HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:チャイルドヘルス

チャイルドヘルス

21世紀の子どもの保健と育児を支援する雑誌

子どもの保健と育児に関する話題・情報・研究を紹介し,やさしく解説.

子どものこころと身体を安全に育てるために,どうすればよいかを考える.

保育の現場ですぐに活かせる,日常生活に密着した内容.

偏見によらず,科学に裏づけされた内容.

2018年 Vol.21 No.9 2018-08-29

子どもの感染症「すべきこと」「すべきで

定価:本体1,500円+税

冊 
次号予告

2018年 Vol.21 No.10 2018年09月発売予定
特集/言い伝えを科学する


今後の特集(予定)

Vol.21 No.11 特集/こんなとき,この漢方薬が味方です

Vol.21 No.12 特集/子どものけがのホームケア

ページの先頭へ戻る

Contents

Myオピニオン
児童虐待への対応力…齊藤万比古
【特 集】子どもの感染症 「すべきこと」「すべきでないこと」
(企画の言葉…成相昭吉)
1 抗原迅速診断はだれにする?: RSウイルスとヒトメタニューモウイルス…鈴木英太郎
2 抗原迅速検査はだれにする?:インフルエンザウイルス…田中敏博
3 抗原迅速検査はだれにする?:アデノウイルス…成相昭吉
4 抗原迅速検査はだれにする?:A群レンサ球菌…井上紳江
5 幼児・学童のくり返す扁桃炎の正体~PFAPA症候群~…大石 勉
6 発熱した生後7~90日未満の新生児・乳児への対応…南 希成
7 任意接種ワクチンの重要性:ロタウイルスワクチン…大石智洋
8 任意接種ワクチンの重要性:1歳以上のB型肝炎ウイルスワクチン…佐藤琢郎,酒井愛子,須磨崎 亮
9 任意接種ワクチンの重要性:ムンプスのワクチンはなぜ任意のままなの?…橋本裕美
Column 発熱した子どもに「取りおいていた抗菌薬」は飲ませていいの?…西村龍夫
Column A群レンサ球菌扁桃炎後に尿検査は必要ですか?…松本真輔

【連 載】
◆ここが知りたい 子どもの薬 第1回
 薬局のOTC医薬品って何? 上手な準備と使い方は?…石川洋一
◆小児保健・医療「すべきこと」「すべきでないこと」 第3回
 急性虫垂炎の保存的治療~“すべきこと”“すべきでないこと”~…黒田達夫
◆できたが増える できる体のつくり方 第4回
 靴下が上手に履けない!…笹田 哲
◆スウェーデンでの研究生活はアドベンチャラス 第4回
 スウェーデンの休日…武内 一
◆くま先生の小さなお話し会 第45回
 虫の話…松田幸久

【研究・報告】
学童期に孤食を経験した思いと青年期の食事観に与える影響…浅井佳士

ページの先頭へ戻る

特集のねらい

 「医療化(medicalization)」は,「医療的問題でなかった事象が,医療の問題として取り扱われ,検査や治療の対象となっていくこと」を意味します。これに対し,「脱医療化(demedicalization)」は,「かつて検査や治療の対象となっていたものが,その対象から外れること」を意味します。
 私たち小児科医が毎日行っている子どもの感染症診療でも,「このままでいいのかな?」と思われる慣習は,少なくないように思います。また,“情報洪水時代”の今,インターネットから溢れ出る情報に子どもの養育者も右往左往しています。
 横浜から故郷の出雲に戻って2年経ちましたが,これは,都市部でも僻地でも変わらないと感じています。このような状況でこそ,養育者の不安を少なくするために,小児科医や小児保健に携わる者から,子どもの感染症に関する適切な情報を発信し,対応し,養育者に啓発することが大切と思います。
 今回,この「医療化」と「脱医療化」を,“コモンディジーズ”の子どもの感染症を対象に考えてみる必要があると思い,特集を企画しました。臨床診断のポイントや検査を実施する対象の選択,いまだ任意接種となっているワクチンについて,「すべきこと」「すべきでないこと」をご教示いただいています。
 役立つ情報が満載です。ぜひ,ご一読ください。

(島根県立中央病院小児科/成相昭吉)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2018年 Vol.21
No.9 特集/子どもの感染症「すべきこと」「すべきで最新号
No.8 特集/日常生活や遊びからの学び
No.7 特集/脱水って何? 命にかかわるの!?
No.6 特集/LD(学習障害)を支援する
No.5 特集/変貌する子どもの細菌感染症
No.4 特集/これってアレルギー?
No.3 特集/乳幼児の受診FAQ
No.2 特集/いま求められる子育て支援
No.1 特集/外国人の子どもたちを診る・守る
2017年 Vol.20
No.12 特集/子どもたちとサバイバル〜対災力の育て方〜
No.11 特集/身近なペットからうつる子どもの感染症
No.10 特集/子どもの眠りの最新事情
No.9 特集/学校保健の新たなる課題への対応 Part?〜
No.8 特集/気づかれにくいアレルギー
No.7 特集/妊娠中から乳児期の母子を支える
No.6 特集/ペアレント・プログラム
No.5 特集/感染対策の視点で考える乳幼児のウイルス感
No.4 特集/子どもの事故(傷害)〜実態を知って防止し
No.3 特集/学校保健の新たなる課題への対応 Part?
No.2 特集/入園入学に備えて
No.1 特集/サプリメントについて考えてみよう!
2016年 Vol.19
No.12 特集/進化する感染症
No.11 特集/子どもの栄養の最新情報〜第3次食育推進
No.10 特集/アレルギー診療のこれまでとこれから
No.9 特集/問診からアプローチする
No.8 特集/夏のトラブル〜予防と対策
No.7 特集/夏のチャレンジ(夏休みの過ごし方 part?)
No.6 特集/子どもの味方・漢方処方箋
No.5 特集/発達障害Update
No.4 特集/国際化で身近になる感染症
No.3 特集/Happy保育園ライフを目指して-体調管理(耳
No.2 特集/社会的養護の子どもたち
No.1 特集/乳幼児健診で見つかる病気の見つけ方
2015年 Vol.18
No.12 特集/子どもの在宅医療
No.11 特集/夜尿症は治そう!
No.10 特集/子どものかぜ薬何がホント?
No.9 特集/ここまで変わった!子どものアレルギー診療
No.8 特集/子どもの痛みに対応する
No.7 特集/妊娠期からの母親支援
No.6 特集/子どもの不器用
No.5 特集/子どもの病気のトリアージ
No.4 特集/子どもが「自分をつくる」とはどういうことか
No.3 特集/子どもの外科をめぐる最近の話題
No.2 特集/いま子どもで問題となる感染症
No.1 特集/子どもの体型