HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2015年 Vol.103 No.9 2015-09-07

内科が使う自己注射薬

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

focal point――特集のねらい /鈴木 亮

◆代謝・内分泌疾患の自己注射薬
インスリン療法の現在 /野見山 崇,他
GLP-1受容体作動薬による2型糖尿病治療 /大西由希子
重症低血糖時のグルカゴン注射 /村田 敬
ヒト副甲状腺ホルモン製剤(テリパラチド)による骨粗鬆症治療 /竹内靖博
成人成長ホルモン分泌不全症の診断とその治療 /高野幸路
◆膠原病・アレルギーの自己注射薬
関節リウマチ治療における生物学的製剤の現在 /金子祐子,他
アナフィラキシーに対するアドレナリン自己注射 /浅海智之,他
◆神経疾患の自己注射薬
インターフェロンβによる多発性硬化症の再発予防 /中原 仁,他
片頭痛,群発頭痛に対するスマトリプタン自己注射 /工藤雅子
Parkinson病のアポモルヒネ自己注射によるレスキュー療法 /高橋一司
◆消化器疾患の自己注射薬
炎症性腸疾患に対する抗TNFα抗体療法 /穂苅量太,他
肝炎治療における在宅自己注射の位置づけ―インターフェロン少量長期投与 /八橋 弘
◆血液に作用する自己注射薬
血友病に対する凝固因子製剤自己注射 /日笠 聡,他
G-CSF製剤の在宅自己注射 /平林真介,他
血栓症予防のためのヘパリン在宅自己注射 /朝倉英策
◆連載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
 多発脊椎腫瘍,直腸癌の治療中に急性腎不全を認めた53歳男性 /川人瑠衣,他
◎人気の診療科紹介
 聖路加国際病院Immuno-Rheumatology Center /岡田正人
◎注目の新薬
テノゼット®(テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩) /相澤良夫
◆原著
循環器疾患を有する消化器外科術後患者の離床状況―離床阻害理由と術前併存疾患について― /吉村香映,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 内科医が薬局を通じて処方する薬はおおむね内服薬で,注射薬というと病院や診療所のベッドで横たわる患者に点滴ないし静注するものというイメージがあるかもしれない.しかし近年は,医療の高度化や長期予後の改善と軌を一にして,慢性疾患に対する注射薬の種類が一段と増えてきた.そして注射をする主体は,病院における医師や看護師から,家庭における患者自身へと徐々に,かつ着実に拡大しつつある.
 1981 年に自己注射が保険適用となったインスリンを考えれば明白であるように,不足した生理活性物質の補充や半減期の短い薬剤投与を安定的に継続して行おうとする場合,在宅での管理を実現することが患者の QOL 向上と予後改善に直結する.システム成立の背景には,薬剤開発の進歩のみならず,制度実現のための関係者の多大な努力があり,現在に至っている.使用対象の裾野が広がれば注射器などのデバイスが進歩する.道具が洗練されれば,日常的に使用する薬剤に加えて,緊急時の対応に用いる薬剤も付随的に使いやすくなり,患者や家族による即時対応がより容易になることが期待できる.さらに近年の抗体医薬の進歩はめざましく,これまで難治とされた疾患の治療に新たな道を開いている.こうした新薬と並んで,従来から存在する薬剤にも,在宅自己注射によってさらにポテンシャルを発揮できるようになったものがある.
 本特集では,専門的治療として扱われることの多い注射薬治療を,外来患者自身が家庭で行う「自己注射」という切り口で横断して,各分野の第一人者の先生方に,非専門の内科医に向けたわかりやすい解説をお願いした.治療の場が病院から在宅へ移行する流れにおいて,一般診療を実践する際にも,自己注射を行っているケースに遭遇する機会が今後増えてくるものと思われる.本特集によって,在宅自己注射療法に対する理解が深まり,専門医とかかりつけ医の連携がさらに深化するきっかけとなれば幸いである.

東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科 鈴木 亮

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.105
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル最新号
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹,大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/Beyond the textbook 心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る メカニズムから評価・治療の最前線
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫 ―そのむくみ,放っておいて大丈夫?―
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピックスまで
No.6 特集/いま知っておきたい,感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや……? ダイジェスト“IgG4関連疾患”
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後,臓器・血管保護を見据えた治療戦略
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線――ベールを脱いだ体内パートナーの機能
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま) 実戦と教育・研究から未来を展望する
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか? ―予防医療推進の観点から―
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害―気のせいでない科学の裏付けと最新治療―
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧症・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最適の治療へ
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃がん・大腸がん
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.12 特集/病院と地域の診療所をつなぐ在宅医療
No.11 特集/肝臓病診療のアップデート
No.10 特集/移植療法の現況と今後の展望
No.9 特集/糖尿病診療2014
No.8 特集/内科医のための更年期症候群診療
No.7 特集/消化管アップデート
No.6 特集/医療関連感染をめぐる最近のトピックス
No.5 特集/日常診療でできる がん検診・がん予防
No.4 特集/実地医家のための渡航医療
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ
No.3 特集/ここまで進んだリハビリテーション
No.2 特集/高齢者医療 そのポイントと最新知見
No.1 特集/臨床検査―ここまで進んだ検査の世界
2013年 Vol.101
No.増刊号 特集/主訴から診断へ―臨床現場の思考経路