HOME > 書籍詳細

書籍詳細

心身症の診断と治療――心療内科新ガイドラインの読み方診断と治療社 | 書籍詳細:心身症の診断と治療――心療内科新ガイドラインの読み方

浜松医科大学医学部附属病院心療内科科長

永田 勝太郎(ながた かつたろう) 編集

初版 B5判 並製 392頁 2007年11月10日発行

ISBN9784787815637

正誤表はPDFファイルです.PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader® が必要です  
定価:本体6,800円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


非専門医,初学者,中堅医師を主対象に,心身症を広義に捉え, 診断・治療のガイドラインを基盤に全人的アプローチの方法論を展開.日常 の診療現場で疑問に感じていることや,もっと効率的かつ的確に診療を行え ないかなど,種々の卑近な問題点を洗い出し,エビデンスを重視しながらも, 個別性の医療の実践のためのノウハウを,エキスパートがわかりやすく噛み 砕いて詳述.専門医とっておきのスペシャルテクニック満載.各論はケース スタディ形式で展開し,末尾には当該疾患のポイントを箇条書きでまとめた ので,そこだけを読めばその疾患の概要が正確に把握できるようになってい る.60疾患を詳解.内科系・小児科医にも必携の書.

ページの先頭へ戻る

目次

序 文 永田勝太郎

執筆者一覧

A 総  論

A-1 Hippocrates医学とメディカルヒューマニティ
 ……………スパイロス・G・マルケートス/エフィ・
       ポウラコウ-レベラコウ
A-2 身体・心理・社会的健康――その原理と展望
 ………………………………………………ステイシー・B・デイ
A-3 心身医学の本質とその国際的動向
 …………………………………………………ロルフ・ヴェレス
A-4 心身症とは
 …………………………………………………………久保千春
A-5 身体表現性障害とは
 ………………………………………………六浦裕美/中井吉英
A-6 心身医学から全人的医療へ
 ………………………………………………………永田勝太郎
A-7 心身症とEBM / NBM
 ……………………………………………北 啓一朗/斎藤清二
A-8 心身医学療法とわが国の保険制度
 ………………………………………………石川俊男/山岡雅之
A-9 心身症とアレキシサイミア(失感情症)
 ……………………………………………アマレンドラ・N・シン
A-10 薬物療法と非薬物療法の統合のためのガイドライン
 ……………………………………………アマレンドラ・N・シン
A-11 心身症の心理療法
 ………………………………………………………荒木登茂子
A-12 心身症と自律訓練法
 …………………………………………………………坂入洋右
A-13 心身症と交流分析
 …………………………………………………………新里里春
A-14 心身症と実存分析(ロゴセラピー)
 …………………………………………………ハラルド・モリイ
A-15 心身症の漢方治療
 ………………………………………………………永田勝太郎
A-16 心身症と温泉療法
 …………………………………………………………植田理彦
A-17 心身症と神経ブロック
 ………………………………………………大島克郎/青山幸生
A-18 心身症と鍼
 …………………………………………………………中澤 弘
A-19 心身症と音楽療法
 …………………………………………店村眞知子/永田勝太郎
A-20 心身症治療とサルトジェネシス,SOC
 …………………………………………………カール・ベッカー
A-21 サルトジェネシスとリハビリテーション
 …………………………………………………………水島繁美
A-22 器質的疾患による心理的反応
A-22 ―― 冠動脈疾患とうつ
 …………………………………………ルイス・T・ヴァン・チル
A-23 心身症の看護 安田孝子 
A-24 専門医へのコンサルトのタイミング
 ………………………………………………瀧本禎之/赤林 朗
A-25 精神疾患との鑑別と精神科への紹介のタイミング
 ……………………………………………境 洋二郎/丹羽真一
A-26 地域医療と心身症
 ………………………………………………………猪俣賢一郎
A-27 池見酉次郎先生遺訓 ―― よき治療者となるために
 ………………………………………………………永田勝太郎

B 各  論

B-a  機能的疾患
B-a-1 過敏性腸症候群
 ………………………………………………………佐々木大輔
B-a-2 functional dyspepsia
 …………………………………富永和作/樋口和秀/荒川哲男
B-a-3 起立失調症候群
 …………………………………………………………藤田光江
B-a-4 起立性低血圧 ―― うつ病,うつ状態との関係
 ……………………………………………本多和雄/筒井末春
B-a-5 本態性低血圧と起立性低血圧(低血圧関連疾患)
 ………………………………………………………永田勝太郎
B-a-6 小心臓症候群 ―― 低血圧との関係
 …………………………………………………………本多和雄
B-a-7 本態性高血圧
 ………………………………………………河田 浩/稲光哲明
B-a-8 線維筋痛症
 …………………………………………………………村上正人
B-a-9 筋痛性脳症・慢性疲労症候群(ME / CFS)
 ……………………………………………喜山克彦/永田勝太郎
B-a-10 過換気症候群
 ………………………………………………平木英人/平木達朗
B-a-11 パニック障害
 …………………………………………………………山本晴義
B-a-12 神経性食欲不振症・過食症
 …………………………………………………………小牧 元
B-a-13 原発性(単純性)肥満症
 ………………………………………長谷川拓也/永田勝太郎
B-a-14 メタボリックシンドローム
 ………………………………………長谷川拓也/永田勝太郎
B-a-15 咽喉頭異常感症
 ………………………………榎戸芙佐子/松田博幸/山田淳二
B-a-16 内臓下垂症
 ……………………………………………廣門靖正/長谷川拓也
B-a-17 慢性疲労症候群
 …………………………………………………………稲光哲明
B-a-18 慢性疼痛
 ……………………………………………青山幸生/永田勝太郎
B-a-19 片 頭 痛
 …………………………………………………………間中信也
B-a-20 小児の片頭痛
 …………………………………………………………安島英裕
B-a-21 慢性腰痛
 ………………………………………………関口美穂/菊地臣一
B-a-22 顎関節症
 ………………………………………………三浦一恵/小林 馨
B-a-23 歯周病 ――人間と口腔の病気
 …………………………………………………………志村則夫
B-a-24 舌 痛 症
 …………………………………………………………別部智司
B-a-25 三叉神経痛
 ………………………………野田祐紀子/細井昌子/児玉謙次
B-a-26 非定型顔面痛
 ………………………………………………鈴木長明/真秀重成
B-a-27 口 臭 症
 …………………………………………………………牛山 崇
B-a-28 円形脱毛症
 …………………………………………長谷川拓也/永田勝太郎
B-a-29 アトピー性皮膚炎
 ………………………………………………………永田勝太郎
B-a-30 眼精疲労
 …………………………………………………………永田豊文
B-a-31 更年期障害
 ………………………………………………望月善子/稲葉憲之
B-a-32 月経前緊張症
 …………………………………………………………戸出健彦
B-a-33 妊娠・分娩とうつ
 …………………………………………………………堀口 文
B-a-34 女性特有の心身症(女性外来)
 …………………………………………………………大川玲子
B-a-35 不 明 熱
 …………………………………………………………岡 孝和
B-a-36 過重労働(過労死,過労自殺)
 …………………………………………………………永田頌史
B-a-37 テクノストレス
 …………………………………………………………大平哲也
B-a-38 VDT症候群
 …………………………………………………………高林克枝
B-a-39 不定愁訴症候群
 …………………………………………………………飯島克巳
B-a-40 小児の夜尿症
 ………………………………………………釜野聖子/釜野安昭
B-a-41 不 登 校
 …………………………………………………………橋口英俊
B-a-42 加虐児親の種々の障害
 …………………………………………………………前田基成
B-a-43 中高年のうつ
 ………………………………………………………永田勝太郎
B-a-44 睡眠障害
 ………………………………………………長井信篤/野添新一
B-a-45 性的障害
 ………………………………………………………佐々木昌一

B-b  器質的疾患
B-b-1 気管支喘息
 …………………………………………………………千葉太郎
B-b-2 糖 尿 病
 ………………………………………………原田敏郎/乾 明夫
B-b-3 Meniere病
 …………………………………………………………矢野 純
B-b-4 甲状腺機能亢進症
 ……………………………………………岡野 寛/永田勝太郎
B-b-5 甲状腺機能低下症
 …………………………………………長谷川拓也/永田勝太郎
B-b-6 関節リウマチ
 ………………………………………………芦原 睦/朝野泰成
B-b-7 Sjogren症候群
 …………………………………………………………矢部博樹
B-b-8 胃・十二指腸潰瘍
 …………………………………………………………伊藤 剛
B-b-9 潰瘍性大腸炎
 …………………………………………………………花井洋行
B-b-10 脳血管障害のリハビリテーション
 …………………………………………………………北村純一
B-b-11 交通事故と心身医学(外傷性頸部症候群)
 ……………………………………………喜山克彦/永田勝太郎
B-b-12 外科手術における心身医学的配慮
B-b-13 ―― 腸管癒着障害を通じて
 …………………………………………………………平野 忠

B-c  致死的疾患
B-c-1 緩和医療
 ………………………………………………………永田勝太郎
B-c-2 癌性疼痛
 …………………………………………………………佐藤英俊
B-c-3 致死的疾患とサルトジェネシス
B-c-3 ―― 呼吸不全の症例を通して
 …………………………………………………………橋爪 誠


索 引

Mini Lecture
精神疾患との鑑別
抗不安薬,抗うつ薬の処方
ロジカルシンキングとナラティブシンキング
心理療法の三本柱
心的エネルギー一定の法則
エゴグラムにおける五つの自我状態
脚本
Frankl,Viktor Emil
Franklの言葉
経絡
補法,瀉法,補瀉
カタルシス(catharsis)
うつ病患者,不安障害患者が呈するおもな身体症状
心身症とは
医療保護入院と措置入院
『発句経(ほっくぎょう)』
ストレスとの関連性
腸炎後IBS
Likertスケール
起立性低血圧を疑ったら
白衣高血圧(white coat hypertension)
仮面高血圧(masked hypertension),
 または逆白衣高血圧(reverse white coat hypertension)
Schellongの起立試験
ME / CFSとうつ病の鑑別
ME / CFSの漢方薬治療
操作的診断システム
メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)
肥満と向精神薬
メタボリックシンドロームが提唱されるまで
なぜ高LDLコレステロール血症が診断基準に取り上げられないのか
咽喉頭異常感症の鑑別診断
functional dyspepsia(Rome III)
補中益気湯
慢性疲労症候群(CFS)の薬物療法
パソジェネシス(病因追究論)とサルトジェネシス(健康創成論)
pain prone personality(PPP)(“痛がりやさん”)
治療的自我
実存分析療法(ロゴセラピー)
三叉神経血管説(trigemino-vascular theory)
拡延性抑制(spreading depression)
片頭痛 偏頭痛
片頭痛は片側性
画像所見での脊椎障害
顎関節症診断のための必要条件
ブラキシズム(bruxism)
身体側面の治療継続の動機づけ――リラクセーションの提案
多発性硬化症
ラポール
漸進的筋弛緩法(progressive muscle relaxation)
抜毛癖(トリコチロマニア)
円形脱毛症と抜毛癖との鑑別
髪は血液の余り
アトピー性皮膚炎と血行動態の異常
アトピー性皮膚炎の漢方治療
遠視と近視の過矯正
ホットフラッシュ
更年期障害に対する代替医療
月経前不快気分障害(PMDD)の診断(要約)
産後うつ病の臨床的関連因子
産後うつ病のリスク因子
向精神薬服用と母乳保育
母子ユニット(mother baby unit)
性的虐待(sexual violence)
ワギニスムス
感染による発熱反応とストレス性体温上昇反応の違い
変温動物もストレス下では体温を上げようとする
インターネット依存症
児童虐待の種類
アダルトチルドレン
うつ病とZung自己評価抑うつ尺度
 (self-rating depression scale;SDS)
うつ病の漢方治療
荷下ろしうつ病
睡眠時無呼吸症候群
心因性EDと器質性EDの原因
喘息の心理社会的因子の種類
絶食療法
Meniere病とMeniere症候群
聴力検査図(オージオグラム)の読み方
nonthyroidal illness syndrome
 (低トリヨードサイロニン症候群)
甲状腺疾患と精神疾患
抗SS-A / Ro抗体
抗SS-B / La抗体
高粘稠度症候群(過粘稠度症候群)(hyperviscosity syndrome)
急性胃粘膜病変
ヘリコバクター・ピロリ菌
Hans Selye
難治性潰瘍性大腸炎の定義
良好な医師-患者関係は治療を成功させる大前提
外傷性頸部症候群の処方の基本
チーム医療
オピオイドローテーション
リソース(resource),資源
コヒアレンス感(sense of coherence;SOC)

One Point Advice
ストレスへの対処法の観察1
ストレスへの対処法の観察2
自律訓練法における副作用的反応
事前説明の重要性
プライマリケアでよくみられる心理的問題
DSM-IV-TRの多軸評定における心身症
思春期学童の不定愁訴
遅刻して登校可能か
高血圧緊急症の対処
過換気誘発試験
紙袋再呼吸法
神経性食欲不振症(AN)治療者としての資質
片頭痛の誤診
頭痛大学
VAS(visual analogue scale)
プラシーボ効果
三叉神経痛の鑑別診断
三叉神経痛の薬物療法
非定型顔面痛と精神心理的要因
非定型顔面痛の診断
口臭の原因である器質的疾患の検索
口臭の治療と認知の修正
口臭症患者の専門医への紹介
ストレスと気づき
相談しやすい外来環境
時間外労働時間
視覚労働社会
テクノストレス症候群
トイレトレーニング
夜尿症とアロママッサージ効果
夜尿症患児と兄弟関係
機能性EDか器質性EDか
糖尿病の心理社会的問題へのアプローチ
problem areas in diabetes survey(PAID)
自律神経機能の評価
かかりつけ医が甲状腺機能亢進症を見落とした
 身体因性偽神経症症例
うつ状態を合併した関節リウマチに留意する
薬剤による腸炎
緩和医療における医療職の基本的な心構え
オピオイド換算のポイント

ページの先頭へ戻る

序文

序  文


 わが国の心身医学の発展は多くの先達の功績に負っている.なか
でも池見酉次郎 九州大学教授の功績は大きい.先生は生涯を心身
医学の研究と発展に費やした.本書の著者の多くが直接・間接にそ
の薫陶を受けている.編者もその一人である.
 池見酉次郎先生の
心身医学的治療の根幹は,カウンセリング,自律訓練法,交流分析
であった.しかし,晩年,先生は全人的な患者理解のうえに,西洋
的アプローチと東洋的アプローチの統合の必要性を説き,そのイン
ターフェースに心身医学の導入が必須であることを強調した(この
発見により“Hans Selye賞”を受賞).この視点は炯眼である.先
生はこうした視点こそが医療をより完全なものにすると考え,心身
医学は“全人的医療”へと脱皮すべきだともいわれた.
 医療をよ
り完全なものにするために,様々な方法論を統合していこうという
考え方はわが国には古くからあった.つとにわが国にはじめて実験
生理学を広めた橋田邦彦(1882〜1945)は戦前,現代医学と東洋医
学,さらに心理学の統合を訴え,それを“全機的医療”といった.

 池見酉次郎先生の没後,統合医療や相補代替医療という考え方が
急速に,国際的に台頭してきた.しかし,その基本となる視座は池
見酉次郎先生の指摘したとおりである.

 今日,全人的医療という言葉は普遍的にすらなってきた.しかし
,その実践はいまだ試行錯誤,錯誤修正のなかにある.医療の目的
は全人的医療であり,統合医療はその手段である.われわれは現代
医学的パソジェネシス(病因追究論)を基盤にしながら,サルトジ
ェネシス(健康創成論)的伝統的東洋医学,心身医学,相補代替医
療などを導入し,患者の自律性からなるセルフコントロールに導入
するのが全人的医療であると考えている.
 本書では広義に心身症
を捉え,その診断・治療に関するガイドラインを基盤にしながら,
全人的なアプローチの方法を模索するものである.
 本書の特徴は
,エビデンスを重視しながらも,個別性の医療の実践のための方法
を模索するところにある.

 本書はわが国の心身医学領域の多くの先達のご協力・ご執筆によ
り上梓することができた.さらに,海外から国際的な医療界のリー
ダー的先達の貴重な原稿も多くいただくことができた.ここに感謝
の意を表したい.
 われわれの役割は,多くの先達の業績に敬意を
払い,それらを整理・統合し,さらに進展させ,後輩に伝えていく
ところにある.本書はその役割を果たすのにふさわしいと自負して
いる.
 本書の上梓に際して,診断と治療社編集部 部長の小岡明
裕氏には細部にわたり,お世話になった.感謝の意を表したい.

 本書が若き医学徒,学生,研修医,実地医家の臨床に役に立てば
編者にとって望外の喜びである.



2007年初秋
編者 永田勝太郎


[編集者プロフィール]
永田勝太郎(ながた かつたろう)
1948年
,千葉県生まれ
医師・医学博士

慶應義塾大学経済学部中退後,福島
県立医科大学卒業.千葉大学,東邦大学を経て,浜松医科大学医学
部附属病院心療内科科長,保健管理センター講師
WHO(世界保健機
関)心身医学・精神薬理学教授

日本実存療法学会理事長,日本心身
医学会研修指導医評議員,麻酔科標榜医,
日本東洋医学会指導医,
日本内科学会認定内科医,日本プライマリ・ケア学会指導医,日本
温泉気候物理医学会温泉療法医,日本慢性疼痛学会理事,
International Association of Logotherapy Based Biopsychosocial
Medicine理事長ほか

「ヒポクラテス賞」,「アルバート・シュバイツ
アー・グランド・ゴールドメダル」,
「ビクトール・フランクル賞」
など受賞

主著書(編集も含む)
『新しい医療とは何か』(NHKブック
ス,日本放送出版協会),『〈死にざま〉の医学』(NHKブックス,
日本放送出版協会),『実存カウンセリング』(駿河台出版社),
『見えない病気「低血圧」』(佐久書房),『コエンザイムQ10の魅
力―神様の贈り物』(佐久書房),『臨床のためのカウンセリング
心理学』(佐久書房),『漢方薬の手引き』(小学館),『心身症
の診断と治療―心療内科 新ガイドラインの読み方』(診断と治療
社,本書),“Comprehensive Medicine-Biopsychosocial Medicine,
Oriental and Occidental Overview”(International Foundation
of Biosocial Development and Human Health, New York),など