HOME > 書籍詳細

書籍詳細

ポケット 夜尿症診療ガイドライン2016診断と治療社 | 書籍詳細:ポケット 夜尿症診療ガイドライン2016

日本夜尿症学会 編集

初版 A5判 2色 48頁 2016年07月15日発行

ISBN9784787822673

定価:本体800円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


『夜尿症診療ガイドライン2016』のなかからCQと推奨文を抜粋し,夜尿症診療に必要不可欠な知識にしぼって解説した.夜尿症とその診療について簡潔に解説した前半と,ガイドラインからCQと推奨文を抜粋し,そのポイントを解説した後半の2部構成.非常にコモンな疾患である夜尿症について,適切な診断と治療に必要なエッセンスが詰まっている.小児科医のみならず,内科医および泌尿器科医など,小児診療にかかわるすべての医師の一助となる一冊.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

はじめに

夜尿症の概念と夜尿症診療の実際
Ⅰ.夜尿症の概念
1.定義   2.有病率と経過 
3.分類   4.病因 
Ⅱ.夜尿症診療の実際
1.夜尿症の診療アルゴリズム   2.初期診療の実際 

CQの推奨文とポイント
CQ1 夜尿症の診療において積極的な治療が推奨されるか 
CQ2 夜尿症の診療において超音波検査は推奨されるか 
CQ3 夜尿症の診療において排尿時膀胱尿道造影は推奨されるか 
CQ4 夜尿症の診療において尿流動態検査は推奨されるか 
CQ5 夜尿症の診療において生活指導は推奨されるか 
CQ6 夜尿症の診療において排尿訓練は推奨されるか 
CQ7 夜尿症の診療において便秘の精査・加療は推奨されるか 
CQ8 夜尿症の診療において肥満の精査・加療は推奨されるか 
CQ9 夜尿症の診療においてデスモプレシンは推奨されるか 
CQ10 夜尿症の診療において抗コリン薬は推奨されるか 
CQ11 夜尿症の診療において三環系抗うつ薬は推奨されるか 
CQ12 夜尿症の診療においてアラーム療法は推奨されるか 
CQ13 夜尿症の診療において早期からアラーム療法とデスモプレシンを併用することは推奨されるか 
CQ14 夜尿症の診療において電気・磁気刺激療法は推奨されるか 
CQ15 夜尿症の診療において扁桃肥大の治療は推奨されるか 
CQ16 夜尿症の診療において注意欠如・多動性障害(ADHD)を併存する場合,その治療は推奨されるか 
索引 

ページの先頭へ戻る

序文

ポケット版の刊行にあたって

 この度,日本夜尿症学会として12 年ぶりに「夜尿症診療ガイドライン2016」を発刊するにあたってパブリックコメントを募ったところ,「素晴らしい内容だが,多忙な診療の合間に読むにはやや分量が多い.ぜひ日常診療に必須の項目に絞って常備できるポケット版が欲しい」という御意見をいただきました.
 「夜尿症診療ガイドライン2016」は夜尿症のお子さんの診療にあたって適切な診断と治療ができるように,クリニカルクエスチョン(臨床的疑問)に対してエビデンスに基づいて回答する形式で,最新の知見をわかりやすく簡潔にまとめたものですが,ご指摘の通り,100 ページを優に超える内容は,それなりに読み応えがあり,診療の合間に読み流すのには内容的にも物理的にもやや重たい印象がありました.そこで各項目の執筆者の了解をいただき,夜尿症診療ガイドライン作成委員長の大友義之先生と作成委員の辻章志先生と私の3名で「夜尿症診療ガイドライン2016」の内容のなかから「夜尿症のお子さんをはじめて診療する医師にとって最低限,必要な知識」に絞って,本書をまとめました.
 夜尿症は小学校入学時でも10 人に1 人は罹患しているきわめてありふれた疾患です.したがって日本夜尿症学会の理事長としては,小児科や泌尿器科を専門としない家庭医や内科医の方々にも,ぜひ積極的に診療に携わっていただきたいと考えています.このポケット版がそのような先生方にとって,診療の一助になれば幸いです.

2016 年6 月

日本夜尿症学会理事長
金子 一成