HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載「視診で見抜く!皮膚疾患の診かた」「注目の新薬」など.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2024年 Vol.112 No.6 2024-06-05

大きく変貌したリハビリテーション医療

定価:2,970円(本体価格2,700円+税)

冊 

電子版はこちらからご購入いただけます.
※価格は書店により異なる場合がございます.


(外部サイトに移動します)

(外部サイトに移動します)

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい  上月正博

総論
 リハビリテーションの大変貌 内科でも活かせるTIPS  上月正博

各論:領域別のリハビリテーション医療
 脳血管障害急性期のリハビリテーション医療  角田 亘
 脳血管障害回復期のリハビリテーション医療  補永 薫,藤原俊之
 高次脳機能障害のリハビリテーション医療  羽田拓也,安保雅博
 認知症のリハビリテーション医療  粟田主一
 てんかんリハビリテーション  藤川真由,小川舞美,中里信和
 摂食嚥下障害のリハビリテーション医療  國枝顕二郎,藤島一郎
 心臓リハビリテーション―心筋梗塞・心不全など―  福本義弘
 呼吸リハビリテーション―慢性閉塞性肺疾患・間質性肺炎など―  海老原 覚,小畑景祐
 腎臓リハビリテーション  伊藤 修
 肝臓リハビリテーション  上村博輝,寺井崇二
 重度肥満症に対する減量・代謝改善手術と運動療法の役割  内藤 剛
 悪性腫瘍のリハビリテーション医療  櫛田 幸,村岡香織,辻 哲也
 腰痛・膝痛のリハビリテーション医療  津田英一
 フットケアとリハビリテーション医療  石岡邦啓,小林修三
 転倒・介護予防のリハビリテーション医療  萩野 浩

最新情報
 ロボットのリハビリテーション医療への導入  粕川雄司,宮腰尚久
 ICTのリハビリテーション医療への導入―遠隔心臓リハビリテーションを中心に―  谷口達典
 デジタルセラピューティクス(DTx)のリハビリテーション医療への導入  三浦平寛
 COVID-19後遺症患者へのリハビリテーション医療  佐々木信幸

座談会
 高尿酸血症と合併症~CVD残余リスクとして薬剤介入を考える~  提供:株式会社富士薬品

連載
新連載 ジェネラリストのための咽頭のみかた
 口内炎が治りません!  小藤 望
注目の新薬
 パルモディアⓇ XR錠(ペマフィブラート)  山下静也
弁護士が答えます! 法律相談クリニック
 スタッフによる資料の持ち出しや紛失が判明したときは?  太田善大

臨床例
 メポリズマブが長期間安全に使用し得た,超高齢者難治性好酸球性喘息の1例  渡邉恵介,ゴルベヴ美菜子,川田 博,岡田秀雄,金子 猛

ページの先頭へ戻る

ねらい

 わが国は世界一の超高齢社会に突入し,重複障害を有する患者が激増している.内科診療で感じることは,対象患者の複数の臓器機能の低下と脳神経疾患や運動器疾患などの合併,フレイル・サルコペニアなどからもたらされる運動機能・生活機能の低下である.
 運動機能・生活機能の低下は,認知機能の低下,摂食・嚥下機能の低下による誤嚥性肺炎などを伴い,生命予後を短縮する.患者の生活の質を低下させ,家族の介護負担を増やす.
 超高齢・重複障害に対する医療の切り札として注目されているのがリハビリテーション医療である.リハビリテーション(以下,リハビリ)の語源は「再び適した状態にすること」という意味である.広辞苑にも「治療段階を終えた疾病や外傷の後遺症をもつ人に対して,医学的・心理学的な指導や機能訓練を施し,機能回復・社会復帰をはかることである」と載っている.
 しかし,リハビリはこの10年で大きな進歩を遂げ,その概念が変化し,対象疾患が拡大してきた.かつては,医療は「寿命の延長(Adding Years to Life)」が,リハビリは「生活・運動機能の改善や生活の質の改善(Adding Life to Years)」が主目的と考えられたが,その概念が変化した.すなわち,リハビリは,心不全などの予防・再発予防などを通じて“Adding Life to Years”のみならず,「生活・運動機能の改善や生活の質の改善に加えて寿命の延長(“Adding Life to Years and Years to Life”)」というパラダイムシフトが起きて,「理想の医療」となってきた.
 対象疾患の変化に関して,従来は安静が治療であった心不全,慢性腎臓病,肝疾患などにも積極的なリハビリ(運動療法)が推奨され,リハビリ医療の対象者が激増した.さらに,ロボット,ICT,デジタルセラピューティクス(DTx)など最新技術の導入も行われており,最近のリハビリ医療の変貌ぶりには目を見張るものがある.
 本特集では,超高齢・重複障害に対する医療の切り札として,内科でも活かせるリハビリ医療をエキスパートの先生に解説いただいた.この特集が,一般医家の先生のみならず,リハビリ医療の専門の医師も含めた多くの読者に役立つことができるものと確信している.

山形県立保健医療大学/東北大学
上月正博

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2024年 Vol.112
No.7 特集/スキルアップ心不全治療-診断からフォローまで最新号
No.6 特集/大きく変貌したリハビリテーション医療
No.5 特集/日常診療で診るCKD 乗り遅れないための最新情報
No.4 特集/Choosing Wisely 内科医の賢明な選択とは
No.増刊号 特集/よくわかる!精神疾患対応 これ1冊
No.3 特集/感染症を鑑別したあとは? 非感染性腸炎を見極める!
No.2 特集/ココが変わった 肥満症診療の最前線
No.1 特集/フレッシャーズからベテランまで いま知りたい心房細動治療
2023年 Vol.111
No.12 特集/NASH/NAFLDアップデート:患者数急増時代の実践ガイド
No.11 特集/頭痛診療の新たなステージ
No.10 特集/心筋炎・心膜炎,感染性心内膜炎を診る,治す
No.9 特集/動脈硬化性疾患・脂質異常症Update
No.8 特集/原因不明で経過する発熱,不明熱患者のみかた
No.7 特集/食道癌・胃癌・大腸癌,最近の診療を知る
No.6 特集/知っておきたい関節痛のみかた・考えかた
No.5 特集/甲状腺疾患アップデート:明日から役立つ最新知見
No.4 特集/虚血性心疾患:日常診療から専門医による治療まで
No.増刊号 特集/ポストコロナ時代の感染症診療
No.3 特集/日常診療における内分泌疾患
No.2 特集/外来通院患者に行う検査
No.1 特集/知っておきたい肝胆道疾患診療の最近の話題
2022年 Vol.110
No.12 特集/日常診療でみる二次性心筋症・全身疾患関連の心障害
No.11 特集/今おさえておきたい呼吸器診療
No.10 特集/心血管病の治療薬・予防薬の進歩
No.9 特集/歯周病が及ぼす全身疾患への影響
No.8 特集/患者指導,医師のこの一言が患者を変える
No.7 特集/消化管疾患と感染の最前線
No.6 特集/下部尿路機能障害(排尿障害)へのアプローチ
No.5 特集/認知症を取り巻く現状:バイオマーカー,根本治療薬ってなに?
No.4 特集/知っておきたい血栓予防療法のエッセンス
No.増刊号 特集/明日の診療に役立つ 消化器内視鏡これ1冊
No.3 特集/かかりつけ医からみた糖尿病診療
No.2 特集/続・診断困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.1 特集/慢性便秘症診療の最前線
2021年 Vol.109
No.12 特集/一般内科医に役立つ抗リウマチ薬の最新知識
No.11 特集/新型コロナウイルス感染症 理解と対策の現状
No.10 特集/血管炎の診断と治療:エッセンスと今後の展望
No.9 特集/オンライン診療・医療AI最前線
No.8 特集/健康食品・サプリメントを知る
No.7 特集/増えている大人の消化管アレルギー
No.6 特集/大きく進歩した造血器腫瘍の診断と治療
No.5 特集/脳卒中:内科医が知っておくべき最新診療
No.4 特集/一般内科医が知っておきたい最新の心筋症診療
No.増刊号 特集/診断と治療の手技−診察室これ1冊−
No.3 特集/輸液療法の基礎と実践
No.2 特集/最新の花粉症診療
No.1 特集/内科外来で見る急性腹症診療:見落とさないコツ