HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2016年 Vol.79 No.8 2016-07-12

小児救急で求められる単純X線写真

定価:本体2,700円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /河野達夫
 
Ⅰ 総 論
適した撮影法と指示オーダー  /河野達夫

Ⅱ 頸部・上気道
上気道狭窄・閉塞  /近藤睦子・他
気管,気管支異物の単純写真所見  /藤川あつ子・他
副鼻腔の単純写真  /谷 千尋

Ⅲ 胸 部
肺炎の見つけ方  /河野達夫
エア・トラッピングと合併症  /武藤絢子・他
正常胸腺の見分け方  /齊藤美穂子
胸水貯留  /市田和香子・他
縦隔陰影の拡大と,縦隔に重なる異常陰影  /中川基生・他

Ⅳ 腹 部
腹部単純X線写真の限界を知る  /河野達夫
小腸閉塞・イレウス  /河野達夫
腹膜気腫(気腹)と消化管穿孔  /山口善道
腹部の石灰化病変  /細川崇洋・他

Ⅴ 骨軟部・その他
虐待を疑わせる所見  /古川理恵子
小児科医が知るべき骨折  /森田有香・他
悪性疾患と単純写真  /半田淳比古・他

論 説
なぜ,論文を書くのか?  /石和田稔彦

症例報告
出生後早期の吐血の遷延から新生児期に先天性第Ⅶ因子欠乏症と診断した1例  /小林久人・他

症例報告
Guillain-Barré 症候群との鑑別に苦慮した身体表現性障害の1例  /千葉浩介・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

河野達夫  /東京都立小児総合医療センター放射線科

 先哲たちは「子どもはよくなるのも早いが,悪くなるのも早いから気をつけろ」と,若き研修医たちを戒めてきたものである.これは医療が進んだ現在でも,小児医療を担う医療者にとっては,今なお普遍的な教訓として認識され続けている.そのため小児臨床医療では,慢性疾患の管理が大きな役割を占める成人医療と比較して,コンビニ外来などと揶揄されながらも,救急医療が担う役割は非常に大きいと考えられている.
 小児救急医療を担う医療施設は,小児病院を筆頭として大学病院,標榜科として小児科を有する地域の中核病院,小児科常勤医が不在の小規模病院,そして市中の医院など多岐にわたる.その中で中規模以上の病院においては,画像診断は欠くことのできないものである.一方,これらの中で小児画像診断を専門とする放射線科医が常勤している施設はごく限られる.特に時間外に施行された画像検査を放射線科医が読影する施設は例外的であり,大部分は小児科臨床医や救急医に委ねられているのが現状である.
 本特集の主題は「小児救急で求められる単純X線写真」である.内容は「小児救急医療の現場で遭遇する頻度が高い疾患」において,「小児科臨床医や救急医が知っていると役立つ画像所見」で構成されている.小児病院に籍を置く筆者が,日頃小児ERの画像診断を担う中で,また研修中の小児科医に指導する中で必要性を痛感した項目を集めている.日常診療で用いられる画像診断のモダリティーは多岐にわたるが,今回は施行される頻度が高い単純写真に限定し,小児放射線科医に解説を依頼した.本特集の読者対象としては,実際に小児救急医療を第一線で担う若手小児科臨床医,後期研修医,開業医を想定している.
 本特集は,従来の教科書にみられるような臓器別の系統だった構成や,症状・症候別に画像診断の要点を記載する方式は採用していない.小児科臨床医が必要とする内容に限定し,それらを胸部・腹部・骨軟部の順に配列しただけである.一見無秩序な構成に見えるが,最初から最後まで読み通すことにより,小児救急医療の現場で役立つ知識が自然と頭に入ってくるように工夫している.また,画像診断としては重要な項目であっても,小児科臨床医にとって不要と思われる内容は,あえて大胆に割愛している.臨床医の利便性を最優先に考えての対応である.
 各項目は,小児画像診断を第一線で担っておられ,小児科医が知るべき内容や陥りやすい盲点などを熟知している小児放射線科医の先生方に執筆をお願いした.日頃から多忙をきわめるところ,無理な依頼に快く承諾していただいた先生方に,この場をお借りして感謝申し上げる次第である.いずれも力作揃いの内容に仕上がっており,明日からの診療の現場にすぐに役立つ内容であると自負している.
 読者が本特集で学んだ内容が小児救急医療現場で役立ち,子どもたちの健やかな成長に寄与することができれば,言外の喜びである.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.80
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患最新号
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する-common diseaseから専門領域まで-
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/特大号/学校保健パーフェクトガイド
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線-クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症-エキスパートによる最新情報-
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス-必要な知識・技術から緩和ケアまで-
No.1 特集/子どもの外傷~小児科医でもできること,小児科医だからこそできること~
2015年 Vol.78
No.12 特集/小児血液・腫瘍性疾患の診断と治療のトピックス
No.11 特集/特大号/見てわかる小児の皮膚疾患
No.10 特集/より良いプライマリ・ケアのための最新「かぜ」情報
No.9 特集/実地臨床に役立つ食物アレルギーの最新情報
No.8 特集/小児リウマチ性疾患の最新治療
No.7 特集/小児呼吸器疾患をあなどるな!
No.6 特集/小児の輸液・栄養管理の基礎と実践
No.5 特集/よくわかる 小児感染症の基礎知識
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
No.4 特集/日常診療で役立つ小児整形外科の知識
No.3 特集/症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス
No.2 特集/けいれん性疾患の最新の治療
No.1 特集/新生児室のルーチンとトピックス
2014年 Vol.77
No.12 特集/発達障害の臨床-子どもの心の診療として
No.11 特集/特大号/保護者への説明マニュアル
No.10 特集/アレルギー疾患におけるアレルゲン再考
No.9 特集/知っておきたい小児保健のエッセンス
No.8 特集/日常診療に活かす小児の漢方
No.7 特集/小児科医の疑問に答える-耳鼻咽喉科の知識
No.6 特集/日常診療で遭遇する小児腎泌尿器疾患とトピックス
No.5 特集/若手小児科医のための臨床研究入門
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/感染症ケースカンファレンス
No.3 特集/一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド
No.2 特集/ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ
No.1 特集/災害医学とpreparedness-子どもたちを護るために
2013年 Vol.76
No.11 特集/特大号/わかる心電図-病態に迫る判読のコツ
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査―症候から診断・治療へ
2008年 Vol.71
No.増刊号 特集/増刊号/目で見る最新の超音波診断
2007年 Vol.70
No.増刊号 特集/増刊号/症候からみた小児の診断学