HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2017年 Vol.105 No.2 2017-02-06

Beyond the textbook 心電図 実践診療で役立つコツ

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

focal point―特集のねらい/今井 靖
◆オーバービュー
心電図 日常臨床に活かす/三田村秀雄 
◆12誘導心電図を読み解くコツ
急性冠症候群の心電図診断と急性肺塞栓との鑑別/小菅雅美 
心肥大,心室・心房負荷/石川讓治 
脚ブロック,心室内伝導障害/鈴木健樹 
上室性頻拍,WPW症候群/山部浩茂 
心房細動・心房粗動/稲村幸洋,他 
心室期外収縮,心室頻拍/長谷川奏恵,他 
QT延長症候群,Brugada症候群,早期再分極症候群/清水 渉 
徐脈性不整脈:洞不全症候群,房室ブロック/河野律子 
先天性心疾患・小児の心電図所見を知る/金子正英 
注意すべき心電図変化のエトセトラ 心臓周囲・非心臓疾患も想定を/今井 靖 
◆負荷・ホルター心電図と最新の視点
運動負荷心電図/上嶋健治 
ホルター心電図 判読ポイント/杉山裕章 
加算平均心電図,T波オルタナンスの活用/福永俊二,他 
心電図を起電力ベクトルから読み解く/假屋太郎 

◆連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
発熱,関節痛および手掌紅斑をきたした17歳女性/高橋雄一,他
◎人気の診療科紹介
八戸市立市民病院救命救急センター/今 明秀
◎注目の新薬
ムルプレタ®(ルストロンボパグ)/清家正隆

ページの先頭へ戻る

ねらい

 心電図検査は日常診療で頻回に実施される検査ですが,自動診断が優れていることもあり,ついその結果を鵜呑みにして波形そのものが十分に読影されていない場面が散見されます.しかしこのたった1枚の心電図から,急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症),心室性不整脈,肺血栓塞栓症などの循環器系の救急疾患が診断されることも多く,迅速かつ正確な読影が現場では求められます.
 12誘導心電図を読むときに調律診断と波形診断をするわけですが,まず調律診断はパターン化して解読できます.心房・心室期外収縮は最も多く認められる所見で,大半の場合放置してよいものですが,頻度が多い場合は,背景疾患や他の不整脈のトリガー,心機能への影響も考慮し精査加療を要することがあります.頻脈の場合,規則的でnarrow QRSであれば上室頻拍か心房粗動(2:1伝導で心拍数が150/min程度が多い)であることが多く,QRS波が不規則であれば,まず心房細動を想定します.wide QRS tachycardiaはリスクの高い心室頻拍をまず想定しますが,上室性不整脈であっても変行伝導・脚ブロックなどでwide QRS tachycardiaを呈することがあります.徐脈性不整脈の代表は房室ブロック,洞不全ですが,特に2度Mobitz II型,完全房室ブロックは要注意です.
 次に波形診断ですが,P波では正常な洞調律か,心房負荷があるかどうか.PQ時間は正常0.12~0.20 secですが,短縮は副伝導路を想起,延長は1度房室ブロックとなります.QRS波は幅が狭いこと,軸が正常であること,異常Q波の有無,R波の減高がないかどうかをみます.陳旧性心筋梗塞ではII/III/aVF下壁,I, aVL,V5-6側壁,V1-4前壁中隔)とパターン化できます.左室肥大,右室肥大の診断,軸が顕著に左軸偏位であれば左脚前枝ブロック,右軸であれば後枝ブロックとなります.QRS幅が広い場合には右脚ブロック,そして左脚ブロックが多く認められますが,左脚ブロックには背景疾患が多く存在するため精査を要します.ST部分は上昇があれば,急性心筋梗塞,異型狭心症,急性心膜炎,心室瘤など,ST低下は狭心症,心筋症,低カリウム血症などを想定します.特に下行型,水平型ST低下は心筋虚血を反映している可能性が高く注意すべきです.T波はQRS波が正常であればQRS波とT波の向きは同一であることが多いため,QRS波と極性が逆向きのT波,またT波増高・平低に注意します.QT時間について延長がある場合に,QT延長症候群や心筋症・心筋虚血・脳血管障害などによる延長を考える必要があります.
 12誘導心電図に加えて,日常臨床において遭遇する機会の多い運動負荷心電図,ホルター心電図,また突然死予知に関わる平均加算心電図,T波オルタナンス,小児から成人になる過程における心電図変化,ベクトル心電図についても取り上げております.
 今日,多数の優れた心電図テキストが出版されておりますが,この特集では教科書にはない,専門家の心電図を読み解く“コツ”“技”が満載です.心電図解読のパールズが凝集されたこの一冊を日常診療にご活用いただければ幸甚に存じます.

自治医科大学内科学講座循環器内科学部門
今井 靖

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.105
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ
~日常診療に役立つ臨床スキル~
最新号
No.5 特集/急増中!大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹,大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/Beyond the textbook 心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る
 メカニズムから評価・治療の最前線
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫 ―そのむくみ,放っておいて大丈夫?―
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピックスまで
No.6 特集/いま知っておきたい,感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや……? ダイジェスト“IgG4関連疾患”
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後,臓器・血管保護を見据えた治療戦略
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線
――ベールを脱いだ体内パートナーの機能
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま) 
実戦と教育・研究から未来を展望する
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか? 
―予防医療推進の観点から―
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害
―気のせいでない科学の裏付けと最新治療―
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧症・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最適の治療へ
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃がん・大腸がん
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.12 特集/病院と地域の診療所をつなぐ在宅医療
No.11 特集/肝臓病診療のアップデート
No.10 特集/移植療法の現況と今後の展望
No.9 特集/糖尿病診療2014
No.8 特集/内科医のための更年期症候群診療
No.7 特集/消化管アップデート
No.6 特集/医療関連感染をめぐる最近のトピックス
No.5 特集/日常診療でできる がん検診・がん予防
No.4 特集/実地医家のための渡航医療
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ
No.3 特集/ここまで進んだリハビリテーション
No.2 特集/高齢者医療 そのポイントと最新知見
No.1 特集/臨床検査―ここまで進んだ検査の世界
2013年 Vol.101
No.増刊号 特集/主訴から診断へ―臨床現場の思考経路