HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2019年 Vol.86 No.2 2019-01-18

妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

妊娠高血圧症候群―PIHからHDPへ

企画 田中 守

1.妊娠高血圧症候群の過去・現在・未来 / 齋藤 滋 
2.妊娠高血圧症候群定義・臨床分類改定 / 渡辺員支 
3.疫学研究―日本産科婦人科学会周産期登録データベース調査から / 佐藤昌司 
4.疫学研究―妊産婦死亡調査から / 桂木真司・他 
5.妊娠高血圧症候群発症予測スクリーニング検査 / 夫 律子 
6.妊娠高血圧腎症の発症原因―sFlt?1,PlGF / 大口昭英・他 
7.妊娠高血圧症候群の発症原因―(プロ)レニン受容体 / 市原淳弘・他 
8.妊娠高血圧症候群の発生要因―血管内皮NO合成酵素 / 山本珠生・他 
9.妊娠高血圧症候群の発症原因―子宮内炎症 / 成瀬勝彦 
10.妊娠高血圧症候群の発症原因―母体炎症 / 牛田貴文・他 
11.子宮腺筋症と妊娠高血圧症候群 / 橋本彩子・他 
12.抗リン脂質抗体と妊娠高血圧症候群 / 出口雅士・他 
13.TMA(血栓性微小血管症)とHELLP症候群 / 松本雅則 
14.母体脳組織酸素飽和度検査 / 内田季之・他 
15.妊娠高血圧症候群母体から出生した児の長期神経発達予後 / 山本将功・他 
16.ホスホジエステラーゼ5阻害薬 / 真木 晋太郎・他 

連載
若手の最新研究紹介コーナー
ラット脳性麻痺モデルを使ったプロゲステロンの脳障害回避効果の検証と作用機序の解析 / 河原井麗正 

来たれ!私たちの産婦人科 第26回
関西医科大学附属病院 産婦人科 / 岡田英孝 

原著
子宮頸部円錐切除術後の管理における細胞診の子宮内頸部/移行帯細胞の検討 / 齋藤強太・他 

症例
2型糖尿病妊婦に合併した急性壊死性食道炎の1例 / 相京晋輔・他 

同胞の治療が契機となり判明した姉妹発症の処女膜閉鎖症 / 鈴木将裕・他 

お知らせ
バックナンバー
投稿規定
次号予告

ページの先頭へ戻る

ねらい

 妊娠高血圧症候群(hypertensive disorders of pregnancy:HDP)は,古くは妊娠中毒症とよばれ,何らかの中毒物質が母体血中に流れることによって起こる高血圧,蛋白尿,浮腫を三主徴とする症候群とされてきた.妊娠を中断し,分娩することで病態が改善することから,分娩で排出される胎児・胎盤が母体に影響を及ぼしているのは明らかであるが,いわゆる「中毒物質」は発見されず,実際的な予防や治療法を手に入れることができていないのが現状である.いまだにHDPに対する治療は分娩であり,われわれは常に分娩と早産となった新生児の予後を天秤にかけながら分娩の時期を計っているのが現状である.HDPは,その疾患概念の国際的な変化とともにPIH(pregnancy induced hypertension)からHDPへと呼称も変更されてきているが,周産期における最大の解決すべきテーマであるのはいうまでもない.
 そこで,本特集号では最新のHDPに対する知見を網羅して,未来へ向けた現時点での地平を確認することを念頭に,妊娠高血圧症候群(HDP)のすべてを盛り込んだ意欲的な企画とした.最初に2020年に国際妊娠高血圧学会(ISSHP)を奈良で主催される齋藤 滋先生に国際的な状況を含めた最新の状況と未来について解説していただくとともに,HDPの定義・臨床分類の改定,疫学的調査,予防治療へ向けた妊娠初期のスクリーニング検査,発症機序に関する最近の知見,新生児予後,最新の検査法,治療法について斯界の専門家に解説していただくこととした.また,血液学では血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura:TTP)と,溶血性尿毒症症候群(hemolytic uremic syndrome:HUS)が統合された血栓性微小血管障害症(thrombotic microangiopathy:TMA)という概念も導入され,HELLPの考え方も変わりつつある.今後,HDPの理解が飛躍的に進み,多くの産婦,新生児が救われるようになることを期待してやまない.

(慶應義塾大学医学部産婦人科 田中 守)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.86
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update最新号
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ
2017年 Vol.84
No.12 特集/HRTガイドライン2017年度版 改訂の要点と
No.11 特集/子宮腺筋症と稀少部位子宮内膜症の最新の
No.10 特集/次世代への予防医療―DOHaDを活かす
No.9 特集/今日からできる最新の産婦人科ケア
No.8 特集/女性の将来の健康のために―疾患・病態相互
No.7 特集/産婦人科領域における難病を考える
No.6 特集/他科エキスパートが教える 婦人科医のため
No.5 特集/産科出血に立ち向かう―どこまでできる?
No.増刊号 特集/知らなきゃ困る 産婦人科小手術
No.4 特集/骨粗鬆症ベストプラクティス
No.3 特集/Non-ARTの不妊症診療
No.2 特集/ここが知りたい 産婦人科周術期管理
No.1 特集/産科領域における遺伝診療の最前線
2016年 Vol.83
No.12 特集/月経前症候群・月経前不快気分障害の最新知
No.11 特集/子宮筋腫の最前線
No.10 特集/産婦人科臨床研究最前線
No.9 特集/妊娠と感染症 ―外来で聞かれてどう説明す
No.8 特集/骨盤臓器脱と下部尿路機能障害Up to Date
No.7 特集/ART最前線
No.6 特集/婦人科がんの診断・治療の最適化を目指して
No.5 特集/不育症 Up to Date
No.増刊号 特集/産婦人科処方実践マニュアル
No.4 特集/中高年女性に多くみられる症候とその対策
No.3 特集/生殖医療における倫理的問題を考える
No.2 特集/OC/LEPガイドライン ポイントの解説
No.1 特集/婦人科がん治療の新機軸
2015年 Vol.82
No.増刊号 特集/よくわかる検査と診断
2014年 Vol.81
No.増刊号 特集/産婦人科手術 Up to Date