HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2015年 Vol.78 No.増刊号 2015-04-07

疾患からみる画像診断の進め方・読み方

定価:本体7,000円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /三浦 大

Ⅰ 新生児疾患
 呼吸窮迫症候群  /長 和俊
 胎便吸引症候群,空気漏出症候群  /菅野啓一
 TORCH症候群  /臼倉幸宏
 慢性肺疾患  /南 宏尚
 新生児消化管閉鎖(食道閉鎖,十二指腸閉鎖,小腸閉鎖)  /田辺行敏
 壊死性腸炎  /中尾 厚
 横隔膜ヘルニア  /甘利昭一郎・他

Ⅱ 先天代謝異常症
 ムコ多糖症  /小須賀基通・他
 遺伝性白質変性症  /大橋十也・他

Ⅲ 内分泌疾患
 甲状腺疾患  /南谷幹史
 思春期早発症  /宮田市郎

Ⅳ 感染症
 脳 炎  /斎藤義朗
 脳 症  /髙梨潤一
 結 核  /宮川知士
 咽後膿瘍  /仲野敦子

Ⅴ 呼吸器疾患
 先天性喘鳴  /鵜川寿子・他
 先天性囊胞性肺疾患  /松尾基視・他
 気道異物  /足立雄一・他

Ⅵ 循環器疾患
 左右短絡心疾患  /星野健司
 チアノーゼ性心疾患  /東 浩二・他
 大動脈縮窄・弓離断,左心低形成症候群  /小野 博
 血管輪  /大木寛生

Ⅶ 消化器疾患
 胃食道逆流症  /萩原真一郎
 肥厚性幽門狭窄症  /石井智浩・他
 腸回転異常  /井上幹大・他
 Meckel憩室  /栁 忠宏
 炎症性腸疾患  /青松友槻・他
 虫垂炎  /齋藤 武・他
 腸重積  /浮山越史
 Hirschsprung病  /下島直樹・他
 胆道閉鎖症  /佐々木英之・他
先天性胆道拡張症  /文野誠久・他

Ⅷ 腎泌尿器疾患
 腎血管性高血圧  /池住洋平
 膀胱尿管逆流  /上村 治
 囊胞性腎疾患  /中西浩一・他
 先天性腎尿路奇形  /原田涼子・他
 急性陰囊症  /佐藤裕之

Ⅸ 腫瘍性疾患
 肝芽腫  /後藤裕明・他
 腎腫瘍  /平井麻衣子・他
 神経芽腫  /井田孔明
 骨・軟部腫瘍  /古賀友紀・他
 縦隔腫瘍  /深野玲司・他

Ⅹ 神経疾患
 神経皮膚症候群  /岩崎博之
 ChiariⅡ型・Ⅰ型,Dandy−Walker奇形・異形,Joubert症候群,Möbius症候群  /松井 潔
 脳腫瘍  /藤崎弘之・他
 もやもや病  /中田昌利・他

Ⅺ 骨疾患
 骨髄炎  /髙村和幸
 頭蓋縫合早期癒合症  /佐藤兼重
 骨形成不全症  /難波範行・他

Ⅻ 外傷
 頭部外傷  /神薗淳司
 胸部・腹部外傷  /村田祐二
 虐 待  /小川 厚

索 引
和 文
欧 文

ページの先頭へ戻る

ねらい

三浦 大 東京都立小児総合医療センター循環器科・臨床試験科

 言語や文字ではなく,目でみた映像をそのまま記憶できる名人がいます.たとえば,十年前の対局の指し手を正確に再現できる棋士の脳には,棋譜が写真のように蓄積されているそうです.なかなか凡人には真似できませんが,映像による豊富な情報量が医学の世界でも重要なことは,日常診療で実感されているのではないでしょうか.診断に難渋した症例が,1枚の画像でたちどころに病名が明らかになることもあります.キーとなる画像を記憶していれば,凡医が名医になることもできるのです.
 基礎的な単純X線にはじまり,超音波,CT,MRI,造影,シンチグラフィなど画像検査は著しく進歩し,小児科領域でも多くの疾患で早期診断が可能になりました.一方,なるべく侵襲を与えずに確実な診断に至るためには,適切な検査法を選択し,異常所見の有無を判断しなければなりません.
 従来の画像診断に関する成書では,おもな症状の鑑別として検査が羅列される「症状→画像」という構成がほとんどでした.しかし,必要な検査をすべて行うことは現実的ではありません.実際の臨床の現場では,年齢・経過・身体所見などから確率の高い疾患を絞り,画像検査を進めていくという手順が一般的です.そこで,本特集号では「疾患→画像」という構成とし,診断の決め手となる画像をたくさん掲載する方針としました.
 執筆者は,新生児,先天代謝異常,内分泌,感染症,呼吸器,循環器,消化器,腎泌尿器,腫瘍,神経,骨,外傷と小児科の様々な領域のエキスパートです.各分野の主要な疾患について,特徴的な画像を厳選し,検査法の選択,注目するべきポイント,間違えやすい盲点,鑑別診断の勘所などを懇切丁寧にご解説いただいています.
 本特集号は,研修医や専門外の医師でも,画像診断のコツをみて学べる実践的な手引き書です.診断に迷ったとき,確定診断を得たいとき,治療方針を決定するときなど,今日の臨床にすぐに役立つ内容が満載です.また,写真集をめくるように画像を眺めるだけでも,明日の臨床に活かされる新しい知識が得られるでしょう.ぜひ,本号を通して画像診断の威力と魅力を実感してください.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.80
No.7 特集/新・発達障害支援~小児科医へのメッセージ最新号
No.6 特集/そうだったのか! 今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
-common diseaseから専門領域まで-
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/特大号/学校保健パーフェクトガイド
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線-クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症-エキスパートによる最新情報-
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス
-必要な知識・技術から緩和ケアまで-
No.1 特集/子どもの外傷~小児科医でもできること,
小児科医だからこそできること~
2015年 Vol.78
No.12 特集/小児血液・腫瘍性疾患の診断と治療のトピックス
No.11 特集/特大号/見てわかる小児の皮膚疾患
No.10 特集/より良いプライマリ・ケアのための最新「かぜ」情報
No.9 特集/実地臨床に役立つ食物アレルギーの最新情報
No.8 特集/小児リウマチ性疾患の最新治療
No.7 特集/小児呼吸器疾患をあなどるな!
No.6 特集/小児の輸液・栄養管理の基礎と実践
No.5 特集/よくわかる 小児感染症の基礎知識
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
No.4 特集/日常診療で役立つ小児整形外科の知識
No.3 特集/症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス
No.2 特集/けいれん性疾患の最新の治療
No.1 特集/新生児室のルーチンとトピックス
2014年 Vol.77
No.12 特集/発達障害の臨床-子どもの心の診療として
No.11 特集/特大号/保護者への説明マニュアル
No.10 特集/アレルギー疾患におけるアレルゲン再考
No.9 特集/知っておきたい小児保健のエッセンス
No.8 特集/日常診療に活かす小児の漢方
No.7 特集/小児科医の疑問に答える-耳鼻咽喉科の知識
No.6 特集/日常診療で遭遇する小児腎泌尿器疾患とトピックス
No.5 特集/若手小児科医のための臨床研究入門
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/感染症ケースカンファレンス
No.3 特集/一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド
No.2 特集/ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ
No.1 特集/災害医学とpreparedness-子どもたちを護るために
2013年 Vol.76
No.11 特集/特大号/わかる心電図-病態に迫る判読のコツ
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査―症候から診断・治療へ
2008年 Vol.71
No.増刊号 特集/増刊号/目で見る最新の超音波診断
2007年 Vol.70
No.増刊号 特集/増刊号/症候からみた小児の診断学