HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2019年 Vol.107 No.12 2019-12-06

新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み解く

定価:本体2,600円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい 久留一郎

◆総論
『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』改訂のポイント 久留一郎
7つのクリニカルクエスチョンとその推奨 久留一郎
高尿酸血症・痛風の新常識 市田公美
押さえておきたい痛風の基本病態 寺井千尋

◆診断はどう変わったか
新ガイドラインに基づく高尿酸血症・痛風の診断 嶺尾郁夫

◆治療はどう変わったか
急性痛風関節炎と痛風結節:薬物療法の考え方と実践 谷口敦夫
高尿酸血症:生活習慣の改善から薬物療法まで 藤森 新
腫瘍崩壊症候群における高尿酸血症:治癒を目指しうる緊急疾患 山下浩平
小児の高尿酸血症:先天代謝異常,Down症候群からメタボリックシンドロームまで 久保田 優
尿酸降下薬の種類と選択:増えた選択肢と注意点 太田原 顕

◆合併症の管理はどう変わったか
尿路結石症:発生予防と再発防止 山口 聡
腎障害:尿酸降下薬によるCKD進展抑制 内田俊也
高血圧:心血管イベント発症と尿酸値管理 土橋卓也
心不全:血清尿酸値を考慮した治療薬の使い方 荻野和秀
動脈硬化:血清尿酸値高値と心血管イベント発症の関連性 石坂信和
脳血管障害:血清尿酸値と脳卒中 中村晋之,他

◆高尿酸血症・痛風と医療経済
医療経済の視点と『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』 真野俊樹

連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
突然の発熱と意識障害で救急搬送された70歳女性 石渡 彰,他
◎注目の新薬
ジャルカ®配合錠(ドルテグラビルナトリウム・リルピビリン塩酸塩 塚田訓久

臨床例
◎子宮内膜症を伴った成人Nuck管水腫の1例 米盛圭一,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)』が2010年に発刊されて以来,我が国では無症候性高尿酸血症を“6・7・8ルール”に従い,生活習慣修正後,合併症等に鑑み,必要に応じて薬物治療を行っており,新規に開発されたキサンチン酸化還元酵素阻害薬は高尿酸血症単独の診断名で使用できるようになっていますが,欧米のガイドラインでは本症に対しての薬物治療は認められていません.また,ガイドライン作成法にも大きな変化があり,治療に関して選択に迷う重要な臨床課題に関してクリニカルクエスチョン(CQ)を明確化し,CQのアウトカムごとに網羅的文献検索を用いて医療行為の益と害のバランスを決定し,加えて患者の価値観・希望や医療経済の観点を含めて重要度の高い医療行為について患者と医療者の意思決定を支援するための「推奨」を示すという手順が標準的になっています.
 このような現状に鑑みて,『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第3版)』が発刊され,「重要な臨床課題に関するクリニカルクエスチョン」とその推奨が示されました.実際に,痛風関節炎に対して第一選択薬は定まっていません.痛風発作の再発予防のためのコルヒチンカバーの期間は定まっておらず,痛風結節に対しての血清尿酸値のコントロール目標は定まっていません.また,腎障害や高血圧ならびに心不全を有する高尿酸血症患者に対して,臓器保護の目的での尿酸降下薬の使用を推奨すべきか定まっていません.さらに食事指導が血清尿酸値の低下や痛風発症の抑制に有効であるかは定まっていません.以上の臨床課題に関する7つのCQに対して推奨文が示されました.また,「高尿酸血症・痛風の診療マニュアル」には,高尿酸血症の新規病型分類・動脈硬化・心不全・腫瘍崩壊症候群・小児の高尿酸血症・医療経済の項目が新規に追加されました.
 本特集では,本ガイドラインの新たな改訂点に関してエキスパートの先生方に論じていただきます.なお,臨床においては,「治療」や「管理」に際して日本痛風・尿酸核酸学会認定痛風医をはじめとした専門医へのコンサルテーションが必要となることもあると考えられるため,そうした際のポイントにも言及していただくようにしました.また,高尿酸血症における最新知見(議論の余地があることも含む)をはじめ,多方向から最新情報を取り上げることで,本ガイドライン改訂にあたっての背景にも踏み込んだ内容といたしました.多くの先生方がより興味深く高尿酸血症・痛風を理解することができるのではないかと思っております.
 本特集が先生方の日常診療のお役に立てば幸甚です.

鳥取大学大学院医学系研究科再生医療学分野
久留一郎

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.108
No.6 特集/心疾患診療に活かす心臓リハビリテーション:まとめエッセンス最新号
No.5 特集/診療困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.4 特集/最新の高血圧診療-「高血圧治療ガイドライン2019」後の展開
No.増刊号 特集/必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法
No.3 特集/フレイルとその予防対策
No.2 特集/ウイルス肝炎アップデート
No.1 特集/ここまで明らかになった小腸疾患
2019年 Vol.107
No.12 特集/新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み解く
No.11 特集/大人の発達障害
No.10 特集/高齢終末期に向かう医療
No.9 特集/「生活習慣病」診療の新潮流:この10年で何が変わった
No.8 特集/高齢者心不全に挑む
No.7 特集/実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC
No.6 特集/医療安全update−患者さんも医療スタッフも満足できる
No.5 特集/一般臨床医のための貧血診療 これだけ
No.4 特集/遠隔医療の進歩
No.増刊号 特集/内科医のための皮膚疾患アトラス
No.3 特集/かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識
No.2 特集/診療に活かす薬理・ブラッシュアップ
No.1 特集/在宅栄養療法の最前線
2018年 Vol.106
No.12 特集/内科医のためのスポーツ医学
No.11 特集/一般臨床医のための渡航医学講座
No.10 特集/嚥下障害と誤嚥性肺炎
No.9 特集/コモンディジーズとしての内分泌疾患と電解質異常
No.8 特集/がん診療における心血管合併症:onco-cardiology
No.7 特集/便秘と下痢の最前線−診断と治療のパラダイムシフト−
No.6 特集/サルコペニア−高齢者包括診断で知っておくべき予防
No.5 特集/職場のメンタルヘルス
No.4 特集/腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシャル
No.増刊号 特集/イラスト神経診察−OSCEから難病診断そして神経救急
No.3 特集/糖尿病診療アップデート 2018
No.2 特集/血管の炎症を俯瞰する
No.1 特集/先制医療 予防医療の最前線
2017年 Vol.105
No.12 特集/内科救急と画像診断・IVR〜検査から治療法
No.11 特集/肺がんアップデート〜基礎から最新トピックス
No.10 特集/妊婦さんへの内科治療 リスクと安全を考える
No.9 特集/脂質管理を一歩深める
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識とトピックス
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ
No.5 特集/急増中! 大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹、大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
2015年 Vol.103
No.増刊号 特集/心不全のすべて