HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2021年 Vol.88 No.3 2021-02-18

QOLを考える

定価:本体2,900円+税

冊 
次号予告

2021年 Vol.88 No.4 2021年03月発売予定
特集/産婦人科医も知っておきたい歯科の知識


今後の特集(予定)

Vol.88 No.増刊号 特集/画像!エキスパート直伝 産婦人科画像診断

Vol.88 No.5 特集/胎児モニタリング with Corona

Vol.88 No.6 特集/OC・LEPガイドライン2020年度版を読み解く

Vol.88 No.7 特集/婦人科がん機能温存治療のすべて

Vol.88 No.8 特集/卵巣 Up to Date

Vol.88 No.9 特集/骨盤臓器脱(POP)のすべて−診断と治療の最前線

Vol.88 No.10 特集/帝王切開−明日からできる工夫と留意点−

Vol.88 No.11 特集/変わる婦人科がん薬物治療−免疫チェックポイント阻害剤

Vol.88 No.12 特集/少子化時代における就労女性の不妊治療

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 大須賀 穣

1.患者中心のアウトカムとQOL / 鈴鴨よしみ
2.PMS/PMDDとQOL / 大野恭子・他
3.月経困難症とQOL / 太田郁子
4.子宮内膜症とQOL / 吉野 修・他
5.過多月経とQOL / 石川博士
6.婦人科がんとQOL / 小原久典・他
7.更年期障害とQOL / 須賀万智
8.閉経後骨粗鬆症とQOL / 寺内公一
9.女性下部尿路症状とQOL / 吉澤 剛・他
10.不妊症とQOL / 前田恵理
11.産後とQOL / 髙木香津子・他
12.乳がんとQOL / 下妻晃二郎
13.関節リウマチとQOL / 田中榮一
14.過敏性腸症候群とQOL / 金澤 素・他
15.頭痛とQOL / 飯ケ谷美峰

連載
医療裁判の現場から 第25回
配偶者の同意を得ずに行われた人工妊娠中絶について,配偶者の慰謝料が認められた事案 / 秦 奈峰子

若手の最新研究紹介コーナー
本邦における生まれ年度毎のCIN3罹患リスク評価とHPVワクチンの有効性 / 八木麻未

注目の製品―update 
ヤーズフレックス®配合錠 / 山本茂朋

薬剤の臨床
月経困難症治療剤ジエノゲストの有効性および安全性の検討 / 清水 豊・他

症例
術後13年目に腟断端にポリープ状再発を認めた子宮体癌の1症例 / 前田振一郎・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 私は患者の明るい笑顔がみたくて医者になった.そのために日夜数多の疾患と戦ってきたつもりである.しかしながら,ともすれば医師は「病気をみて人をみず」に陥ることがある.治療が困難な疾患に立ち向かえば向かうほど,そうなりがちかも知れない.病気を治せば患者は必ず笑顔になるのだろうか? 医師の満足は必ずしも患者の満足にあらず,である.
 医療が高度化,複雑化した現代,多くの局面で全人的医療が求められている.真に患者が納得し,満足する医療を提供するためには,病気のみでなく仕事や家庭など患者のおかれた社会的環境,日常生活における種々の嗜好,患者の人生観や宗教など多様な背景を考えて患者に接する必要がある.長年医師をしていると全人的医療が何となくできるようになった気になるが,客観的に患者が感じている健康状態を評価し分析できる指標があるとありがたい.そのような指標は若手医師にとっても重要だろう.その中で最も有用なのが健康関連のQOLである.患者から直接発せられる患者中心のアウトカムである.これまでにEQ—5D,SF—36など多くのQOL評価尺度が開発されてきた.また,疾患特異的なものとしてEHP—30(Endometriosis Health Profile—30),MDQ(Menstrual Distress Questionnaire)などが存在する.現在これらの尺度を用いた研究がさかんに行われており,多くの知見が蓄積されてきている.生存のみではなく生活の質を重視する現代社会において患者自身が報告するアウトカムは医療行政にも大きく影響する.
 本特集号では日常的に遭遇する産婦人科疾患もしくは女性に多くみられる疾患においてQOLをどのように捉え,考え,活用して診療に活かせるかを読者の皆様と一緒に考えてみたい.このために,本領域で第一人者の先生方に最先端の情報をわかりやすくご解説いただいた.1人でも多くの患者の真の笑顔に出会えることを祈念して.

(東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座 大須賀 穣)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2021年 Vol.88
No.3 特集/QOLを考える最新号
No.2 特集/これでわかる 婦人科稀少腫瘍
No.1 特集/最新産婦人科遺伝診療ABC
2020年 Vol.87
No.12 特集/女性のうつに強くなる
No.11 特集/着床を考える
No.10 特集/分子標的薬を極める−基礎から臨床まで−
No.9 特集/もう胎児付属物とはいわせない!−胎盤,臍帯,羊水−
No.8 特集/プレコンセプションケアってなに?
No.7 特集/異所性妊娠の最新診療
No.6 特集/婦人科がん臨床研究のトレンドを知る
No.5 特集/妊娠糖尿病の理解を深めよう
No.増刊号 特集/やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題
No.3 特集/婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル
No.2 特集/一から学びなおす 婦人科がん化学療法有害事象の管理
No.1 特集/早産!
2019年 Vol.86
No.12 特集/オフィスギネコロジーにおける脂質管理
No.11 特集/新時代の子宮鏡診療
No.10 特集/どうする 再発婦人科がん
No.9 特集/エキスパートに聞く 産婦人科超音波ABC
No.8 特集/漢方の今,これから
No.7 特集/広がる子宮内膜症の世界
No.6 特集/腹式広汎子宮全摘術のすべて
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病理診断・麻酔
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ