HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2016年 Vol.104 No.9 2016-09-06

カテーテルを使った最新の治療

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

focal point――特集のねらい /今井 靖
◆心臓 カテーテル治療の今,そして未来
冠動脈インターベンション /緒方信彦
カテーテルアブレーション /堀内大輔,他
心構造疾患(SHD)に対するカテーテルインターベンション /林田健太郎
カテーテルを用いた循環補助 /猪又孝元
大動脈瘤に対するステントグラフト手術 /蝶野喜彦,他
◆脳血管に挑む
脳動脈瘤・脳動静脈奇形/脳動静脈瘻に対するカテーテル治療 /髙木俊範,他
頸動脈狭窄症に対する血管内治療 /小林英一
急性脳動脈閉塞に対する再灌流療法 /山上 宏
◆様々な疾患に対するカテーテル治療を知る
肝悪性腫瘍に対する経カテーテル的IVR /東原大樹,他
動脈性出血病変へのIVR /佐藤守男,他
閉塞性動脈硬化症・急性動脈閉塞に対するカテーテル治療 /山本桂三
肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症に対するカテーテル治療 /山田典一
腎動脈狭窄・難治性高血圧に対するカテーテル治療 /池本智一
門脈圧亢進症に対するカテーテル治療 /石川 剛,他
◆連載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
筆記試験中に突然の胸痛と呼吸苦をきたした15歳女性 /関島 梓,他
◎人気の診療科紹介
富永病院神経内科 /竹島多賀夫
◎注目の新薬
ザイヤフレックス®注射用〔注射用コラゲナーゼ(クロストリジウム ヒストリチクム)〕 /藤原浩芳
◆臨床例
肺多形癌に伴う難治性の癌性疼痛に対して超大量にオピオイドを必要とした一例 /濱川正光

ページの先頭へ戻る

ねらい

 カテーテル治療と一言で言っても,それぞれの先生が思い浮かべる手技は大きく異なるのではないでしょうか.放射線専門医が行うIVR,脳神経医が行う脳血管インターベンション,循環器医が行う冠動脈,不整脈,大動脈弁狭窄へのカテーテル治療など実に多彩なカテーテル手技が医療現場で活用され,また長足の進歩を遂げています.各専門分野のカテーテルに関する優れたテキストはたくさんありますが,様々なカテーテル手技を一冊で概観できるレビューはほとんどありません.そのため今回,心臓・脳・末梢血管系と三つに分け,それぞれのトップランナーの先生方に分かりやすい解説をお願いしました.
 循環器領域では冠動脈インターベンション,様々な不整脈に対するカテーテルアブレーションが盛んに実施されており,それぞれ約年間20万件,5万件の実施があります.循環動態が不安定な場合のカテーテルによる循環補助として大動脈内バルーンパンピング(IABP),経皮的心肺補助(PCPS)がよく知られるところですが,新たな手法も開発されてきました.また最近特に注目される手技として,大動脈疾患へのステントグラフト,structure heart diseaseへのカテーテル治療を取り上げました.これらは従来の外科手術に置き換わる,あるいは補完する手技であり,今後さらなる普及が進むものと思います.
 脳血管においては,脳梗塞急性期に対するカテーテル治療,血栓溶解療法が注目されており,このさらなる普及がわが国の多い脳梗塞患者の予後,QOL改善に今後大いに寄与することが期待されます.脳動脈瘤も従来クリッピング法が唯一の治療選択肢でしたが,カテーテル治療もオプションに加わりました.頸動脈狭窄も外科的内膜剝離術以外にステント治療も盛んに行われています.
 心臓・脳以外の領域においても,おもに放射線専門医の先生が実施される悪性腫瘍,動脈出血性病変へのinterventional radiologyも目覚ましい進歩があります.悪性腫瘍のなかでも特に肝腫瘍は最も盛んに治療が行われますが,それを中心に解説をいただいており,動脈性出血については救急処置として多くの命がこの手法で救われています.門脈圧亢進症においては,食道・胃静脈瘤は生命を脅かす問題ですが,カテーテル治療もその戦略の一つとして活用されています.肺動脈血栓塞栓症,深部静脈血栓症は直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)を含めた抗凝固療法が基本ですが,血行動態が不安定あるいは破綻した場合の血栓吸引・破砕,下大静脈フィルター留置が必要なこともあります.末梢動脈の慢性閉塞・狭窄,あるいは急性閉塞について外科的血行再建,血栓除去の他に,カテーテル治療も考慮すべきです.腎動脈も筋線維異形成や動脈硬化による狭窄病変に対するカテーテル治療がよく知られるところですが,腎動脈を介して血管周囲の神経を高周波通電により修飾する腎デナベーションの降圧治療の可能性が現在進行中の臨床試験で明らかにされようとしています.
 このようにカテーテルに関する話題は尽きませんが,低侵襲かつ高成績に治療できるカテーテル技術の普及には,専門・専門外を問わず臨床医が日常診療から対象疾患を発見し,しかるべき治療へと導くことが鍵となります.本特集を先生方の明日からの診療にご活用いただければ幸甚に存じます.

自治医科大学内科学講座循環器内科学部門
今井 靖

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.105
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ
~日常診療に役立つ臨床スキル~
最新号
No.5 特集/急増中!大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹,大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/Beyond the textbook 心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る
 メカニズムから評価・治療の最前線
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫 ―そのむくみ,放っておいて大丈夫?―
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピックスまで
No.6 特集/いま知っておきたい,感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや……? ダイジェスト“IgG4関連疾患”
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後,臓器・血管保護を見据えた治療戦略
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線
――ベールを脱いだ体内パートナーの機能
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま) 
実戦と教育・研究から未来を展望する
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか? 
―予防医療推進の観点から―
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害
―気のせいでない科学の裏付けと最新治療―
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧症・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最適の治療へ
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃がん・大腸がん
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.12 特集/病院と地域の診療所をつなぐ在宅医療
No.11 特集/肝臓病診療のアップデート
No.10 特集/移植療法の現況と今後の展望
No.9 特集/糖尿病診療2014
No.8 特集/内科医のための更年期症候群診療
No.7 特集/消化管アップデート
No.6 特集/医療関連感染をめぐる最近のトピックス
No.5 特集/日常診療でできる がん検診・がん予防
No.4 特集/実地医家のための渡航医療
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ
No.3 特集/ここまで進んだリハビリテーション
No.2 特集/高齢者医療 そのポイントと最新知見
No.1 特集/臨床検査―ここまで進んだ検査の世界
2013年 Vol.101
No.増刊号 特集/主訴から診断へ―臨床現場の思考経路