトピックス
No.5 特集/日常診療でできる がん検診・がん予防
No.4 特集/実地医家のための渡航医療
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ
No.3 特集/ここまで進んだリハビリテーション
No.2 特集/高齢者医療 そのポイントと最新知見
No.1 特集/臨床検査―ここまで進んだ検査の世界
2013年 Vol.101
No.増刊号 特集/主訴から診断へ―臨床現場の思考経路