HOME > 書籍詳細

書籍詳細

小児の皮膚トラブルFAQ診断と治療社 | 書籍詳細:小児の皮膚トラブルFAQ

大阪府済生会中央病院小児科/免疫・アレルギーセンター部長

末廣 豊(すえひろ ゆたか) 編集

京都大学大学院医学研究科皮膚科学教授

宮地 良樹(みやち よしき) 編集

初版 A5判 並製 338頁 2008年12月12日発行

ISBN9784787816351

正誤表はPDFファイルです.PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader® が必要です  
定価:本体5,800円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


日常診療で頻繁に遭遇するにもかかわらず対処に苦慮する88の疑問を抽出し,それらに対し,全小児科医と若手皮膚科医を対象に,当該領域のスペシャリストが痒いところに手が届くようクリアカットに,臨床に直結した形で詳述した.小児科と皮膚科の稀有なコラボレーションが達成された画期的ノウハウ本.さらに,Mini Lectureとして21の皮膚疾患も詳述.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

Contents

序  文
 ………………………………………末廣 豊/宮地良樹 
執筆者一覧


第 1 章 総  論
 1 こどもの皮膚は大人とどこが違う?
 ………………………………………高橋健造  
 2 こどもに多い皮膚病は?
 ………………………………………馬場直子  
 3 小児はドライスキンなの?
 ………………………………………小林美和  
 4 どんなおむつが皮膚に優しいの?
 ………………………………………松村由美 
   小児科医からひとこと
 ………………………………………末廣 豊 
 5 小児のステロイド外用で留意すべきことは?
 ………………………………………五十嵐敦之 
 6 ステロイドは塗りたくないのですが……?
 ………………………………………亀崎佐織 
   皮膚科医からひとこと
 ………………………………………宮地良樹 
 7 タクロリムスを塗るとピリピリするのですが……?
 ………………………………………永倉俊和 
 8 小児での抗アレルギー薬の使い方は?
 ………………………………………藤澤隆夫 
 9 小児での抗真菌薬の使い方(内服,外用)は?
 ………………………………………望月 隆 
10 小児の薬用量(内服)は?
 ………………………………………住本真一 

第 2 章 スキンケア
11 小児は日光浴をしたほうがよいの?
 ………………………………………上出良一 
   小児科医からひとこと
 ………………………………………依藤 亨 
12 小児の皮膚にはどんな洗浄剤を使ったらよいの?
 ………………………………………矢上晶子/松永佳世子 
13 小児にも保湿剤(ドライスキンケア)が必要なの?
 ………………………………………小林美和 
14 小児の入浴・シャワーで留意することは?
 ………………………………………望月博之 
   皮膚科医からひとこと
 ………………………………………塩原哲夫 
15 プールに入ってもよいですか?
 ………………………………………大矢幸弘 
16 発疹はないのにすごくかゆがるけれど,どうしたらよいですか?
 ………………………………………末廣 豊 

第 3 章 皮膚疾患
17 新生児にみられる皮膚病で知っておくべきものは?
 ………………………………………川上理子 
18 乳児脂漏性皮膚炎の治療とケアは?
 ………………………………………横関博雄 
19-a おむつ皮膚炎と乳児寄生菌性紅斑はどう区別する?
   ―真菌症を専門とする立場から
 ………………………………………田邉 洋 
19-b おむつ皮膚炎と乳児寄生菌性紅斑はどう区別する?
   ―接触皮膚炎を専門とする立場から
 ………………………………………関東裕美 
20 小児に多い接触皮膚炎の原因は?
 ………………………………………関東裕美 
21 おチンチンをよくかゆがるのですがが,どうしたらよいですか?
 ………………………………………橋爪秀夫 
22 乳児湿疹とアトピー性皮膚炎はどうやって鑑別するの?
 ………………………………………片山一朗 
23 小児アトピー性皮膚炎の予後は?
 ………………………………………小田嶋 博 
24 アトピー性皮膚炎の疫学は?
 ………………………………………河野陽一 
25 アトピー性皮膚炎は遺伝しますか?
 ………………………………………加藤則人 
26 小児アトピー性皮膚炎にステロイドはどれくらい塗るか?
 ………………………………………中村晃一郎 
27 アトピー性皮膚炎と喘息はどのくらい関係するの?
 ………………………………………赤澤 晃 
28 アレルギーマーチって何?
 ………………………………………下条直樹 
   皮膚科医からひとこと
 ………………………………………戸倉新樹 
29 食物アレルギーの皮膚症状と診断は?
 ………………………………………鈴木聖子/宇理須厚雄 
30 アトピー性皮膚炎に食物アレルギーはどの程度関与しているの?
 ………………………………………海老澤元宏 
   皮膚科医からひとこと
 ………………………………………古江増隆 
31 食物制限の功罪は?
 ………………………………………有田昌彦 
32 汗疱といわれたのですが?
 ………………………………………足立厚子 
33 小児の蕁麻疹をみたらどうする?
 ………………………………………森田栄伸 
34 小児に紫斑をみたらどうする?
 ………………………………………秋山祐一 
35 結節性痒疹とはどんな病気?
 ………………………………………沢田泰之 
36 赤あざを見たら
 ………………………………………倉持 朗 
37 青あざを見つけたら?
 ………………………………………渡辺晋一 
38 茶あざを見つけたら?
 ………………………………………渡辺晋一 
39 小児の軽いやけどはどうする?
 ………………………………………立花隆夫 
40 小児の口腔内病変の診方は?
 ………………………………………大和謙二 
41 麻疹と風疹を診断するには?
 ………………………………………松原和代 
42 水痘の診断法は?
 ………………………………………庵原俊昭 
43 麻疹,水痘の予防の仕方(本人,親,兄弟など)はありますか?
 ………………………………………浅野喜造 
44 小児のヘルペス初感染にはどう対処する?
 ………………………………………庵原俊昭 
45 小児の Kaposi 水痘様発疹症にはどう対処する?
 ………………………………………浅野喜造 
46 予防接種のあと発疹が出たときの対処法は?
 ………………………………………岡田賢司 
47 突発性発疹の診断は?
 ………………………………………脇口 宏 
48 伝染性紅斑の診断と対応は?
 ………………………………………楠原浩一 
49 手足口病の診断は?
 ………………………………………藤田彩乃/吉川哲史 
50 川崎病を皮膚病変で見つける極意は?
 ………………………………………古川 漸 
51 小児の溶連菌感染症の皮膚病変はどんなもの?
 ………………………………………尾内一信 
52 学校伝染病と登校停止期間は?
 ………………………………………五十嵐隆夫 
53 とびひの治療は?
 ………………………………………多田讓治 
54 水いぼはとるべきか?
 ………………………………………宮地良樹 
   小児科医からひとこと
 ………………………………………末廣 豊 
55 小児の疣贅の特徴は?
 ………………………………………江川清文 
56 小児の真菌感染を見逃さない極意は?
 ………………………………………加藤卓朗 
57 小児のスポロトリコーシスの特徴は?
 ………………………………………安部正敏 
58 虫刺されがいつもひどくなるのですが……?
 ………………………………………鈴木大介 
59 異常な日焼けから光線過敏症を見つけるには?
 ………………………………………森脇真一 
60 小児の疥癬の特徴は?
 ………………………………………和田康夫 
61 アタマジラミの診断は?
 ………………………………………夏秋 優 
62 小児膠原病の特徴は?
 ………………………………………武井修治 
63 今でも“しもやけ”はあるの?
 ………………………………………妹尾明美 
64 小児で水疱を繰り返すときの対処法は?
 ………………………………………澤村大輔 
65 小児に角質肥厚や落屑をみたら?
 ………………………………………山本明美 
66 魚鱗癬をみたら?
 ………………………………………米田耕造/窪田泰夫 
67 毛孔性苔癬は治せるの?
 ………………………………………三橋善比古 
68 線状苔癬とはどんな病気?
 ………………………………………安部正敏 
69 肥満細胞症とは何?
 ………………………………………神戸直智 
70 小児の代謝異常症(ポルフィリア,亜鉛欠乏症など)
   の皮膚表現とは?
 ………………………………………中野 創 
71 小児に膿疱をみたら?
 ………………………………………照井 正 
72 小児に多い皮膚良性腫瘍にはどのようなものがある?
 ………………………………………是枝 哲 
73 小児の皮膚悪性腫瘍の対処法は?
 ………………………………………田村敦志 
74 神経線維腫症の初期診断は?
 ………………………………………太田有史 
75 母斑症に気づくコツは?
 ………………………………………古村南夫 
76 ほくろが多いときの対処法は?
 ………………………………………斎田俊明 
77 小児の爪の黒色病変をみたら?
 ………………………………………田中 勝 
78 こどもの●疽をみたら?
 ………………………………………多田讓治 
79 小児でも陥入爪になる?
 ………………………………………河合修三 
80 指しゃぶりがきつくて皮膚がふやけている(爪が変形している)が,
   何かよい対処法は?
 ………………………………………村上佳津美 
81 爪を噛む癖があるが何かよい対処法は?
 ………………………………………赤坂 徹 
82 こども虐待を疑うとき?
 ………………………………………山崎嘉久 
83 多汗のトラブルは?
 ………………………………………嵯峨賢次 
84 小児の脱毛症をみたら?
 ………………………………………中村元信 
85 小児のにきび治療は?
 ………………………………………黒川一郎 
86 小児にも重症薬疹はある?
 ………………………………………蒲原 毅 
87 小児の白斑をみたら?
 ………………………………………谷岡未樹 
88 遺伝性皮膚疾患の遺伝相談は?
 ………………………………………柳 輝希/清水 宏 

Mini Lecture―知っておくべき小児皮膚病
 1 小児丘疹性肢端皮膚炎
 ………………………………………日野治子  
 2 小児ストロフルス
 ………………………………………中村晃一郎 
 3 小児肢端膿疱症
 ………………………………………照井 正 
 4 小児腹壁脂肪萎縮症
 ………………………………………立花隆夫
 5 小児殿部肉芽腫
 ………………………………………松村由美 
 6 若年性黄色肉芽腫
 ………………………………………松村由美 
 7 乳児多発性汗腺膿瘍
 ………………………………………大野貴司 
 8 全身型若年性特発性関節炎
 ………………………………………宮前多佳子 
 9 新生児エリテマトーデス
 ………………………………………村田卓士 
10 痕跡的多趾症
 ………………………………………石河利広/鈴木茂彦 
11 結節性紅斑
 ………………………………………南部光彦 
12 新生児皮下脂肪壊死症
 ………………………………………池田光徳 
13 肛囲連鎖球菌性皮膚炎
 ………………………………………日野治子 
14 フェニルケトン尿症
 ………………………………………菊池 清 
15 新生児●瘡
 ………………………………………黒川一郎 
16 自己炎症性症候群
 ………………………………………西小森隆太/神戸直智 
17 Langerhans 組織球腫
 ………………………………………平家俊男 
18 脱色素性母斑
 ………………………………………谷岡未樹 
19 ガーゴイル顔貌
 ………………………………………依藤 亨 
20 先天性免疫不全症候群
 ………………………………………八角高裕 
21 先天性血管拡張性大理石様皮斑
 ………………………………………倉持 朗 

索  引
 和文索引
 欧文索引

ページの先頭へ戻る

序文

序  文
 編者の二人は医学部の同級生である.卒業後,一人は小児科へ進み,もう一人は皮膚科を専攻し,全く異なる領域で仕事をしてきた.しかし,奇しくも二人はアレルギーを専門分野の一つに選択しており,アレルギー学会などでしばしば再会し,旧交を温める機会が多くなった.その頃,アレルギー学会ではアトピー性皮膚炎の病態と治療,とりわけ食物アレルギーと食事制限をめぐって小児科と皮膚科のディベートが最もホットな時期であった.小児科と皮膚科という出自の違いから,当初二人の議論はかみ合わなかったが,そこは苦楽をともにした同級生なので,やがて相互理解が進むようになった.むしろ小児科と皮膚科という臓器を超えた共通のアレルギー基盤が両者の齟齬を補完するようにさえなり,食物アレルギーやスキンケアについてコンセンサスが得られるようになった.
 そうなると,お互いの診療上の疑問や論点を気軽にメールで訊くようになり,第一線の基幹病院と大学病院という立場を超えて,二人の間では共通の“小児皮膚科学”が成立した感があった.そこで,今回,二人の経験を生かして,小児皮膚科の医療現場から発せられる多彩な疑問に,小児科と皮膚科の立場から相互に答える書物を二人で編纂してみようということになり誕生したのが本書である.日常診療では患児をどのように診療してよいのか,また両親にどのように説明し,指導すればよいのか,苦慮しているのが現状であろう.一方,これらの卑近な疑問に応える手頃でかつ要点を的確に示した書籍があまりないため,日々の診療に悩んでおられる小児科医,皮膚科医が大変多いことは講演会などで身に沁みて感じている.このような実地医家が抱えている諸問題,判然とせず悩んでおられる事項を洗い出し,専門医の立場からクリアカットな解決策を提示できれば,当該分野の診療に大いに役立つであろう.本書では,同級生で気心の知れた皮膚科医と小児科医が忌憚のない意見を出し合って企画を進め,双方の臨床経験と可能な限りのエビデンスを駆使して,それぞれの領域の専門医の意見を仰ぐことで小児の皮膚トラブルを解決することを目指した.
 一読して,それぞれの卓見に感銘を受けるのは編者のみではあるまい.小児科医としては,わずか数ミリメートルの厚みにかける皮膚科医の思いの深さを,皮膚科医としては,小児は単に成人を小さくしたものではないという事実を痛感されるに違いない.それぞれの専門領域の豊富な経験や知識とスキルを背景に書かれた節度ある珠玉の解説は必ずや明日からの実地診療に大いに役立つはずである.多くの小児科・皮膚科医諸氏にその感動を実感していただければ編者として望外の幸せである.


2008 年晩秋
末廣 豊/宮地良樹