HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2019年 Vol.82 No.1 2018-12-13

小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /長谷川久弥

Ⅰ.主要症状に対するファーストタッチ
咳 嗽  /吉原重美・他
喘 鳴  /星名 潤
無呼吸  /木原裕貴
呼吸不全  /高瀬真人

Ⅱ.専門性の高い呼吸器疾患
気道異物  /足立雄一
喉頭軟化症  /内山 環
気管・気管支軟化症  /長谷川久弥
気管・気管支狭窄  /福本弘二
囊胞性肺疾患  /望月博之
間質性肺疾患  /長 和俊
肺ヘモジデローシス  /金子忠弘
原発性線毛機能不全  /西間大祐・他
睡眠時無呼吸  /杉山 剛
先天性中枢性低換気症候群  /山田洋輔

Ⅲ.在宅呼吸管理
在宅酸素療法  /南 宏尚
在宅人工呼吸療法  /鈴木康之
気管切開  /廣瀬正幸・他
在宅モニタリング  /鶴田志緒

原 著
ロタウイルス感染症患児にみられるBUN上昇について  /松永健司・他
Yersinia enterocolitica感染症18例の臨床的検討  /内藤広行・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

長谷川久弥  /東京女子医科大学東医療センター新生児科

  小児呼吸器疾患は,一般診療でみることの多い急性鼻咽頭炎,気管支炎などから,頻度の少ない希少疾患や難治性疾患まで,多岐に及んでいる.長引く咳嗽や喘鳴,胸部異常陰影など,専門的な検査,管理を要する疾患も多い.最近では,小児領域においても,細径気管支鏡の開発や各種検査技術などの向上により,以前は診断,管理が困難であった呼吸器疾患も診断,治療が可能となってきている.
  一方で,アレルギー検査陰性,気管支拡張薬の効果も十分でないにもかかわらず,気管支喘息として管理されていた症例で,重篤な状態となってから気管狭窄が判明したり,反復性クループとされていた症例で,声門下血管腫がみつかるなどのこともあるため,通常の経過ではない症例では,他の呼吸器疾患の存在を積極的に疑うことも重要である.
  呼吸管理も従来の方式に加え,high flow nasal cannulaなどの新しい呼吸管理法が導入され,より幅広い選択が行えるようになってきている.小児用気管切開チューブも様々なタイプのものが登場し,児の状態にあわせた適切なチューブを選べるようになってきている.気管軟化症に対する外ステント術,喉頭軟化症に対するレーザー喉頭形成術など,有効率の高い外科的治療も確立してきている.
  また,呼吸管理を行ったまま在宅移行する在宅呼吸管理例も増加してきており,これらの重要性も増してきている.在宅呼吸管理を行う場合にも,家族への指導,緊急時の対応,病診連携など,多施設,多職種が協力し,患児,ご家族にとって,よりよい在宅呼吸管理を行える環境を作ることが重要である.
  今回の特集では,小児呼吸器疾患の児が,ファーストタッチから専門診療へスムーズな移行ができるよう,症状からみた鑑別の進め方,専門性の高い呼吸器疾患の解説,在宅呼吸管理の実際などについて,それぞれの分野の第一線で活躍する専門医に解説していただいた.本特集が呼吸器疾患をもつ児の予後改善に寄与することを期待する.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.82
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス最新号
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線−クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症−エキスパートによる最新情報−
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス−必要な知識・技術から
No.1 特集/子どもの外傷〜小児科医でもできること
2015年 Vol.78
No.11 特集/見てわかる小児の皮膚疾患
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
2013年 Vol.76
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査-オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査