HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:チャイルドヘルス

チャイルドヘルス

21世紀の子どもの保健と育児を支援する雑誌

子どもの保健と育児に関する話題・情報・研究を紹介し,やさしく解説.

子どものこころと身体を安全に育てるために,どうすればよいかを考える.

保育の現場ですぐに活かせる,日常生活に密着した内容.

偏見によらず,科学に裏づけされた内容.

2014年 Vol.17 No.4 2014-03-28

乳幼児期にみられる喘鳴のマネジメント

定価:本体1,200円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

Contents

Myオピニオン 「いじめ」をなくすために 氏家 武
TOPICS 広がる「スマホ子育て」に警鐘 内海裕美
特集 乳幼児期にみられる喘鳴のマネジメント
(企画,とびらの言葉/勝沼俊雄)
① 乳幼児期にみられる喘鳴性疾患の考え方 勝沼俊雄,赤司賢一
② 乳幼児喘鳴の疫学 吉田幸一,赤澤 晃
③ 乳幼児喘息の鑑別診断 吉原重美,福田啓伸
④ 気道感染と乳幼児期の喘鳴 足立雄一
⑤ 乳幼児喘息と長期管理
  ~ロイコトリエン受容体拮抗薬~ 亀田 誠
⑥ 乳幼児喘息と長期管理
  ~吸入ステロイド~ 勝沼俊雄,中村綾子
⑦ 乳幼児喘息と長期管理
  ~β2刺激薬~ 勝沼俊雄,中村浩章
⑧ 乳幼児喘息と長期管理
  ~アレルゲン特異的免疫療法~ 藤澤隆夫
⑨ クリニックにおける乳幼児喘息診療 岡田邦之
⑩ 集団生活における喘鳴の管理と指導 勝沼俊雄,渡辺雅子
海外文献の紹介 脳震盪はくり返すと症状持続時間が長くなる 榊原洋一
育児QアンドA お母さんから出たこんな質問(回答者/渋谷紀子,広瀬宏之)
育児考現学 0・1・2か月 巷野悟郎

連載
子どもの権利はいま 第2回
「いじめ~イングランドのいじめ対策と日本への示唆~」 平尾 潔
専門医が教える 子育てに活かせる
漢方のソフトパワー 第4回
「長引く咳と漢方」 崎山武志
災害と子どもの健康 第8回
「災害時の子どもの外科治療」 白子隆志
わが国の小児保健のあゆみ 第9回
「戦後50年で乳児死亡率を世界最低に
できた背景を考える⑤」 平山宗宏
男が変わる!?“イクメン・カジメン” 
第15回 最終回
「イクメンの過去・現在・未来」 渥美由喜
読んで!読んで!絵本の時間 第13回 
「オノマトペ」 内海裕美

●学会・催し物のお知らせ ●編集部に届いた本 ●寄稿のお願い
●FAXアンケートシート ●バックナンバー ●次号予告/編集後記

ページの先頭へ戻る

特集のねらい

 喘息をはじめ,アレルギー疾患は増加を続けています。
 乳幼児期には喘鳴(息苦しさをともなうヒューヒュー・ゼーゼーといった呼吸の音)を呈しやすく,全国調査では13%程度,地域によっては20%との報告もみられるくらいです。
 私は子どもの喘息・アレルギーを専門とする医者です。喘鳴を心配されて私の外来にみえる患者さんの多くは,すでにいくつかの診療機関を経てからいらっしゃいます。当然ながら,ご家族はみな不安を抱えていらっしゃいます。それらは,子どもの病,治療内容,そして将来に対する不安といえるでしょう。
「子どもはどうして喘鳴をくり返すのか? 喘息なのか,喘息ではないのか?」
「毎日,薬を与え続けて大丈夫なのか?」
「言われたとおりの薬を続けているのに,スッキリしないのはなぜか?」
「いつまでこの薬を続ければいいのか?」
「治るのだろうか? それとも一生『喘息』に苦しめられるのか?」
などの悩みと不安です。このような悩みや不安にお応えいたしたく,本特集を企画しました。
 以下,乳幼児の喘鳴マネジメントに関する本特集の概要をお示しします。
・乳幼児の喘鳴に対してどのように向き合うべきか?
・見落としてはいけない喘息以外の喘鳴疾患
・感染と喘鳴
・薬と治療の話
・クリニックと病院の連携,いわゆる病診連携について
 本特集は,喘鳴を呈する,あるいはくり返す子どもにかかわる方々の不安にお応えし,適正な対応をとっていただける内容になったと思います。子どもたちの健やかな成長に,本号が少しでもお役に立てるなら望外の喜びです。
 さあ,まずはページをめくってください。
(東京慈恵会医科大学附属第三病院小児科/勝沼俊雄)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.20
No.5 特集/感染対策の視点で考える乳幼児のウイルス感染症最新号
No.4 特集/子どもの事故(傷害)~実態を知って防止しよう~
No.3 特集/学校保健の新たなる課題への対応 Part Ⅰ~健康診断・健康相談~
No.2 特集/入園入学に備えて
No.1 特集/サプリメントについて考えてみよう!
2016年 Vol.19
No.12 特集/進化する感染症
No.11 特集/子どもの栄養の最新情報 ~第3次食育推進基本計画を踏まえ~
No.10 特集/アレルギー診療のこれまでとこれから
No.9 特集/問診からアプローチする
No.8 特集/夏のトラブル~予防と対策~
No.7 特集/夏のチャレンジ~夏休みの過ごし方 Part Ⅱ~
No.6 特集/子どもの味方・漢方処方箋
No.5 特集/発達障害Update
No.4 特集/国際化で身近になる感染症
No.3 特集/Happy保育園ライフを目指して~体調管理(耳、のど、目、口など)のポイント~
No.2 特集/社会的養護の子どもたち
No.1 特集/乳幼児健診で見つかる病気の見つけ方
2015年 Vol.18
No.12 特集/子どもの在宅医療
No.11 特集/夜尿症は治そう!
No.10 特集/子どものかぜ薬 何がホント?
No.9 特集/ここまで変わった!子どものアレルギー診療
No.8 特集/子どもの痛みに対応する
No.7 特集/妊娠期からの母親支援
No.6 特集/子どもの不器用
No.5 特集/子どもの病気のトリアージ
No.4 特集/子どもが「自分をつくる」とはどういうことか~関係性の視点からアイデンティティの形成を考える~
No.3 特集/子どもの外科をめぐる最近の話題
No.2 特集/いま問題となる子どもの感染症
No.1 特集/子どもの体型
2014年 Vol.17
No.12 特集/口から育つこころと身体~21世紀の小児歯科~
No.11 特集/タッチケア~その効果と実際~
No.10 特集/食物アレルギーにおける多職種連携
No.9 特集/現場の予防接種を考える
No.8 特集/保育・病児保育を取り巻く問題~本音に迫る~
No.7 特集/子どもと家庭をタバコの害から守る~日本各地における活動紹介~
No.6 特集/子どものけいれん
No.5 特集/特別支援教育のいま
No.4 特集/乳幼児期にみられる喘鳴のマネジメント
No.3 特集/医療者と教育者の協働~慢性疾患のある子どもたちのために~
No.2 特集/最近話題のプレパレーション
No.1 特集/子どもの成長と衣服