HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:脳と発達

脳と発達

日本小児神経学会の機関誌で,日本を大豊する小児神経専門誌.

2023年 Vol.55 No.3 2023-04-27

定価:1,980円(本体価格1,800円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

=巻頭言=
小児神経専門医制度と専門医の育成  福田冬季子

=小児神経施設紹介=
小児神経学と子どもの心の診療・研究拠点をめざして  久留米大学小児科

=リレーエッセイ=
自分なりのバランスで  土方 希

=特集・第64回日本小児神経学会学術集会=
(2022年6月2日~5日,高崎+ライブ配信・6月7日~7月4日,オンデマンド配信)
<企画シンポジウム6:難治性小児神経疾患の新生児スクリーニング国内新規導入の現状と課題>
序論  下澤伸行,中村公俊
脊髄性筋萎縮症における新生児スクリーニング,現状と課題
  齋藤加代子,加藤 環,松尾真理,浦野真理,池田有美
副腎白質ジストロフィー  下澤伸行
将来的導入が検討される難治性小児神経疾患の課題と可能性  酒井規夫
公的支援に向けての政策的な選定基準作成  但馬 剛
<企画シンポジウム9:筋疾患の新たな治療導入による変化と課題>
序論  石川悠加,松尾雅文
Duchenne型筋ジストロフィーの治療薬研究の最新情報  竹島泰弘
福山型先天性筋ジストロフィーの最近の治療開発の動向  石垣景子
先天性ミオパチーの診断と研究のup-to-date  小笠原真志
筋疾患の予後変化を見据えた課題への取り組み  里 龍晴
<小慢・指定難病に関する委員会主催セミナー>
脊髄性筋萎縮症の新生児マススクリーニング:現状と課題  佐久間 啓,山下裕史朗

=症例報告=
特徴的な脳波速波活動を認め臭化カリウムが有効であったGABRB3 関連てんかんの1例
  品川 穣,水野むつみ,秋山麻里,竹内章人,板井俊幸,
  宮武聡子,松本直通,加藤光広,小林勝弘
幼児期に神経・筋疾患と鑑別診断したCamurati-Engelmann病の2例
  中井理恵,柳原恵子,桒山良子,池田 妙,最上友紀子,
  西川正則,岡本伸彦,田村太資,道上敏美,鈴木保宏

=地方会=
第77回日本小児神経学会関東地方会(2022.10.22)

=報告=
第20回「医療的ケア」研修セミナー  亀井 淳,藤井克則,宮本雄策

=ニュース=
専門医ニュース
共同研究支援ニュース
人事往来
内外の学術集会
令和4年度福山・加我アワード
国際学会での本学会会員受賞のお知らせ
マイページへのメールアドレス登録,登録状況ご確認のお願い
第29回国立精神・神経医療研究センター小児神経セミナー
第68回・69回筋病理セミナー

=議事録=
理事会
社会保険薬事委員会社会保険小委員会
脳と発達編集委員会

編集後記

ページの先頭へ戻る

バックナンバー一覧

2024年 Vol.56
No.2最新号
No.1
2023年 Vol.55
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2022年 Vol.64
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2021年 Vol.53
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1