HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2020年 Vol.108 No.5 2020-05-08

診療困難な痛みに向き合うケーススタディ

定価:本体2,600円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい 志水太郎

◆見方を変えたら診断できた!
睾丸が病気の存在を示すsentinelになる! 清田雅智
Take a step back and look at the bigger picture 徳田嘉仁
疑問が解けたら痛みも解ほどけた 水本潤希
痛いところをまず診よう! 見た目や紹介状には要注意 中本 順,他
もれなく・くまなく,漏れを探せ! 山本 祐
時にはシャーロックホームズのように…4 C を使う 和足孝之
出会いはスローモーション 笑顔で救急搬送されてきた中年男性 和足孝之
「しびれ」の「しびれ」る鑑別診断 山田悠史
「歩くときにお尻が痛い」それ,本当に整形疾患ですか? 平田理紗,他
原因探しの旅は今日で終わりにしませんか? 鈴木富雄
ベトナムから来日した若年男性,近医で半年以上診断がつかなかったその原因は? 小森大輝,他
キーワードはチーズ!? 悪夢的カムバックとなった発熱・多関節炎の1例 宮上泰樹
診断はCarnett が教えてくれた:患者の痛みの訴えのここを聞き逃すな 賴母木直樹,他
増悪寛解因子が明確な全身痛では,器質疾患の可能性を十分に検討せよ! 鋪野紀好
「本当に」痛みの原因はないのだろうか? 田宗秀隆
非特異的な腹痛は腹部以外の疾患も考えろ! 腹痛なのに頭が原因!? 三野大地,他

◆試行錯誤の後に診断にたどり着いた!
心因性という先入観の前に 吉田常恭
それでもやっぱりお腹が痛いんです 矢吹 拓
診断のつかない慢性疼痛の患者では,「目薬」で寄り添いながら,診断を諦めない! 佐々木陽典
疼痛+αでは,Semantic qualifier 化した疼痛および“α”にまつわるPivot and Cluster 戦略を利用せよ! 鈴木智晴

連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
左大腿の激痛とショックを呈した35 歳女性 望月礼子
◎医療裁判の現場から
高等検察庁検察官からの照会書に対し,医師が回答書に虚偽の事実を記載したとして逮捕・起訴されたが無罪とされた事例 清水 徹

総 説
インスリン デグルデクとリラグルチドの配合剤IDegLira の2 型糖尿病治療における臨床的有用性 中村二郎

ページの先頭へ戻る

ねらい

現場での医師の息遣い,本音や細かな技術が学べる,珠玉の学びに満ちた特集

 本特集は痛みの診断をテーマに扱っています.痛みは,不快や苦痛を伴う性質を特徴とする複雑な知覚イベントが多様な表現で現れる,興味深い現象です.客観的にはわからないというのが痛みの特徴で,定量できるシンプルな指標であるヴィジュアル・アナログ・スケールなどは患者が経験する疼痛の総和を大まかに測定することができるものの,痛みのメカニズムの解決の糸口にはつながりません.メカニズムを推定する方法は,痛みの性質を分析的にとらえたうえでの生理学や解剖学の深い知識が必要になる一方,いわゆる症候論を中心とした診断思考の力も必要になるでしょう.また,メカニズムは物理的な現象の解釈にとどまらず,場合によりbio-psycho-social という包括的なコンテクストの理解まで展開させないと全体像がつかめず,解釈が伴わなければ治療の軸を定めるに至らないこともあるため,一つ一つの思考や洞察に習熟が必要な,まさに総合的な力が医師として試されるトピックでもあると思います.また,これらすべての要素を考慮したうえでもわからないこと,解明できず残ることも現場ではよくあり,この場合はその状況をあきらめず,原因が明らかになるまで,または明らかにならないことも見越し,辛抱強く患者と共に診療を進めていくことが必要になることも多いと思います.
 本特集では,全国の総合診療の現場で痛みに悩む患者の問題に日々対峙されている,ベテランの先生から若手の先生にご登場賜り,それぞれの先生方のご経験された思い出に残る痛みにまつわる症例の経験を共有いただきました.現場の医師にとって,自分とは違う現場での先生方の苦悩や「その時どう考えたか」「どう行動したか」という経験知を追体験することは,マニュアルやガイドラインはもちろん,単にケースレポートを読むこととはまた違う学びがあると思います.とくにいわゆるアカデミックペーパーでは多くの場合お目にかかることができない各先生方の実際のところの本音や現場での細かな技術などは,このような雑誌特集でこそ拝見できるため,こうして実際にお書きいただいた先生方のお原稿をつぶさに拝見するに,その魅力の数々に感銘を受ける次第です.ご寄稿くださった先生方皆様の教育的ご高配と貴重なお時間に心より感謝を申し上げます.


獨協医科大学総合診療医学講座
志水太郎

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.108
No.6 特集/心疾患診療に活かす心臓リハビリテーション:まとめエッセンス最新号
No.5 特集/診療困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.4 特集/最新の高血圧診療-「高血圧治療ガイドライン2019」後の展開
No.増刊号 特集/必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法
No.3 特集/フレイルとその予防対策
No.2 特集/ウイルス肝炎アップデート
No.1 特集/ここまで明らかになった小腸疾患
2019年 Vol.107
No.12 特集/新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み解く
No.11 特集/大人の発達障害
No.10 特集/高齢終末期に向かう医療
No.9 特集/「生活習慣病」診療の新潮流:この10年で何が変わった
No.8 特集/高齢者心不全に挑む
No.7 特集/実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC
No.6 特集/医療安全update−患者さんも医療スタッフも満足できる
No.5 特集/一般臨床医のための貧血診療 これだけ
No.4 特集/遠隔医療の進歩
No.増刊号 特集/内科医のための皮膚疾患アトラス
No.3 特集/かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識
No.2 特集/診療に活かす薬理・ブラッシュアップ
No.1 特集/在宅栄養療法の最前線
2018年 Vol.106
No.12 特集/内科医のためのスポーツ医学
No.11 特集/一般臨床医のための渡航医学講座
No.10 特集/嚥下障害と誤嚥性肺炎
No.9 特集/コモンディジーズとしての内分泌疾患と電解質異常
No.8 特集/がん診療における心血管合併症:onco-cardiology
No.7 特集/便秘と下痢の最前線−診断と治療のパラダイムシフト−
No.6 特集/サルコペニア−高齢者包括診断で知っておくべき予防
No.5 特集/職場のメンタルヘルス
No.4 特集/腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシャル
No.増刊号 特集/イラスト神経診察−OSCEから難病診断そして神経救急
No.3 特集/糖尿病診療アップデート 2018
No.2 特集/血管の炎症を俯瞰する
No.1 特集/先制医療 予防医療の最前線
2017年 Vol.105
No.12 特集/内科救急と画像診断・IVR〜検査から治療法
No.11 特集/肺がんアップデート〜基礎から最新トピックス
No.10 特集/妊婦さんへの内科治療 リスクと安全を考える
No.9 特集/脂質管理を一歩深める
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識とトピックス
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ
No.5 特集/急増中! 大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法
No.3 特集/そのお腹、大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
2015年 Vol.103
No.増刊号 特集/心不全のすべて