HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2020年 Vol.87 No.8 2020-07-17

プレコンセプションケアってなに?

定価:本体2,900円+税

冊 
次号予告

2020年 Vol.87 No.9 2020年08月発売予定
特集/もう胎児付属物とはいわせない!−胎盤,臍帯,羊水−


今後の特集(予定)

Vol.87 No.10 特集/分子標的薬を極める−基礎から臨床まで−

Vol.87 No.11 特集/着床を考える

Vol.87 No.12 特集/女性のうつに強くなる

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 髙松 潔

1.プレコンセプションケア概論 / 荒田尚子
2.世界のプレコンセプションケアの動向 / 前田恵理
3.小児期から思春期女性のプレコンセプションケア / 北村邦夫
4.プレコンセプションケアにおける栄養・生活習慣 / 横山真紀・他
5.プレコンセプションケアにおける感染症とワクチン / 川名 敬
6.プレコンセプションケアにおける月経関連の諸問題 / 甲村弘子
7.内科的慢性疾患とプレコンセプションケア / 三戸麻子
8.精神的ストレスや精神疾患を抱えた女性のプレコンセプションケア / 根本清貴・他
9.薬物療法中の女性のプレコンセプションケア / 村島温子
10.不妊外来におけるプレコンセプションケア / 佐藤雄一
11.産科既往歴のある女性のプレコンセプションケア / 谷垣伸治・他
12.特別な既往のある女性のプレコンセプションケア / 金子佳代子
13.男性のプレコンセプションケア / 小宮 顕・他
14.プレコンセプションケアの啓発に関する取り組み / 甲賀かをり

連 載
若手の最新研究紹介コーナー
The PGC—1α mediated pathway as a potential therapeutic target in endometriosis / 片岡 恒

来たれ! 私たちの産婦人科 第44回
京都大学医学部婦人科学産科学教室 / 川崎 薫

原 著
当院でのマイクロ波子宮内膜アブレーションの治療成績 / 氷室裕美・他

症 例
トラベクテジンにより長期病勢コントロールが可能であった多剤治療後再発子宮平滑筋肉腫の1例 / 城戸絵里奈・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 プレコンセプションケア(preconception care)という言葉をご存じでしょうか? conceptionとは受胎ですから,直訳すれば「妊娠前のケア」ということになります.いわゆるブライダルチェックではないかと誤解されがちですが,さらに踏み込んで,男性も含めて,将来の妊娠を考えながら女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うこと,さらには女性や将来の家族がより健康な生活を送れることを目指す取り組みをいいます.日本では新しい概念のように捉えられがちであり,定義の確定もこれからですが,世界保健機関(WHO)のホームページには「プレコンセプションケアとは,妊娠する前の女性やカップルに医学的・行動学的・社会的な健康介入を行うこと」とある通り,欧米ではすでに確立されつつある概念です.
 実際には性感染症や不妊,子宮内膜症,婦人科がんといった婦人科疾患のチェックのみならず,栄養や運動などの生活習慣関連,内科的あるいは精神科的疾患といった幅広いチェックも必要となります.また,既婚女性のみならず未婚女性も含まれますし,性成熟期女性のみならず,小児や思春期女性も対象となります.さらに,正常な妊娠・分娩や児の健康を妨げる可能性の評価と介入も重要なポイントとなりますから,それぞれの対象疾患・病態の知識とともに,将来への影響も配慮した対応が必要であり,まさに予防医学としての女性医学の一分野といえます.
 現在,厚生労働科学研究費補助金や日本医療研究開発機構(AMED)にサポートされた女性の健康の包括的支援政策研究事業や実用化研究事業においてもテーマとして取り上げられており,今後,産婦人科も深くかかわっていかなければいけない状況にあります.そこで本特集号では,プレコンセプションケアの概念や基本的な考え方から実際の対応方法までを専門の先生方に解説いただきました.プレコンセプションケアは多くの疾患・病態を対象としているため,診療科の協力が必要です.女性診療科医としての産婦人科医としてプレコンセプションケアを実施できるために,また,適切にほかの診療科へコンサルトできるために本特集がお役に立てることを期待しています.

(東京歯科大学市川総合病院産婦人科 髙松 潔)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.87
No.8 特集/プレコンセプションケアってなに?最新号
No.7 特集/異所性妊娠の最新診療
No.6 特集/婦人科がん臨床研究のトレンドを知る
No.5 特集/妊娠糖尿病の理解を深めよう
No.増刊号 特集/やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題
No.3 特集/婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル
No.2 特集/一から学びなおす 婦人科がん化学療法有害事象の管理
No.1 特集/早産!
2019年 Vol.86
No.12 特集/オフィスギネコロジーにおける脂質管理
No.11 特集/新時代の子宮鏡診療
No.10 特集/どうする 再発婦人科がん
No.9 特集/エキスパートに聞く 産婦人科超音波ABC
No.8 特集/漢方の今,これから
No.7 特集/広がる子宮内膜症の世界
No.6 特集/腹式広汎子宮全摘術のすべて
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病理診断・麻酔
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ
2017年 Vol.84
No.12 特集/HRTガイドライン2017年度版 改訂の要点と最近の話題
No.11 特集/子宮腺筋症と稀少部位子宮内膜症の最新の取り扱い
No.10 特集/次世代への予防医療―DOHaDを活かす
No.9 特集/今日からできる最新の産婦人科ケア
No.8 特集/女性の将来の健康のために―疾患・病態相互の関連
No.7 特集/産婦人科領域における難病を考える
No.6 特集/他科エキスパートが教える婦人科医のための合併症管理
No.5 特集/産科出血に立ち向かう
No.増刊号 特集/知らなきゃ困る 産婦人科小手術
No.4 特集/骨粗鬆症ベストプラクティス
No.3 特集/Non-ARTの不妊症診療
No.2 特集/ここが知りたい 産婦人科周術期管理
No.1 特集/産科領域における遺伝診療の最前線
2016年 Vol.83
No.増刊号 特集/産婦人科処方実践マニュアル
2015年 Vol.82
No.増刊号 特集/よくわかる検査と診断
2014年 Vol.81
No.増刊号 特集/産婦人科手術 Up to Date