HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2017年 Vol.80 No.6 2017-05-12

そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ

定価:本体2,700円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /長谷川奉延

Ⅰ.そうだったのか!ここさえおさえれば怖くない問診・理学的所見・初診時検査のコツ
低身長  /鎌﨑穂高
思春期が早い  /水野晴夫
甲状腺腫大  /南谷幹史
新生児の判別不明性器  /石井智弘
新生児マススクリーニングTSH高値  /長崎啓祐
新生児マススクリーニング17-OHP高値  /田島敏広
初経がこない・月経が止まってしまった  /岡田有紀子・他

Ⅱ.そうだったのか! いろいろな検査を使いこなすコツ
外来での採血と採尿:臨床検査を使いこなそう  /藤澤泰子
骨年齢:何がわかるの?どうやって読むの?  /佐藤真理
低身長の成長ホルモン分泌刺激試験:いくつ負荷試験するの?  /松井克之
新生児の低血糖:何を調べればいいの?どうなったら退院させていいの?  /依藤 亨
遺伝学的検査:どんなときにするの?どんな方法があるの?  /鳴海覚志

Ⅲ.そうだったのか!プロが伝授する必ずうまくいくマネージメントのコツ
肥満・肥満症・メタボリックシンドローム  /菊池 透
小児1型糖尿病診療における3C  /川村智行

Ⅳ.そうだったのか!救急外来で絶対役立つコツ
糖尿病性ケトアシドーシス  /会津克哉
副腎クリーゼ  /天野直子

Ⅴ.そうだったのか!コツにならない?実はまだよくわかっていないこと
肥満の評価:肥満度?それともBMI?  /井ノ口美香子
血中尿中のホルモン測定値:えっ!測定値が正しくないことなんてあるの?  /小山雄平

症例報告
発熱を契機に診断された正期産児頭蓋内出血の1例  /山田勇気・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

長谷川奉延  /慶應義塾大学医学部小児科学教室

 “そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ”を編集しました.第一線でご活躍の諸先生にぜひお読みいただきたい本特集号の特徴は以下の4点です.
 第1に教科書に載っていないコツを読者の先生と共有します.小児領域の診療にはいくつものコツがあります.小児内分泌も例外ではありません.そのコツを知っていると知らないとでは-たとえ経験に裏打ちされたコツであって,そのエビデンスレベルは高くなくとも-大違いです.すなわち,「問診・理学的所見・初診時検査のコツ」,「いろいろな検査を使いこなすコツ」,「マネージメントのコツ」,「救急外来で絶対役立つコツ」を学びます.さらに,「わかっているようで実はまだよくわかっていないこと」も取り上げます.
 第2に身近な,素朴な疑問を解決します.特に,小児科全般を勉強している若手の先生,内分泌以外をサブスペシャリティーとしている先生,あるいは研修医の先生たちは,日常診療の中で毎日のように身近な,あるいは素朴な疑問をお持ちではないでしょうか.本特集号はそのような疑問に可能な限り答えるように編集しました.
 第3に“いまさら聞けない”質問にも答えます.“実は完全には理解していなかったことだけど,いまさら誰にも聞けない”という質問をお持ちのベテランの先生もいらっしゃるかもしれません.本特集号はそのような質問も取り上げました.
 第4に日常診療に今すぐ役立つファーストタッチを学びます.実際に内分泌疾患あるいはその疑いの患者さんを目の前にした際に,ぜひ関連する章をご一読ください.必ず,“今すぐ役立つ”内容を学ぶことができると思います.
 本特集号を通じて“そうだったのか!”と納得するコツを学んでいただけると確認しています.すべての小児科医,研修医の先生方の明日からの診療にお役に立つことができれば編集者として望外の喜びです.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」最新号
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.増刊号 特集/小児の症候群
2015年 Vol.78
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方