HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2018年 Vol.106 No.11 2018-11-06

一般臨床医のための渡航医学講座

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい  濱田篤郎

◆国際化社会と渡航医学
社会の国際化と渡航医学  濱田篤郎

◆海外渡航者の診療
 ~外来で担当する患者が海外渡航することになったら
海外渡航者の健康問題と対策  近 利雄
海外の医療機関を紹介するには  宮城 啓
海外に薬を持参する際の注意点  櫻井眞理子
海外渡航者の感染症対策  氏家無限
海外渡航者のためのワクチン接種  菊池 均
海外の高地滞在にともなう健康問題と対策  栗田 直,他
航空機旅行にともなう健康問題と対策  飯田里菜子,他
慢性疾患のある渡航者の対策  清水靖仁
海外での妊娠,出産と不妊治療  多賀昌江,他
小児渡航者,留学生の健康問題と対策  福島慎二

◆外国人患者の診療
 ~外国人の患者が外来を受診したら
外国人の医療機関への受診状況  岡村世里奈
外国人診療の実際  南谷かおり
医療通訳の現状と利用方法  森田直美
外国人患者の医療費対策  山田秀臣,他
訪日外国人増加時代の感染症対策  和田耕治,他

◆渡航医学の現場から
国際医療搬送の現場からみた21世紀の“ボーダレス”地球村  葵 佳宏
トラベルクリニックと海外勤務者の健康管理  大越裕文
海外での邦人診療  菊地宏久
海外医療支援協会  五味秀穂
検疫所の役割  渡邉顕一郎,他
海外で子どもを育てるということ―英国での子育て体験―  髙山裕子

連載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
 体動困難,食欲不振を主訴に救急搬送された80歳女性  大串昭彦,他
◎人気の診療科紹介
 那須赤十字病院放射線科  水沼仁孝
◎注目の新薬
 マヴィレット(グレカプレビル/ピブレンタスビル)  茶山一彰
◎医療裁判の現場から
 心房細動カテーテルアブレーション実施前検査における左心耳内血栓の画像所見をめぐって  松村武志

ページの先頭へ戻る

ねらい

一般臨床医のための渡航医学講座

 社会のグローバル化にともない,日本から海外渡航する者や日本に滞在する外国人の数が増加している.法務省の出入国管理統計によれば,日本からの海外出国者数は年間1,700万人前後で,これは国民の7人に1人が,毎年,海外渡航している数になる.特に最近は,アジアなどの開発途上国に滞在する渡航者が増加しており,滞在先で体調不良を起こす者も少なくない.
 また,日本に滞在する外国人の数は,ここ数年急速に増加している.日本に旅行などで入国する外国人数は,2017年に2,800万人と過去最高を記録した(出入国管理統計).日本政府は2020年までに,この数を4,000万人にすることを目標にしている.さらに,外国人労働者数も近年増加しており,この数が2017年は127万人にのぼった.今後の日本での高齢化社会を考えると,外国人労働者数はさらに増加することが予想される.こうした外国人が日本滞在中に体調を崩し,日本の医療機関を受診するケースも増加傾向にある.さらに,日本に入国する外国人が感染症を持ち込み,国内流行を起こすことも懸念されている.
 こうした国際間の人の移動にともなう健康問題を扱う医療分野として,欧米諸国では渡航医学(トラベルメディスン)が広く普及しており,専門医療機関であるトラベルクリニックが各地に設置されている.さらに,一般医(General Practitioner)の間でも渡航医学は基礎的な医学知識として浸透しており,担当する患者が海外渡航するときや,外国人患者が受診した際の医療対応に活用されている.
 ひるがえって日本では,最近になりトラベルクリニックの数が増加しているが,一般臨床医の間に渡航医学の知識が広まっていないのが現状である.そこで,本特集では,一般臨床医が日常診療において海外渡航者や外国人患者を診察する場面を想定し,それに対応できるような知識を提供することを目的としている.あわせて,渡航医学の専門医が行っている特殊な診療も,コラム形式で紹介する.
 本特集を契機に,日本の一般臨床医の間に渡航医学の知識が普及するとともに,渡航医学への関心が高まっていくことを期待している.

東京医科大学病院渡航者医療センター
濱田篤郎

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2018年 Vol.106
No.12 特集/内科医のためのスポーツ医学最新号
No.11 特集/一般臨床医のための渡航医学講座
No.10 特集/嚥下障害と誤嚥性肺炎
No.9 特集/コモンディジーズとしての内分泌疾患と電解質異常
No.8 特集/がん診療における心血管合併症:onco-cardi
No.7 特集/便秘と下痢の最前線―診断と治療のパラダ
No.6 特集/サルコペニアと高齢者疾患(仮)
No.5 特集/職場のメンタルヘルス
No.4 特集/腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシ
No.増刊号 特集/イラスト神経診察−OSCEから難病診断そし
No.3 特集/糖尿病診療アップデート 2018
No.2 特集/血管の炎症を俯瞰する
No.1 特集/先制医療 予防医療の最前線
2017年 Vol.105
No.12 特集/内科救急と画像診断・IVR〜検査から治療法
No.11 特集/肺がんアップデート〜基礎から最新トピック
No.10 特集/妊婦さんへの内科治療―リスクと安全を考え
No.9 特集/脂質管理を一歩深める
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識と
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療の
No.5 特集/急増中! 大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類
No.3 特集/そのお腹、大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る メカニズムか
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アッ
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫−そのむくみ 放っておいて大丈夫?−
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピッ
No.6 特集/いま知っておきたい、感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや…? ダイジェスト"IgG4関連
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線―ベール
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま)
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか?
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ