HOME > 書籍詳細

書籍詳細

大腸疾患の内視鏡診断と治療診断と治療社 | 書籍詳細:大腸疾患の内視鏡診断と治療

慶應義塾大学消化器内科

日比 紀文(ひび としふみ) 監修

慶應義塾大学包括先進医療センター

岩男 泰(いわお やすし) 編集

初版 B5判 並製 223頁 2006年10月17日発行

ISBN9784787814678

定価:本体7,500円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


内視鏡画像をふんだんに使用し,初学者から中級者に向けて贈る大腸疾患の診断書.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

序文
執筆者一覧
Ⅰ.下部消化管疾患のoverview
 ………………………………………五十嵐正広

Ⅱ.下部消化管(小腸・大腸)疾患への診断的アプローチ
1.注腸X線造影検査
 ………………………………………杉野吉則
2.大腸内視鏡検査
 a.大腸の解剖と正常大腸内視鏡
 ………………………………………植田健治・他
 b,大腸内視鏡挿入法
 ………………………………………安藤正夫
3.小腸内視鏡検査
 a.小腸の正常内視鏡像
 ………………………………………林 芳和・他
 b.小腸内視鏡挿入法(ダブルバルーン法)
 ………………………………………矢野智則・他
 c.カプセル内視鏡
 ………………………………………緒方晴彦
4.拡大内視鏡
 ………………………………………池松弘朗・他
5.内視鏡的超音波断層法
 ………………………………………掛村忠義

Ⅲ.腫瘍性疾患
1.腫瘍性疾患の診かた
 ………………………………………鶴田 修・他
2.大腸ポリープ
 ………………………………………岡 志郎・他
3.ポリポーシス
 ………………………………………松本主之
4.大腸がん
 a.早期がん
 平坦型・陥凹型
 ………………………………………樫田博史
 隆起型
 ………………………………………寺井 毅
 LST
 ………………………………………藤井隆広・他
b.進行がん
 ………………………………………遠藤 豊
5.非上皮性腫瘍
a.腸管悪性リンパ腫の肉眼像と治療
 ………………………………………角川康夫・他
b.カルチノイド腫瘍Carcinoidtumor(diagnosis and treatment)
 ………………………………………今枝博之・他
c.その他の非上皮性腫瘍(脂肪腫・血管腫・リンパ管腫)
 ………………………………………藤沼澄夫・他

Ⅳ.炎症性疾患
1.炎症性疾患の診かた
 ………………………………………牧山和也
2.潰瘍性大腸炎
 ………………………………………松井敏幸
3.Crohn病
 ………………………………………岩男 泰
4.腸型Behcet病・単純性潰瘍
 ………………………………………小林清典
5.感染症腸炎
 ………………………………………平田一郎
6.虚血性大腸炎
 ………………………………………大川清孝
7.その他の血管性病変
 ………………………………………青柳邦彦・他
8.薬剤性大腸炎
 ………………………………………清水誠治
9.その他の下部消化管疾患
a.放射線性腸炎
 ………………………………………井上 詠
b.腸管子宮内膜症
 ………………………………………大島敏裕・他
c.アミロイドーシス
 ………………………………………多田修治
d.粘膜脱症候群(MPS)
 ………………………………………押谷伸英
e.Cap polyposis
 ………………………………………赤松泰次
f.腸管囊腫様気腫症
 ………………………………………今枝博之・他
索引

ページの先頭へ戻る

序文

序文
 消化器診療における下部消化管・大腸疾患の比重は近年増すばかりである.大腸がんによる死亡率は,肺がん,胃がん次いで第3位を占め,女性では死因全体の第1位に躍り出た.また,上部消化管に比べて下部消化管には数多くの炎症性疾患が存在し,その症候,病態も非常に多彩である.中でも炎症性腸疾患の患者数は著しく,その病態解明,治療法の開発は急務である.炎症性疾患の診断に際して,病理組織所見が必ずしもgold standardとなり得ない場合が少なからずあり,的確に診断し適切な治療を行うためには,多様な大腸疾患の特徴をよく理解しておく必要がある.
 本書の企画・編集にあたって日常の大腸疾患診療の現場,すなわち検査室やベッドサイドで活用できる実践的目的を目指した.まず診断的アプローチとして,大腸疾患診断に必須である各種検査法の実際を解説し,特に本書の中心である大腸内視鏡検査については,安全でスムースな検査を行うための基本事項についても詳述してある.最近のトピックスともいえるカプセル内視鏡,ダブルバルーン小腸内視鏡の項をもうけ,大腸のみならず小腸の画像診断・治療にも紙数を割き,最新の知見も含めて紹介した.近年の内視鏡機器の進歩により,ルーチン検査の延長として施行可能になった拡大内視鏡や超音波内視鏡についても,検査室で参照しながら利用できるように配慮してある.各論の項では腫瘍性疾患に対しては診断のみならず,近年急速に発展した内視鏡的治療手技について詳細な解説を加えるとともに,炎症性疾患ではできる限り多くの内視鏡写真・画像を掲載することで視覚に訴える構成とした.その結果,比較的コンパクトな書物でありながら,内視鏡アトラスとしても十分通用する内容になったと自負している.該当する疾患に出合ったとき,また鑑別に迷うときに,その場で本書を紐解いて頂ければ解決の糸口がつかめると思う.
 本書は当初,研修医およびレジデント,一般内科医・外科医を対象として企画したが,ベテランの専門医さらには指導医の先生方にも十分参考になる充実した内容になった.基本と臨床応用の最先端まで,この一冊で現時点における大腸疾患の内視鏡診断と治療のすべてを含んでいるといって過言ではない.お忙しい中,編集意図を十分に汲み取ってご協力頂いた執筆者の先生方に感謝の意を表したい.
 近年の大腸領域の診療の目覚しい発展は,内視鏡機器の進歩と歩みをともにした大腸内視鏡検査の普及に負うところが少なくない.内視鏡下に採取した組織は,分子生物学的なアプローチによって基礎研究の飛躍的な発展に寄与している.下部消化管・大腸は,内視鏡を通じて基礎と臨床との融合が実現した希有な領域の一つである.本書が日常の臨床現場で役立つことを願うとともに,本書で学ばれた若い先生方が大腸疾患の不思議さ面白さを感じとり,その病態追求に興味を持って頂くことがあれば,監修者として望外の喜びである.

 2006年10月
 慶應義塾大学医学部消化器内科教授 日比紀文