HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:脳と発達

脳と発達

日本小児神経学会の機関誌で,日本を大豊する小児神経専門誌.

2023年 Vol.55 No.4 2023-06-28

定価:1,980円(本体価格1,800円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

=巻頭言=
消えゆくチーズ 藤井克則

=小児神経施設紹介=
神奈川の小児医療の「最後の砦」 神奈川県立こども医療センター神経内科

=リレーエッセイ=
犀の角のように歩む 加藤郁子

=特集・第64回日本小児神経学会学術集会=
(2022年6月2日~5日,高崎+ライブ配信・6月7日~7月4日,オンデマンド配信)
<会長講演>
新たなる創造とその調和 ―35年前の君に―  山内秀雄
<社会活動・広報委員会主催セミナー>
小児神経疾患の緩和ケアについて考える ~小児神経科医としてできることとは~  余谷暢之,宮本雄策
神経発達症児の移行期医療支援について 宮本雄策,山下裕史朗

=原著論文=
Rett症候群児(者)の手の常同運動についての保護者の考え
       平野大輔,後藤純信,勝二博亮,谷口敬道
小児の焦点てんかん患者におけるlacosamide単剤療法とlevetiracetam単剤療法の有効性と安全性の比較
       佐々木夏澄,藤井裕士,大野綾香,出雲大幹,板村真司,佐藤友紀,岡野里香

=症例報告=
軽微な頭部打撲後に片麻痺と意識障害が遷延し片麻痺性片頭痛が疑われたRHOBTB2関連疾患例
       河合泰寛,西條晴貴,田辺仁彦,池田 梓,露崎 悠,辻 恵,井合瑞江,黒澤健司
       小崎健次郎,後藤知英
Basilicata-Akhtar syndrome derived from a nullisomy of the MSL3 region in a Japanese boy
(MSL3領域のヌリソミーで生じたBasilicata-Akhtar症候群の日本人男児例)
       花房宏昭,森貞直哉,長坂美和子,叶 明娟,野口裕子,長野智那,野津寛大,粟野宏之
Methotrexate髄腔内投与後に認知機能が改善した抗NMDA受容体脳炎の15歳女子例
       木村洋介,近藤秀仁,短田浩一,小俣 卓,西田眞佐志
不随意運動で発症しarterial spin labeling(ASL)画像で脳血流分布異常を認めた抗NMDA受容体脳炎の1歳男児例
       島田浩平,仲村貞郎,小谷実華子,名嘉山賀子,浜田和弥,兼次拓也,金城紀子,知念安紹
       岩井剛史,荒木(福岡)かほる,高橋幸利,中西浩一

=短報=
病院前治療として使用したmidazolam口腔用液の臨床的検討
       九鬼一郎,松原康平,石岡梨紗子,山田直紀,井上岳司,温井めぐみ,岡崎 伸

=地方会=
第94回日本小児神経学会九州地方会(2023.1.8)
第78回日本小児神経学会関東地方会(2023.3.4)

=報告=
第52回小児神経学セミナー 熊田聡子,城所博之
第17回子どものこころのプライマリケア・セミナー 宮崎雅仁,藤井克則,宮本雄策

=訃報=
故 有馬正髙先生(1929-2022)を偲ぶ 加我牧子

=ニュース=
専門医ニュース
共同研究支援ニュース
人事往来
内外の学術集会
米子セミナー
訃報
第8回小児神経学サテライトセミナー
第21回「医療的ケア」研修セミナー

=議事録=
理事会
専門医委員会
保育・療育・教育機関におけるけいれん・てんかん児の発作・生活管理WG

編集後記

ページの先頭へ戻る

バックナンバー一覧

2024年 Vol.56
No.2最新号
No.1
2023年 Vol.55
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2022年 Vol.64
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2021年 Vol.53
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1