HOME > 書籍詳細

書籍詳細

現場でチラ見 産婦人科エコー診断と治療社 | 書籍詳細:現場でチラ見 産婦人科エコー

国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 産科,教育研修部

谷垣 伸治(たにがき しんじ) 著

初版 B6変形判 並製 112頁 2015年03月30日発行

ISBN9784787821638

定価:本体2,800円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


研修医や産婦人科エコーの初心者が鑑別アルゴリズム,胎児形態異常スクリーニングチェックシートを活用し,短期間で鑑別診断を含めた産婦人科エコーの理解ができるコンパクトな実践書.白衣のポケットに入れられる大きさながら,エコー写真を多数掲載し,現場ですぐに役立つ判読のポイントを簡潔に解説した.カバーを外すと患者さんの前でも使いやすい表紙デザイン.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

1章 超音波検査の基礎知識
超音波装置の特徴と使い方

2章 婦人科における超音波検査の実際
A〔総論〕
 1 骨盤内臓器(子宮・卵巣)
 2 卵胞発育と排卵,月経周期による子宮内膜の変化
B〔異常編〕
 1 子宮筋腫・子宮内膜ポリープ
 2 子宮内膜症・子宮腺筋症
 3 卵巣腫瘍
 4 子宮体癌(子宮内膜癌)
 5 子宮奇形
C〔緊急を要する所見・徴候〕
 産婦人科1・2次救急診断アルゴリズム
 1 異所性妊娠
 2 卵巣腫瘍茎捻転・破裂
 3 骨盤内炎症性疾患(PID)
 4 卵巣出血・出血性黄体嚢胞

3章 産科における超音波診断の実際
A〔総論〕
 1 妊娠初期
 2 多胎妊娠
 3 NT(nuchal translucency)
 4 胎児計測
 5 FGR(胎児発育不全)
 6 胎児形態異常スクリーニング
B〔スクリーニングと異常〕
 1 頭部   1 円形,突出する病変なし
       2 midlineが連続している
       3 側脳室・CM(大槽)<10mm
 2 顔面    唇裂がない
 3 胸部    心臓以外の低エコーなし
 4 心臓   1 胃と同側に心臓がある
     ─位置,軸,大きさのバランス
       2 3 vessel view─3 vessel trachea view
 5 腹部 1 胃と膀胱以外の嚢胞像なし
       2 AC>-2SD
 6 四肢 FL>-2SD
 7 脊椎 突出する病変なし─側彎なし
 8 胎児付属物(羊水,臍帯)
       1 2cm<MVP<8cm
       2 臍帯動脈は2本
 9 胎盤   1 厚さの異常─胎盤早期剥離
       2 位置の異常─前置胎盤,前置血管
 10 子宮頸管
C〔胎児well-beingの評価〕
 1 胎児血流計測
 2 BPS(biophysical profile scoring)
 3 分娩時

巻末資料
 ・ 胎児形態異常スクリーニングチェックシート
 ・ 超音波所見と疑われる疾患 スクリーニング項目対比表
 ・ 心臓の超音波スクリーニングに適した設定条件
 ・ 本書で使用される略語一覧
 ・ 子宮奇形の分類(米国不妊学会)

索引

ページの先頭へ戻る

序文

「産婦人科を楽しんでいますか?
  お客さんになっていませんか?」
 産婦人科ローテ中のみなさんがお客さんになる原因に,産婦人科研修が短期間であること,日常診療が内診や胎児スクリーニング等,教育に時間を要するものが基本であることがあげられる.内診は,かつて“指先に目がついている”と称されたが,今日では超音波プローブの先に目がついている.いや超音波検査が目そのものであると言ってよい.もはや超音波検査がわからなければ,何も見ていないのに等しくなってしまった.それにもかかわらず,短期間の研修だから,どうせ産婦人科医になるのではないのだからと,学ぶ側,教える側とも諦めてはいないだろうか.
 本書は,学ぶ側が産婦人科超音波検査をわかるだけでなく,教える側の負担軽減も狙っている.長年教育を担当してきた自分にとり,悲願の一冊である.本書では,従来のアトラスではなく,より実用性を高めるためアルゴリズムを随所に組み入れた.ビギナーがステップを踏んで診断でき,かつ短期間で鑑別診断を含めた理解ができるようになることを目標とした故である.この本を手に取りながら,超音波検査ひいては産婦人科を楽しんで欲しい.そして,研修医のみなさんであれば産婦人科に興味を持ち,我々の仲間になってくれることを期待する.
 また研修医だけでなく,産婦人科エコーの初心者,臨床検査技師のみなさんにもぜひ手に取っていただき,“現場でチラ見”しながら産婦人科超音波をマスターしてほしい.
 最後に,追い込まれないと力が発揮できない自分を導いてくださった,診断と治療社 川口晃太朗さん,道西絵美さん,若手の貴重な意見を下さった国立成育医療研究センター 林田愛唯医師,後藤由紀技師に深甚の謝辞を捧げます.
2015年3月
国立成育医療研究センター病院
周産期・母性診療センター 産科,教育研修部
谷垣 伸治