HOME > 書籍詳細

書籍詳細

小児科外来や乳幼児健診で使える
食と栄養相談Q&A診断と治療社 | 書籍詳細:食と栄養相談Q&A

国立成育医療研究センター 理事

平岩 幹男 (ひらいわ みきお) 監修

国立成育医療研究センター生体防御系内科部アレルギー科

大矢 幸弘 (おおや ゆきひろ) 編集

相模女子大学栄養科学部健康栄養学科

堤 ちはる (つつみ ちはる) 編集

明海大学歯学部形態機能成育学講座口腔小児科学分野

渡部 茂(わたなべ しげる) 編集

初版 A5判 並製 204頁 2016年05月16日発行

ISBN9784787822086

定価:本体3,700円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


小児科外来や乳幼児健診で,保護者から頻繁に質問される食と栄養・歯・食物アレルギーの疑問への答え方を各専門家が解説.年齢別に「栄養」「食物アレルギー」「歯科」の各分野の問題について,Q&A形式で回答例を示しながらコンパクトにまとめた.離乳食や歯磨きなど日常の素朴な疑問からアレルギーの話題まで,最新情報を整理して日常診療で活用できる1冊.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

監修の序
執筆者一覧

■妊娠期
【栄養】
Q1 つわりがひどくて何も食べられませんが,空腹になるとさらに気分が悪くなります.どうすればよいですか?
Q2 妊娠中の栄養状態は子どもの将来の健康にどのように影響しますか?
Q3 妊娠中の体重増加はどのくらいがよいですか?
Q4 妊娠中の貧血予防にはどのような食事がよいですか?
Q5 葉酸のサプリメントはどのような効果がありますか?
Q6 妊娠前から肥満の場合,どのような影響がありますか? 食生活ではどのような注意が必要ですか?
Q7 妊娠高血圧症候群とはどのようなものですか? 食生活ではどのような注意が必要ですか?
Q8 妊娠糖尿病とはどのようなものですか? 食生活ではどのような注意が必要ですか? 
【アレルギー】
Q9 妊娠中に,子どものアレルギー発症予防のためにできることはありますか?
Q10 アレルギー疾患がある母親の妊娠期の食物除去は有効ですか?
【歯科】
Q11 妊娠中の母親の歯や口の健康状態は,子どもにどのように影響しますか? 
Q12 妊娠中に歯科治療やクリーニングをしてもよいですか?
Q13 新産線はなぜできるのですか? いつできるのですか?
Q14 味覚はどのように発達するのでしょうか? 味覚のために気をつけることはありますか?

■0~4か月(新生児~乳児早期)
【栄養】
Q15 子どもが泣くたびに,母乳やミルクを与えてよいですか? 授乳時刻やミルクならば量も決めたほうがよいですか?
Q16 母乳育児のメリットは何ですか?
Q17 就労しながら母乳育児を続けるには,どうすればよいですか?
Q18 完全母乳栄養児ですが体重があまり増えません.ミルクを追加する判断はどうすればよいですか?
Q19 完全母乳栄養児ですが標準体重を上回ってきています.授乳回数を減らしたほうがよいですか?
【アレルギー】
Q20 新生児や乳児の消化管アレルギーとはどのようなものですか?
Q21 ミルクで下痢をしています.アレルギー用ミルクに変えたほうがよいですか?
Q22 アレルギー用ミルクを使用すると,アレルギー発症を予防できますか?
Q23 アレルギー疾患がある母親の場合,授乳期の栄養面で注意することはありますか? 
Q24 母乳栄養中の除去食は必要ですか? どのように行いますか?
【歯科】
Q25 歯が生える前に添い寝で授乳してもよいですか? 生えてくる歯が虫歯になりやすくなりますか?
Q26 舌小帯が短いようです.切除したほうがよいですか?
Q27 魔歯(先天性歯)が生えていますが,処置が必要ですか?

■5~11か月(乳児中期~後期)
【栄養】
Q28 離乳食の開始前に,準備したり気をつけておくことはありますか?
Q29 離乳開始時期はどのように決めればよいですか? 基準やサインはありますか?
Q30 フォローアップミルクは飲ませたほうがよいですか?
Q31 嫌がって食べないものを上手に食べさせる方法はありますか?
Q32 便秘や下痢をしているときは,どのような離乳食がよいですか?
Q33 「手づかみ食べ」は,させないといけませんか?
Q34 食品表示は何に気をつけて見ればよいですか? 記載方法は決まっていますか?
Q35 鉄分,カルシウムを上手に摂取させるには,どんなものがよいですか?
Q36 魚やソーセージなどの缶詰を離乳食に使用してもよいですか?
Q37 肉はいつ頃から食べさせられますか?
Q38 蜂蜜や牛乳はなぜ1歳まであげられないのですか?
Q39 ベビーフードに添加物は使用されていますか? 食品表示で気をつけることはありますか?
Q40 豆乳はいつ頃から飲ませられますか?
Q41 標準よりも体重があり,見た目も太っています.離乳食やミルクを減らしたほうがよいですか?
Q42 髪の色が薄いのは栄養不足が原因ですか?
【アレルギー】
Q43 食物アレルギーを起こす食物はどのようなものですか?
Q44 食物アレルギーはどのような症状でわかりますか? 症状はすぐに現れますか?
Q45 食物アレルギーがある子どもの離乳食はどのように進めればよいですか?
Q46 市販のアレルギー用離乳食を使用する場合,気をつけることはありますか?
Q47 湿疹がひどいので,離乳食の開始は遅らせたほうがよいですか?
Q48 家族がアトピー性皮膚炎や鼻炎などのアレルギー体質です.子どもの離乳食の時期や種類に気をつけることはありますか?
Q49 大豆を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q50 魚を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q51 肉類を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q52 果物,野菜を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q53 蕎麦はいつ頃から食べさせられますか?
【歯科】
Q54 口の中に白いミルクかすのようなものがあります.どうすればよいですか?
Q55 よだれがすごく多いのですが,よいですか?
Q56 乳歯はいつ頃から,どのような順番で生えますか? 生え揃うのはいつ頃ですか? 
Q57 歯が生えるときに違和感はありますか? 対策はありますか? 
Q58 哺乳瓶のゴム乳首での授乳は,口腔の発達によくないですか?
Q59 指しゃぶりがやめられません.歯並びに影響がありますか? なぜするのですか? 
Q60 おしゃぶりの使用は歯と口に悪影響がありますか?
Q61 歯磨きはいつから始めたらよいですか? 歯ブラシや歯磨き粉はどのようなものを選んだらよいですか? 電動歯ブラシは使用してもよいですか?
Q62 虫歯になりやすいのはどの歯ですか? どのような状態のときになりますか?
Q63 歯が生えていますが,夜間に授乳しています.虫歯の予防法はありますか?
Q64 食事のときに食器を共有すると,虫歯がうつるのですか?
Q65 歯科医院でのフッ化物歯面塗布は,何歳からできますか?
Q66 上唇小帯が厚く,前歯にすき間があります.治療が必要ですか?
Q67 歯の先天欠如とはどのようなものですか? いつわかりますか?

■1~2歳(幼児前期)
【栄養】
Q68 1歳児健診で低体重といわれました.受診が必要ですか?
Q69 食事中の乳幼児に起こりやすい事故は何ですか? どのように防げますか?
Q70 食具の使用はいつ頃始めたらよいですか? 素材は何がよいですか?
Q71 食事中に遊んでしまい,集中しません.どのように対応したらよいですか?
Q72 食欲にむらがあり,食べ残すことも多いです.栄養面で問題はないですか?
Q73 紙を食べていることがありますが,異食症でしょうか? どのように対応すればよいですか?
Q74 魚介類の練り製品を離乳食に使用する場合,気をつけることはありますか?
Q75 離乳が完了したら,食事はどのようなものがよいですか?
Q76 幼児にゼリーをあげてもよいですか? ゼラチンと寒天の違いは何ですか?
Q77 牛乳を嫌がって飲みません.カルシウム不足になりますか?
Q78 甘いものを食べさせるときの注意点はありますか?
Q79 経口補水液やイオン飲料はいつどのように飲ませたらよいですか? 糖分は気にしなくてもよいですか?
Q80 ビタミン剤や保健機能食品,サプリメントは乳幼児に使用してもよいですか?
【アレルギー】
Q81 卵やとろろ芋を食べたら口の周りが赤くなりました.食物アレルギーでしょうか? 受診が必要ですか?
Q82 米を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q83 鶏卵を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q84 牛乳を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q85 小麦を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q86 食物アレルギー児のおやつに利用しやすいものは,何ですか? 
Q87 食物アレルギー児がいる家族の食事,お弁当ではどのような注意をしたらよいですか?
Q88 食物アレルギー児の外食では,どのような注意が必要ですか?
Q89 除去食の解除時期はどのように決めますか?
【歯科】
Q90 乳歯が生え揃う前の食べ方で,気をつけることはありますか?
Q91 噛み合わせや歯並びは何歳頃から注意すればよいですか?
Q92 歯磨きを嫌がらずにさせるには,どうすればよいですか?
Q93 食べ物を丸飲みしてしまいます.よく噛むためにはどうすればよいですか?
Q94 食べ物を口に入れたまま,いつまでも飲み込みません.どうすればよいですか? 
Q95 歯科治療や検査でのX線の被曝量はどれくらいですか?
Q96 子どもの歯科治療では全身麻酔をしますか?
Q97 転倒してぶつけてしまい前歯の色が変わっていますが,治りますか?
Q98 歯ぐきが腫れて出血していますが,歯肉炎でしょうか?
Q99 奥歯の溝が黒くなっていますが,虫歯ですか?

■3~6歳(幼児後期)
【栄養】
Q100 3歳児健診で肥満を指摘されました.このままだと成人期の肥満につながるかもしれないともいわれました.どのように改善したらよいですか?
Q101 野菜を食べたがりません.どのように食べさせればよいですか?
Q102 市販の野菜ジュースは野菜の代わりになりますか?
Q103 牛乳は欲しがるままに飲ませてよいですか?
Q104 自閉症スペクトラム障害児の栄養や食事では,どのような注意や支援がありますか?
【アレルギー】
Q105 軟体類を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q106 食物アレルギー児は園や学校にどのような手続きをすればよいですか? 対応は何をしてもらえますか?
Q107 食物アレルギー児が調理実習や粘土制作などで気をつけることは何ですか?
Q108 食物アレルギー児が友達の家などを訪れるときに気をつけることはありますか?
Q109 食物アレルギー児が他人から食べ物をもらったときの対応はどのように教えればよいですか?
Q110 緩徐経口免疫療法と急速経口免疫療法の違いは何ですか?
【歯科】
Q111 永久歯はいつ頃から生えますか? 生え揃うのはいつ頃ですか?
Q112 乳歯の下に永久歯が生えてきているようですが,放置してよいですか?
Q113 重度の虫歯があります.治療以外に家庭で気をつけることはありますか?
Q114 歯が痛むときの応急処置は,どうすればよいですか?
Q115 奥歯で噛まずに前歯でばかり噛んでいます,どうすればよいですか?
Q116 睡眠時に歯ぎしりをしていますが,放置しておいてよいですか? 対策はありますか?
Q117 歯科治療での抜歯の前後は,何を注意すればよいですか?
Q118 発達障害児が歯科受診で気をつけることはありますか?
Q119 歯の石灰化不全とはどのような状態ですか? 
Q120 着色歯とはどのようなものですか? 食べ物が原因ですか?

■7歳以上(学童期)
【栄養】
Q121 子どものメタボリックシンドロームの診断はどのように行われますか?
Q122 「三角食べ」とは何ですか?
Q123 夜更かしして朝食を食べないのですが,どのように改善したらよいですか?
Q124 緑茶や紅茶もカフェインが含まれているので,控えたほうがよいですか?
【アレルギー】
Q125 口腔アレルギー症候群とはどのような疾患ですか? 治りますか?
Q126 甲殻類を除去するときの注意点と工夫は,何ですか?
Q127 食物アレルギー児が学校の行事や宿泊旅行で気をつけることは何ですか?
【歯科】
Q128 清涼飲料水の飲み過ぎはどのような影響がありますか?
Q129 シーラントを使用した歯科処置はどのようなものですか?
Q130 薬の影響で歯の色が変わった場合,研磨や漂白は効果がありますか?

■全年齢
【アレルギー】
Q131 食物アレルギーとはどのような病気ですか? なぜ起こるのですか?
Q132 食物アレルギーが悪化したり,ほかの疾患を誘発する要因はありますか?
Q133 食物アレルギーになると,喘息やアトピーなどほかのアレルギーにもなりやすいですか?
Q134 アレルギーに気をつける食物は,月齢や年齢によって変わりますか?
Q135 食物アレルギーは最終的に治りますか? 体質は家族に遺伝しますか?
Q136 アレルギー専門医はどのように探せばよいですか? 受診時の注意点はありますか?
Q137 アレルギーの原因食物の確定にはどのような検査をしますか? 結果はすぐにわかりますか?
Q138 食物アレルギーの治療にはどのような薬を使用しますか? 抗アレルギー薬は有効ですか?
Q139 食物アレルギー児が普段注意する薬はありますか? また,予防接種は受けられますか?
Q140 アレルギー除去食にすると食べられるものが少なくなってしまいますが,どのように栄養バランスをとればよいですか?
Q141 アナフィラキシーの症状はどのような様子でしょうか? 応急処置は何をすればよいでしょうか? アドレナリン注射液〔エピペン(R)〕は誰が使用してもよいのでしょうか?
Q142 食物依存性運動誘発アナフィラキシーはどのような症状ですか? ほかのアナフィラキシー症状と違いはありますか?
Q143 アトピー性皮膚炎の皮膚病変と,食物アレルギーで生じる皮膚病変は違いますか? 
Q144 ダニによって食物アレルギーを引き起こすことがあるのですか?
Q145 仮性アレルゲンとはどのようなものですか?
Q146 食物アレルギーでは,原因食物だけを除去すればよいですか? 日常生活でほかに気をつけることはありますか?
Q147 除去食品を誤って食べてしまった場合は,どうすればよいですか?
Q148 焼いたり茹でたりなど,調理法で抗原性が変わる食品はありますか?
Q149 原因と思われる食品の摂取可能量はどのように決めますか?
Q150 原因食品によって耐性獲得は異なりますか? また,積極的に耐性を獲得する方法はありますか?
Q151 牛乳アレルギーでは,乳酸カルシウムやカゼイン,乳化剤,乳糖なども除去する必要がありますか? 卵アレルギーの場合,卵殻カルシウムはどうですか?
Q152 酸化した油はアレルギーに影響すると聞きました.油の再使用やコンタミネーションなど,家庭での油の使用法はどうすればよいですか?
Q153 耐性を獲得したのか,減感作状態なのかは判別できますか?
Q154 食物日誌はどのように使用するのですか?
【歯科】
Q155 小児歯科専門医はどのようにして探せばよいですか?
Q156 歯科治療のときに泣いて暴れてしまうのですが,どうすればよいですか?
Q157 歯や口腔内の外傷の応急処置は,病院に行く前に何をすればよいですか? 一般の歯科医院に行ってよいですか?
Q158 アレルギーがある場合,歯科受診で気をつけることはありますか?
Q159 キスや口移しをすると虫歯がうつるというのは本当ですか?
Q160 歯の質や歯並びは家族に遺伝しますか?
Q161 なぜ叢生や八重歯になるのですか?
Q162 過剰歯とはどのようなものですか? 手術が必要ですか?
Q163 口内炎ができたとき,普段の食事や生活で気をつけることは何ですか?

索引 

ページの先頭へ戻る

序文

監修の序

 小児科の日常の外来診療のなかで,口や食べ物についての保護者からの質問は予想しているよりもずっと多いと感じています.しかし,咄嗟には答えがでてこなかったり,そもそも考えたこともないような質問がでてきたりすることもあります.もちろん小児科の外来診療は,特に乳幼児を対象としているときには保護者との会話的応答が実際の診察と並んで大きな比重を占めていますので,こうした質問に適切に答えることは,保護者との関係性を向上させるうえでも役立つと考えられます.
 今回は歯を含めた口の中の問題,摂食や栄養をめぐる問題,そして最近大きな話題となっている食物アレルギーなどの3つの分野を中心としてまとめることとなりました.お忙しいなかで快く執筆にご協力いただいた先生方に,まず心より感謝の意を表します.
 歯や口の中のこと,う蝕のことなどは,小児科医は知っているようで知らないことがたくさんあります.私も本書の原稿を拝見して初めて知ったことも多々あります.栄養についても考え方がいろいろ変わってきていますが,やはり自分が教育を受けた時期の知識になんとなく引っ張られて説明をしてしまうこともあります.社会環境の変化も含めて,現在の考え方には触れておく必要があると感じています.食物アレルギーについては,まだまだ混乱がみられているといっても過言ではありません.食事制限ひとつをとっても過剰に制限する場合もしばしばみられますし,授乳中の母親の食事に対してもさまざまな対応がなされています.プライマリーケアのなかで必要なことに今回は絞りましたが,話題になっている食物アレルギーとアトピー性皮膚炎との関連については多くの記述をお願いしました.
 本書が小児の日常診療のなかで役立つことを祈りまして,序文に代えさせていただきます.

2016年5月
平岩幹男