HOME > 書籍詳細

書籍詳細

臨床医のための呼吸器・消化管ウイルス感染症診断と治療社 | 書籍詳細:臨床医のための呼吸器・消化管ウイルス感染症

札幌医科大学医学部小児科学講座 教授

堤 裕幸 (つつみ ひろゆき) 編集

川崎医科大学小児科学講座 教授

中野 貴司 (なかの たかし) 編集

川崎医科大学小児科学講座 教授

寺田 喜平(てらだ きへい) 編集

初版 B5判 並製 144頁 2014年08月28日発行

ISBN9784787821133

定価:本体4,500円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


近年新たに発見されたものを含め、呼吸器・消化管疾患に関連したウイルスに特化して収載。PCR法や迅速抗原検査法などの進歩により得られた疫学や病態の新たな知見を踏まえ,ウイルスの概要や診断方法,臨床像,治療や予防法などをケーススタディとともに詳解.
小児科・内科の臨床医,さらには将来感染症専門医を目指す医師にとって,進歩の著しい呼吸器・消化管ウイルス感染症の理解を深めることができ,普段の診療に役立てることができる一冊となっている.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

序文 寺田喜平
執筆者一覧

第1章 呼吸器ウイルス
呼吸器ウイルス総論 寺田喜平
ヒトメタニューモウイルス 菊田英明
Case Study 菊田英明
ヒトパレコウイルス 相澤悠太,齋藤昭彦
Case Study 相澤悠太,齋藤昭彦
ヒトボカウイルス 石黒信久,遠藤(五味)理香,及川純子
Case Study 石黒信久,遠藤(五味)理香,及川純子
RSウイルス 堤 裕幸,要藤裕孝
Case Study 堤 裕幸,要藤裕孝
C型インフルエンザ 松㟢葉子
Case Study1 板垣 勉
Case Study2 松㟢葉子
パラインフルエンザ 水田克巳
Case Study1 板垣 勉
Case Study2 板垣 勉
ライノウイルス(エンテロウイルス68型) 今村忠嗣,藤 直子,押谷 仁
アデノウイルス 藤本嗣人,花岡 希,小林正明
Case Study1 小林正明
Case Study2 小林正明
コロナウイルス 川名明彦

第2章 消化管ウイルス
消化管ウイルス総論 中野貴司
ロタウイルス 津川 毅
Case Study 津川 毅
ノロウイルス 田中智之
腸管アデノウイルス 小林正明,牛島廣治
Case Study 小林正明
サポウイルス 小林慎一
Case Study1 小林慎一
Case Study2 小林慎一
アイチウイルス 山下照夫
Case Study 山下照夫
エンテロウイルス ―ポリオウイルスおよび非ポリオエンテロウイルス― 清水博之
Case Study 中野貴司

第3章 予防ワクチンと受動免疫
RSウイルス 堤 裕幸,要藤裕孝
ロタウイルス 中込 治,中込とよ子
ノロウイルス ―VLPsワクチン(2価ワクチンを含めて)― 田中智之

索引

ページの先頭へ戻る

序文

序 文

 2013年に第54回日本臨床ウイルス学会を倉敷市で開催いたしました.そのなかで「新しいウイルスの発見とその臨床像」として,日本人が新しく発見した,あるいは臨床像を明らかにしたウイルスを取り上げて,シンポジウムを開きました.診断と治療社の堀江康弘氏が聞きに来られており,「こんなに進歩しているのにこの分野をまとめたウイルス関連書籍がない.これらをまとめて出版したらどうか」との提案を受けました.確かに最近,消化管や呼吸器関連の新しいウイルスが多く発見され,わが国の多くの研究者も関与しています.またマルチプレックスPCR法による新しい展開,迅速抗原検査法などの進歩によって外来でも簡単に診断ができるようになっています.さらにわが国でもシナジス®による予防やロタウイルスワクチンが使用できるようになり,これらの患者数や重症化の減少を実感しています.そして,これらの展開から疫学や病態についても新しい知見が得られるようになっています.しかしながら,堀江氏がいわれるように,これらをまとめたウイルス関連の本はなく,雑誌の特集でもこれらを全体的に取り上げたものはなく,ほとんど断片的でうまくまとめきれていません.学会シンポジストのような専門家を中心に執筆をお願いすれば,この本が一冊あれば事足りるようなものを作ることができるのではないかと思いました.そうできれば,多くの小児科や内科の臨床医,感染症専門医を目指す医師や研修医のお役に立てるのでないかと思いを馳せました.しかし,私だけでは力不足ですので,札幌医科大学の堤 裕幸教授と,同門の中野貴司教授に編集をお手伝いいただき,この本ができ上がりました.感染症に興味のある先生方にきっと満足していただけるものと信じていますが,まだまだ至らないところがあるかと思います.皆様方からのご指導とご鞭撻をいただければ幸いです.
 最後に,大変ご多忙中に執筆くださいました先生方,編集に参加くださった堤教授と中野教授,またきっかけをいただきました診断と治療社の堀江康弘氏,お世話になった土橋幸代さんと八木澤学氏に感謝申し上げます.ありがとうございました.

2014年7月吉日

川崎医科大学小児科学講座
寺田喜平