HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2020年 Vol.87 No.4 2020-03-19

産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題

定価:本体2,900円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 髙松 潔

1.女性と旅行医学 / 小川富雄
2.外国人受診者の対応上の注意点 / 堀 成美
3.海外渡航者の診察時に注意すべき感染症 / 宇野俊介
4.医療通訳の現状と問題点 / 森田直美
5.医療ツーリズムの現状と問題点 / 寺野 彰
6.外国人患者の未収金問題 / 二見 茜
7.いわゆる時差ボケとその対策 / 白川修一郎・他
8.エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症) / 上芝 元
9.妊婦の旅行時の注意点 / 山本祐華
10.海外旅行に伴う性感染症 / 小西啓司
11.海外渡航者への投薬上の注意点 / 櫻井眞理子
12.渡航ワクチンの考え方とトラベルクリニックのあり方 / 宮津光伸
13.海外での病院のかかり方―先進国をモデルとして― / 篠塚 規
14.英文医療情報提供書の書き方 / 田村謙太郎
15.最近の国際テロリズム情勢 / 増田一人

連載
若手の最新研究紹介コーナー
MiR—522 modulates paclitaxel resistance in ovarian cancer cells / 宮本真由子

来たれ! 私たちの産婦人科 第40回
筑波大学附属病院産科・婦人科 / 小畠真奈

原著
帝王切開術後創部感染におけるリスク因子の検討 / 北野佐季・他
ホルモン補充療法(HRT)にレボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG—IUS)を利用している患者数の実態把握 / 高橋法子・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 今でこそ修学旅行が海外というのも珍しくありませんが,30年前に私が留学した頃ですら,海外旅行というと覚悟を決めて出かける一大イベントでした.しかし,近年,情報入手も容易になり,ハードルが下がったようで,患者が国内はもとより海外旅行に出かけることも少なくないと思います.いわゆる「マタ旅」,マタニティ旅行を勧めるサイトまであります.これとともに,旅行に伴う注意点や疾患の予防に関して質問されることも増えてきました.人の移動の安全と快適を求める医学として旅行医学という分野がありますが,産婦人科医には系統的に学ぶ機会は少なく,これらに対しては苦慮することも多いと思います.
 一方,東京オリンピック・パラリンピックも近づき,訪日外国人は増加しています.従来の「爆買い」を目的とした訪日は落ち着いてきたものの,観光立国の実現を目指しているわが国では積極的に世界の観光需要を取り込もうとしていることもあり,今後もますます訪日外国人は増えることが見込まれます.最近,新型コロナウイルスが騒ぎになっていますが,病気になって受診するケースも増えているようであり,外国人を診察する機会が多くなってきました.また,観光と医療サービスをセットにした旅行である医療ツーリズムの市場も拡大しており,自国では受けることができない高度で割安な医療サービスを求めて,特に富裕層が来日してきています.政府も医療を「国家の観光資源」として捉え,医療ツーリズムを国の政策として推進していますから,施設の方針として医療ツーリストの受け入れに積極的な病院も出てくるものと思われます.しかし,実際の診療においては,言葉の壁は高いですし,日本の医療体制や患者の母国との考え方の違いをどのように伝え,納得していただくのかは大きな問題です.さらに未収金については病院経営にも影響しますから避けては通れません.
 そこで本特集号では,産婦人科医も国境を越えた人的往来の増加に対応できるようになるために,専門家の先生方に自院の患者が旅行する場合,特に海外渡航する場合にアドバイスできることを目的に旅行医学の基礎知識をまとめていただくとともに,増加しているインバウンドしてきた外国人を診察する際の問題点と対応方法について概説いただきました.明日からの診療の一助となれば幸いです.

(東京歯科大学市川総合病院産婦人科 髙松 潔)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.87
No.10 特集/分子標的薬を極める−基礎から臨床まで−最新号
No.9 特集/もう胎児付属物とはいわせない!−胎盤,臍帯,羊水−
No.8 特集/プレコンセプションケアってなに?
No.7 特集/異所性妊娠の最新診療
No.6 特集/婦人科がん臨床研究のトレンドを知る
No.5 特集/妊娠糖尿病の理解を深めよう
No.増刊号 特集/やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題
No.3 特集/婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル
No.2 特集/一から学びなおす 婦人科がん化学療法有害事象の管理
No.1 特集/早産!
2019年 Vol.86
No.12 特集/オフィスギネコロジーにおける脂質管理
No.11 特集/新時代の子宮鏡診療
No.10 特集/どうする 再発婦人科がん
No.9 特集/エキスパートに聞く 産婦人科超音波ABC
No.8 特集/漢方の今,これから
No.7 特集/広がる子宮内膜症の世界
No.6 特集/腹式広汎子宮全摘術のすべて
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病理診断・麻酔
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ
2017年 Vol.84
No.12 特集/HRTガイドライン2017年度版 改訂の要点と最近の話題
No.11 特集/子宮腺筋症と稀少部位子宮内膜症の最新の取り扱い
No.10 特集/次世代への予防医療―DOHaDを活かす
No.9 特集/今日からできる最新の産婦人科ケア
No.8 特集/女性の将来の健康のために―疾患・病態相互の関連
No.7 特集/産婦人科領域における難病を考える
No.6 特集/他科エキスパートが教える婦人科医のための合併症管理
No.5 特集/産科出血に立ち向かう
No.増刊号 特集/知らなきゃ困る 産婦人科小手術
No.4 特集/骨粗鬆症ベストプラクティス
No.3 特集/Non-ARTの不妊症診療
No.2 特集/ここが知りたい 産婦人科周術期管理
No.1 特集/産科領域における遺伝診療の最前線
2016年 Vol.83
No.増刊号 特集/産婦人科処方実践マニュアル
2015年 Vol.82
No.増刊号 特集/よくわかる検査と診断
2014年 Vol.81
No.増刊号 特集/産婦人科手術 Up to Date