HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2019年 Vol.107 No.10 2019-10-04

高齢終末期に向かう医療

定価:本体2,600円+税

冊 

今後の特集(予定)

Vol.107 No.12 特集/新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい 鈴木則宏

◆総論
超高齢社会と終末期医療  高林克日己
終末期医療(人生の最終段階の医療)とは  木澤義之
終末期における医療の提供体制  濃沼信夫
終末期医療をめぐるわが国の動向  木村 厚
諸外国の高齢者終末期医療  宮本礼子,他
終末期医療end-of-life careと臨床倫理  箕岡真子
終末期医療の医療的側面  垣添忠生

◆終末期医療の現場
介護老人保健施設における看取りの現状と課題,病院との連携  折茂賢一郎
在宅での看取りの現状と課題,病院との連携:看取りにかかわる人材育成の可能性  小澤竹俊
緩和ケア病棟の現状と将来  宮森 正
療養病床での終末期医療の現状と課題  二宮里美,他
救急・集中治療における終末期  横田裕行

◆疾患による終末期医療の様々
疾患別の終末期医療の必要性  松本衣里
悪性腫瘍の終末期医療  橋口さおり
神経難病患者の終末期医療  荻野美恵子
心不全の終末期医療  筒井裕之

◆終末期医療に必要な周辺医療
終末期医療のメンタルケア  栃木 衛,他
終末期のリハビリテーション治療  宮田知恵子,他
終末期の栄養体液管理  大屋清文
疼痛を有する終末期患者のケア  橋本龍也,他

◆終末期医療の将来
終末期医療の未来展望  堀江里奈,他

座談会
◎高血圧合併の高尿酸血症に対する臨床的アプローチ
~2つのガイドライン推奨に基づく考察~

連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
海外渡航歴があり,改善が悪い咽頭痛と悪寒戦慄を訴えた44歳男性  中村隆久,他
◎注目の新薬
がん免疫療法としてのPD-1/PD-L1阻害抗体  河上 裕

ページの先頭へ戻る

ねらい

 現在,わが国は未曾有の高齢化を迎えつつあり多死社会に直面している.したがって,これまで培ってきた疾病治療と予防,機能の維持向上を目的とした医療・ケアに加えて「人生の質の高い終末期」をどう過ごすことができるかを十分考慮したうえでの医療が必要となってきている.病院を含む医療機関は,終末期とどう向き合い地域社会のニーズにどう対応していくべきかが課題となっている.終末期医療をめぐる諸問題は,単に医療機関の関係者にとって重要な課題であるのみか国民にとっても方向性を解決すべき喫緊の課題となっている.患者個人および家族の意思を尊重しつつ,生命の尊厳をめぐる種々の倫理的問題を踏まえ,万人が納得しうる穏やかな看取りを地域ごとにどのように実現しうるかについて,病院,施設,在宅を含む地域社会および国全体での議論が必要である.
 療養型病床を有する病院では,地域包括ケア時代の今,在宅や介護施設での穏やかな看取りにどうかかわるかが大きな課題となっている.また,在宅や介護施設からの救急対応や終末期患者の生命維持などの倫理的問題にどう向き合うべきかについても大きな課題である.時代のニーズから,在宅医療での看取りは今後その数が増加することが予想されているが,ケアの一役を担う家族が抱える課題も無視できず,今後体制の整備が必要である.さらに悪性腫瘍患者の終末期の医療を担う緩和病棟の役割の重要性も増している.さらに,終末期医療における救急医療はどうあるべきか,そして終末期患者を取り巻く周囲へのメンタルケアの必要性も課題となっている.
本特集では,わが国の現在の終末期医療の現状と課題を見据え,今後のわが国の終末期医療が進むべき方向性を医学・医療の立場で考えることを目的とした.


慶應義塾大学名誉教授/湘南慶育病院院長
鈴木則宏

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.107
No.10 特集/高齢終末期に向かう医療最新号
No.9 特集/「生活習慣病」診療の新潮流:この10年で何が変わった
No.8 特集/高齢者心不全に挑む
No.7 特集/実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC
No.6 特集/医療安全update−患者さんも医療スタッフも満足できる
No.5 特集/一般臨床医のための貧血診療 これだけ
No.4 特集/遠隔医療の進歩
No.増刊号 特集/内科医のための皮膚疾患アトラス
No.3 特集/かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識
No.2 特集/診療に活かす薬理・ブラッシュアップ
No.1 特集/在宅栄養療法の最前線
2018年 Vol.106
No.12 特集/内科医のためのスポーツ医学
No.11 特集/一般臨床医のための渡航医学講座
No.10 特集/嚥下障害と誤嚥性肺炎
No.9 特集/コモンディジーズとしての内分泌疾患と電解質異常
No.8 特集/がん診療における心血管合併症:onco-cardiology
No.7 特集/便秘と下痢の最前線−診断と治療のパラダイムシフト−
No.6 特集/サルコペニア−高齢者包括診断で知っておくべき予防
No.5 特集/職場のメンタルヘルス
No.4 特集/腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシャル
No.増刊号 特集/イラスト神経診察−OSCEから難病診断そして神経救急
No.3 特集/糖尿病診療アップデート 2018
No.2 特集/血管の炎症を俯瞰する
No.1 特集/先制医療 予防医療の最前線
2017年 Vol.105
No.12 特集/内科救急と画像診断・IVR〜検査から治療法
No.11 特集/肺がんアップデート〜基礎から最新トピックス
No.9 特集/脂質管理を一歩深める
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識とトピックス
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ
No.5 特集/急増中! 大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹、大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る メカニズムから評価・治療
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫−そのむくみ 放っておいて大丈夫?−
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピックスまで
No.6 特集/いま知っておきたい、感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや…? ダイジェスト"IgG4関連
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.増刊号 特集/心不全のすべて