HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2017年 Vol.84 No.4 2017-03-17

骨粗鬆症ベストプラクティス

定価:本体2,700円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 髙松 潔

1.骨粗鬆症の疫学 / 松下 宏 
2.骨粗鬆症の診断 / 牧田和也 
3.非薬物療法 / 石谷 健 
4.薬物療法:活性型ビタミンD / 安井敏之・他 
5.薬物療法:HRT / 岡野浩哉 
6.薬物療法:SERM / 藤野敬史・他 
7.薬物療法:デノスマブ / 橋本 淳 
8.薬物療法:ビスホスホネート / 樋口 毅 
9.薬物療法:PTH / 岩本 潤 
10.卵巣機能不全・POIにおける骨粗鬆症の実際と対応 / 粒来 拓・他 
11.神経性やせ症における骨粗鬆症の実際と対応 / 鈴木(堀田)眞理 
12.女性アスリートにおける骨粗鬆症の実際と対応 / 能瀬さやか・他 
13.妊娠・産褥における骨粗鬆症の実際と対応 / 茶木 修 
14.婦人科悪性腫瘍治療後における骨粗鬆症の実際と対応 / 高橋一広 
15.閉経後骨粗鬆症の実際と対応 / 倉林 工・他 

連載
若手の最新研究紹介コーナー
雌ラットにおいてテストステロンが体重・摂食量に及ぼす影響は
性腺ホルモン環境により異なる / 岩佐 武 
来たれ!私たちの産婦人科 第4回
亀田総合病院 産婦人科 / 末光徳匡・他 
Essay 外界事情 
おそるべき銃社会アメリカ / 矢沢珪二郎 
Essay 青い血のカルテ 
ワシントン大統領の入れ歯 / 早川 智 

症例
初期子宮体癌の合併が診断しえた
 ポリープ状異型腺筋腫の1例 / 黒川晶子・他 
急速な経過で死に至った
 S状結腸癌卵巣直接浸潤の1例 / 長尾有佳里・他 
HELLP症候群との鑑別を要した
 感染性心内膜炎合併妊婦の1症例 / 今 沙織・他 

執筆者紹介   
バックナンバー   
投稿規定   
次号予告

ページの先頭へ戻る

ねらい

 日本人女性が約30年間も世界一の長寿を誇っていることはよく知られています.また,介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」も右肩上がりです.しかし,「平均寿命」と「健康寿命」の差,つまり何らかの健康障害をもって過ごす期間は逆に延びているのが現状であり,とくに運動器の障害が身体機能の低下を招くことから,ロコモティブシンドローム,サルコペニア,フレイルといった新しい用語の下に対策が始まっています.
 この流れに対して,もちろん産婦人科医も無知ではいられません.とくに,運動器のうち重要な要素である骨に対してエストロゲンが大きな影響を持つことは周知であり,最大骨量の獲得,性成熟期における骨量維持に働くとともに,妊娠・分娩・授乳や閉経といったエストロゲンレベルの変化は骨粗鬆症や骨折を惹起する可能性があります.また,女性に多い摂食障害も骨へ影響を及ぼすなど,産婦人科が対応する領域は骨粗鬆症と深く関連しています.しかし,実際に骨粗鬆症の診療を行っている産婦人科医は約半数であるという残念な調査結果も報告されています.
 一方,2015年には「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」の改訂版が策定され,加えて近年,新しい骨粗鬆症治療薬が次々と臨床に導入されており,治療の選択をどうするかという問題は複雑さを増しているのも事実です.
 そこで本特集では,産婦人科領域における骨粗鬆症の診断と治療に関する現在のベストプラクティスを考えてみたいと思います.改めて骨粗鬆症の基礎から治療の最新知識までを知り,年齢や閉経後期間といった現在の状態,あるいは加療中の疾患が持つ骨粗鬆症のリスクについても理解しておくことは,骨粗鬆症診療を行うかどうかにかかわらず,産婦人科医必須の知識ではないでしょうか?
 本特集を通して,骨粗鬆症に改めて興味を持っていただき,積極的な骨量測定や骨粗鬆症治療が増えることにより,日本人女性のQOLが向上することを期待したいと思います.
(東京歯科大学市川総合病院産婦人科 髙松 潔)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.84
No.7 特集/産婦人科領域における難病を考える
―新たに成立した難病法の視点から
最新号
No.6 特集/他科エキスパートが教える 婦人科医のための合併症管理
No.5 特集/産科出血に立ち向かう
―どこまでできる? 診療所から大学病院まで
No.増刊号 特集/知らなきゃ困る 産婦人科小手術
No.4 特集/骨粗鬆症ベストプラクティス
No.3 特集/Non–ART の不妊症診療—体外受精なしでここまでできる
No.2 特集/ここが知りたい 産婦人科周術期管理
No.1 特集/産科領域における遺伝診療の最前線
2016年 Vol.83
No.12 特集/月経前症候群・月経前不快気分障害の最新知見
No.11 特集/子宮筋腫の最前線
No.10 特集/産婦人科臨床研究最前線
No.9 特集/妊娠と感染症―外来で聞かれてどう説明する?
No.8 特集/骨盤臓器脱と排尿障害Up to Date
No.7 特集/ART最前線
No.6 特集/婦人科がんの診断・治療の最適化を目指して
No.5 特集/不育症 Up to Date
No.増刊号 特集/産婦人科処方実践マニュアル
No.4 特集/中高年女性に多くみられる症候とその対策
No.3 特集/生殖医療における倫理的問題を考える
No.2 特集/OC・LEPガイドライン ポイントの解説
No.1 特集/婦人科がん治療の新機軸
2015年 Vol.82
No.12 特集/分娩管理の新機軸
No.11 特集/婦人科腹腔鏡手術の最前線
No.10 特集/婦人科悪性腫瘍治療に対するドラッグリポジショニングの幕開け―既存薬に秘められた新たな可能性
No.9 特集/胎盤のバイオマーカー
No.8 特集/PIH既往女性の生活習慣病リスクとヘルスケア
No.7 特集/黄体ホルモンの基礎から臨床まで
No.6 特集/遺伝性乳癌卵巣癌のマネージメント
No.5 特集/無痛分娩Up to Date
No.増刊号 特集/よくわかる検査と診断
No.4 特集/OC・LEPの静脈血栓塞栓症リスク Q&A
No.3 特集/女性アスリートを診る ―産婦人科的問題とその対策
No.2 特集/血管新生を標的とした婦人科癌治療
No.1 特集/ワンランク上の妊婦健診
2014年 Vol.81
No.12 特集/よくわかるホルモン補充療法 Q&A
No.11 特集/産婦人科における漢方の理論と実践
No.10 特集/がん・生殖医療の現状と展望
No.9 特集/女性のうつ
No.8 特集/女性と静脈血栓塞栓症
No.7 特集/多囊胞性卵巣症候群(PCOS) Up to Date
No.6 特集/オミックスデータからみた婦人科疾患と遺伝情報の解釈  -システム生物学の理解と通した婦人科腫瘍学の新展開
No.5 特集/妊産婦と脳血管疾患
No.増刊号 特集/産婦人科手術 Up to Date
No.4 特集/女性と感染症Up to Date
No.3 特集/幹細胞と生殖医学
No.2 特集/がん免疫療法の最前線
No.1 特集/新たな早産予防戦略
2013年 Vol.80
No.増刊号 特集/ホルモン療法実践マニュアル