HOME > 書籍詳細

書籍詳細

内分泌性高血圧診療マニュアル診断と治療社 | 書籍詳細:内分泌性高血圧診療マニュアル

国立病院機構京都医療センター内分泌代謝高血圧研究部部長

成瀬 光栄(なるせ みつひで) 編集

東京医科歯科大学大学院分子内分泌内科学(内分泌・糖尿病・代謝内科)教授

平田 結喜緒(ひらた ゆきお) 編集

大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学教授

楽木 宏実(らくぎ ひろみ) 編集

初版 B5判 並製 200頁 2010年03月30日発行

ISBN9784787817648

正誤表はPDFファイルです.PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader® が必要です  
定価:本体5,200円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


「高血圧治療ガイドライン2009」に沿って、基礎編では内分泌性高血圧の原因となるホルモンや関連物質に関する基礎知識、臨床編では主要な疾患の所見、診断と治療がフローチャートを用いてわかりやすく解説されている。高血圧診療に携わるすべての医師の必携の書。

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

CONTENTS

推薦のことば   
 …………………………………荻原俊男 
「内分泌シリーズ」について   
 …………………………………成瀬光栄 
序文   
 …………………………………平田結喜緒
執筆者一覧

総論編
 1 内分泌性高血圧の概要   
 …………………………………成瀬光栄・他 
 2 高血圧治療ガイドラインと内分泌性高血圧   
 …………………………………神出 計・他 

基礎編
 1 成長ホルモン(GH)   
 …………………………………福田いずみ 
 2 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)   
 …………………………………沖 隆 
 3 バソプレシン(AVP)   
 …………………………………岩﨑泰正 
 4 甲状腺ホルモン   
 …………………………………成瀬光栄・他 
 5 副甲状腺ホルモン(PTH)   
 …………………………………堀内敏行 
 6 アルドステロン   
 …………………………………吉本貴宣・他 
 7 デオキシコルチコステロン(DOC)   
 …………………………………小島元子 
 8 コルチゾール   
 …………………………………鈴木佐和子・他 
 9 エストロゲン   
 …………………………………髙橋克敏 
 10 11β-水酸化ステロイド脱水素酵素(11β-HSD)   
 …………………………………武田仁勇 
 11 カテコールアミン   
 …………………………………竹越一博 
 12 レニン   
 …………………………………成瀬光栄・他 
 13 アンジオテンシン変換酵素(ACE)   
 …………………………………楽木宏実 
 14 アンジオテンシン   
 …………………………………楽木宏実 
 15 Na チャネル(ENaC)   
 …………………………………青井則子・他 
 16 エンドセリン(ET)   
 …………………………………杉山 徹・他 
 17 一酸化窒素(NO)   
 …………………………………杉山 徹・他 
 18 カリクレイン-キニン   
 …………………………………茂庭仁人・他 
 19 アドレノメデュリン(AM)   
 …………………………………北 俊弘・他 
 20 Na 利尿ペプチド   
 …………………………………向山政志 
 21 内因性ジギタリス様物質   
 …………………………………髙橋伯夫 
 22 ウロテンシン   
 …………………………………高橋和広 
 23 レプチン   
 …………………………………浦 信行・他 
 24 アディポネクチン   
 …………………………………服部良之・他 

臨床編
総 論
 1 低カリウムを伴う高血圧の鑑別診断   
 …………………………………神出 計・他 
 2 副腎腫瘍を伴う高血圧の鑑別診断   
 …………………………………谷 祐至・他 
 3 レニンプロフィールによる高血圧の鑑別診断   
 …………………………………三好賢一・他 

各 論
下垂体疾患
 1 先端巨大症   
 …………………………………加藤真子・他 
甲状腺疾患
 2 甲状腺機能亢進症   
 …………………………………田上哲也・他 
 3 甲状腺機能低下症   
 …………………………………田上哲也・他 
副甲状腺疾患
 4 原発性副甲状腺機能亢進症   
 …………………………………竹内靖博 
副腎疾患
 5 原発性アルドステロン症   
 …………………………………田辺晶代・他 
 6 クッシング症候群(下垂体性も含む)   
 …………………………………土井 賢・他 
 7 先天性副腎過形成   
 …………………………………柳瀬敏彦・他 
 8 DOC 産生腫瘍   
 …………………………………柴田洋孝 
 9 サブクリニカルクッシング症候群   
 …………………………………立木美香・他 
 10 褐色細胞腫   
 …………………………………方波見卓行・他 
腎疾患
 11 腎血管性高血圧   
 …………………………………神出 計・他 
 12 レニン産生腫瘍(傍糸球体細胞腫,腎外性レニン産生腫瘍)   
 …………………………………田辺晶代・他 
遺伝性高血圧
 13 Liddle 症候群   
 …………………………………安達政隆・他 
 14 AME 症候群   
 …………………………………宮森 勇 
 15 Gordon 症候群   
 …………………………………野村尚弘・他 
薬剤誘発性高血圧
 16 経口避妊薬   
 …………………………………上芝 元 
 17 偽アルドステロン症   
 …………………………………田村尚久・他 
 18 その他の薬剤誘発性高血圧   
 …………………………………林 晃一 
その他の高血圧
19 エンドセリン産生腫瘍   
 …………………………………河野雅和 
高血圧を伴わない電解質異常
20 Bartter 症候群,Gitelman 症候群   
 …………………………………井上紘輔・他 

付録 内分泌性高血圧に関する主要な機能検査と画像診断
1 カプトプリル試験   
 …………………………………立木美香・他 
2 フロセミド立位試験   
 …………………………………難波多挙・他 
3 生理食塩水負荷試験   
 …………………………………髙橋克敏・他 
4 デキサメタゾン抑制試験   
 …………………………………立木美香・他 
5 選択的副腎静脈サンプリング(ACTH 負荷)   
 …………………………………田辺晶代・他 
6 画像診断① CT, MRI   
 …………………………………桑鶴良平 
7 画像診断② 核医学検査   
 …………………………………日下部きよ子 

索引

ページの先頭へ戻る

序文

序 文

 本邦における高血圧患者は約 4,000 万人と推定され,高血圧は“common disease”ともいえる.しかし高血圧患者の大部分は原因不明の本態性高血圧で占められる.一方,原因が明らかな二次性高血圧は“治癒可能な”高血圧(“curable”hypertension)であることから,その診断と治療の重要性は広く認識されてきたが,その頻度が少ない(10% 前後)ことから,一般医家には馴染みの薄い印象がある.
 2009 年,日本高血圧学会から「高血圧治療ガイドライン」(JSH2009)が改訂され,二次性高血圧の診断・治療についても全面的に書き換えられた.二次性高血圧のうち,従来の腎実質性高血圧は最近では慢性腎臓病(CKD)として一般医家にも広く取り扱われている.今回の改訂版では,特に内分泌性高血圧の診断と治療のガイドラインがより明確に解説されている.なかでも内分泌性高血圧の大部分を占める副腎性高血圧は最近,内分泌検査や画像検査が普及したため,その頻度は増加している.したがって,内分泌性高血圧は決してまれなものではなく,生活習慣病やメタボリック症候群のなかに埋もれてしばしば見逃されている.一般医家にとっても日常診療で多数の高血圧患者を本態性高血圧として漫然と降圧治療を継続するのではなく,いかに内分泌性高血圧を発見していくかが重要である.そのためには,常に内分泌性高血圧を念頭において,ホルモン異常による特有の徴候を見逃さずに疑診を抱き,積極的にスクリーニングを行うことが大切である.
 本書は日常診療において内分泌性高血圧を疑う所見,検査法,診断や治療法について,「高血圧治療ガイドライン」(JSH2009)に沿った最新の情報をわかりやすく解説してある.内分泌性高血圧患者が一人でも多く的確な検査によって診断され,より早期に適切な治療を受けることによって高血圧が治癒あるいは改善し,心血管障害の発症・進展を予防することが最終目標である.本書が内分泌・高血圧専門医だけでなく,広く一般医家の診療マニュアルとして高血圧診療の現場で利用されることを期待したい.

東京医科歯科大学大学院
分子内分泌内科学(内分泌・糖尿病・代謝内科)教授
平田結喜緒