HOME > 書籍詳細

書籍詳細

小児の骨の発達とその異常性診断と治療社 | 書籍詳細:小児の骨の発達とその異常性

旭川医科大学医学部小児科学 教授

藤枝 憲二(ふじえだ けんじ) 監修

岡山済生会総合病院小児科 診療部長

田中 弘之(たなか ひろゆき) 編集

初版 B5判 並製 328頁 2008年12月15日発行

ISBN9784787814289

定価:本体7,500円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


小児期における骨の障害について、小児科的立場から系統的に解説。 一読して概要が把握でき、かつup to dateで専門的な内容を盛り込んだ 小児の骨の診療に携わるすべてのスタッフ必読の書。

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

Contents

序 文
執筆者一覧

I 総 論

1 骨の細胞と骨形成,骨吸収
 ………………………………………阿部和厚  
2 骨形態形成
 ………………………………………伊藤 浩・他  
3 骨吸収と骨形成のカップリング
 ………………………………………武田英二  
4 小児の骨の特徴:成長軟骨の生物学
 ………………………………………田中弘之  
5 カルシウム代謝,ビタミンD代謝など生化学的側面からみた骨代謝の理解
 ………………………………………大薗恵一  
6 骨診療の知識
 A 骨年齢の評価
 ………………………………………佐藤真理  
 B 骨密度の評価
 ………………………………………伊東 学・他  
 C 骨代謝マーカー
 ………………………………………高谷具純・他  
 D 骨と栄養
 ………………………………………西山宗六・他  
 E 骨と運動
 ………………………………………井本岳秋・他  
 F 骨疾患の分子遺伝学
 ………………………………………池川志郎  
 G 早産児と骨代謝
 ………………………………………楠田 聡  
 H 肝疾患と骨代謝
 ………………………………………窪田 満  
 I 腎疾患と骨代謝
 ………………………………………内山 聖  
 J リウマチ性疾患と骨代謝
 ………………………………………横田俊平  
 K 重症心身障障害児(者)と骨代謝
 ………………………………………稲毛康司  
 L 薬物療法と骨代謝
 ………………………………………田中弘之  
 M 先天代謝異常症と骨代謝
 ………………………………………井田博幸  
 N 骨疾患と歯
 ………………………………………佐藤亨至  
 O 骨系統疾患の国際分類とX線所見
 ………………………………………西村 玄 

II 各 論

1 血清電解質異常によるもの
 A 低カルシウム血症
 ………………………………………大関武彦・他  
 B その他の高カルシウム血症
 ………………………………………大関武彦・他  
 C 副甲状腺機能低下症
 ………………………………………皆川真規  
 D 偽性副甲状腺機能低下症
 ………………………………………皆川真規  
 E 新生児低カルシウム血症
 ………………………………………神崎 晋・他  
 F マグネシウム異常によるもの
 ………………………………………高屋淳二・他  
 G リンの異常
 ………………………………………神崎 晋・他  
 H 副甲状腺機能亢進症
 ………………………………………佐藤孝平  
2 代謝性骨疾患
 A ビタミンD欠乏性くる病
 ………………………………………松尾公美浩・他  
 B ビタミンD依存性くる病
 ………………………………………北中幸子  
 C 低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病
 ………………………………………田島敏広  
 D Fanconi症候群,腎尿細管性アシドーシス
 ………………………………………五十嵐 隆  
 E 低ホスファターゼ症
 ………………………………………大園恵一  
 F 薬剤誘導性くる病・骨軟化症
 ………………………………………田中弘之  
 G 腎性くる症
 ………………………………………田中弘之  
 H 骨粗鬆症
 ………………………………………田中弘之  
 I グルココルチコイド誘発性骨粗鬆症
 ………………………………………田中弘之  
3 骨系統疾患
 A 骨陰影の増強をきたす疾患
 ………………………………………田中弘之  
 B 骨陰影の減少する疾患
 ………………………………………田中弘之  
 C 体型総論:四肢短縮,体幹短縮とは?
 ………………………………………蒔田芳男・他  
 D 四肢短縮を主徴とする疾患
 ………………………………………蒔田芳男・他  
 E 体幹短縮を主徴とする疾患
 ………………………………………蒔田芳男・他  
 F 骨形成不全症
 ………………………………………田中弘之  
 G 軟骨異栄養症
 ………………………………………安達昌功  
4 Turner症候群(SHOX異常症)
 ………………………………………緒方 勤  
5 Noonan症候群
 ………………………………………緒方 勤  
6 異所性石灰化と骨化
 ………………………………………田中弘之  

III 骨疾患の診断

1 画像診断
 ………………………………………江原 茂  
2 生化学的診断
 ………………………………………中村利孝  
3 組織学的診断
 ………………………………………野島孝之  

IV 骨疾患の治療

1 薬物療法
 A 骨粗鬆症
 ………………………………………田中弘之  
 B くる病
 ………………………………………松尾公美浩・他  
2 成長ホルモン,性ホルモン
 ………………………………………田中弘之  
3 骨延長術
 ………………………………………大関 覚  

V 付 録

1 成長曲線
 ………………………………………立花克彦  
2 Ossification Centers
 ………………………………………佐藤真理  
3 歯の発生と萌出
 ………………………………………佐藤亨至  
4 カルシウム,代謝性骨疾患診断に重要な検査データのまとめ
 ………………………………………武田良淳・他  
5 骨疾患に使用される薬剤一覧
 ………………………………………山田 誠・他  
6 骨密度正常値
 ………………………………………長谷川奉延  
7 骨系統疾患患者の会一覧
 ………………………………………長谷川奉延  

索 引

ページの先頭へ戻る

序文

序 文
 小児期を最も特徴づけるのは活発な成長である.約50cmで出生した新生児が1年後には1.5倍の身長になり,成人すると150〜170cmの身長になる.このダイナミックな形態の変化の背景には様々な臓器の成長が存在するのは言うまでもないことであり,力学的な裏付けである骨の成長も重要な役割を果たしている.骨の異常は成長障害の原因の一つであり,小児期に生じた骨の障害は生涯にわたり多大な影響を残す場合も少なくない.
 近年の子どもを取り巻く生活環境の変化は,骨折の増加など,子どもの骨においても大きな変化を引き起こしている.一度完全に姿を消したと思われていたビタミンD欠乏性くる病も増加していると言われる.
 また,骨代謝研究,中でも骨系統疾患における病態の解明,責任遺伝子に関する研究は日進月歩の発展を遂げており,小児の骨疾患に対する理論的な基盤も確立されつつある.さらに,治療面においてはビスフォスフォネートや活性型ビタミンD3製剤,選択的エストロゲン受容体モデュレーターなど,骨に対し強力な作用を示す薬剤が開発,日常診療の場に登場し,それらの小児への適切な使用法の確立は小児科診療に携わる者の急務ともなってきている.
 しかしながら,国内外で小児の骨について,小児科的立場から系統的に述べられた書籍は少なく,小児の骨の異常に対する診療に支障をきたす場面も少なくなかったと推察する.
 このような背景をもとに本書が企画された.本企画では子供の骨全般についての知識の整理を第㈵章で行い,小児期の代表的骨疾患についての各論を第㈼章に,そして診断・治療について第㈽,㈿章で述べた.一読して概要が把握でき,かつup to dateで専門的な内容も盛り込むよう心がけたが,冗長もしくは不十分なところも多く,読者の方々からの御批判も謹んでお受けしたいと考えている.この本が小児科医のみならず,小児の骨の診療にかかわる他分野の方々にもお役に立てればうれしい限りである.
 最後に多忙にもかかわらず本書の各章をご執筆いただいた諸先生方に感謝するとともに,診断と治療社の諸氏の多大な叱咤激励があって発刊にこぎつけたことに深く感謝申し上げる.


2008年11月吉日
岡山済生会総合病院小児科
診療部長 田中弘之
旭川医科大学医学部小児科学
教 授 藤枝憲二