HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2020年 Vol.87 No.5 2020-04-17

妊娠糖尿病の理解を深めよう

定価:本体2,900円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 田中 守

1.妊娠糖尿病診断・治療の歴史と未来 / 平松祐司
2.妊娠糖尿病とガイドライン / 板倉敦夫
3.アジア各国での妊娠糖尿病の現状 / 宮越 敬
4.わが国における妊娠糖尿病の多施設共同研究の現状 / 杉山 隆・他
5.妊娠糖尿病の標準治療 / 森川 守
6.妊娠糖尿病に対するベタメタゾン投与時の管理 / 伊藤 新・他
7.妊娠糖尿病の分娩期の管理 / 千草義継・他
8.妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠の母体予後 / 和栗雅子
9.妊娠糖尿病の分娩後管理 / 安日一郎
10.妊娠糖尿病患者の子どものフォローアップ / 菊池 透
11.妊娠糖尿病患者のゲノム解析 / 春日義史
12.内科医からみた妊娠糖尿病 / 安田重光・他
13.やせ妊娠糖尿病の管理 / 柳沢慶香
14.センサーつきインスリンポンプを用いた1型糖尿病合併妊娠の管理 / 山下 洋
15.持続血糖測定を用いた血糖測定の実際 / 増山 寿・他

連載
医療裁判の現場から 第20回 医療裁判に関するQ&A
無痛・吸引分娩後に児が脳性麻痺となり3年後に死亡した事例について,分娩時の過失および過失と死亡結果との因果関係の有無について争われた事案 / 水上裕嗣・他

若手の最新研究紹介コーナー
卵巣内膜症性囊胞における薬剤抵抗性に関する新規バイオマーカーのプロテオミクスによる探索 / 渡邉百恵

来たれ! 私たちの産婦人科 第41回
日本大学医学部附属板橋病院産婦人科 / 池田悠至

症例
腟壁に発生した髄外形質細胞腫の1例 / 岡田さおり・他
妊娠合併子宮頸部大細胞神経内分泌癌の1例 / 桒原万友香・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus:GDM)は,妊娠中の尿糖でスクリーニングされていたものが,米国を中心に妊娠中期の50gグルコースチャレンジテストによる糖負荷試験を妊婦全員に行う方法が導入され,血糖値をターゲットとした診断・治療のプロトコルへ舵が切られた.さらに2008年に発表されたHAPO study(N Engl J Med 2008)を受けてInternational Association of Diabetes and Pregnancy Study Groups(IADPSG)が世界統一のGDMの診断基準を作成した.わが国においても日本糖尿病・妊娠学会でIADPSG診断基準に準拠した新診断基準を作成,その後,日本産科婦人科学会,日本糖尿病学会,日本糖尿病・妊娠学会で診断基準の統一化が行われ,『産婦人科診療ガイドライン産科編2017』に記載されるようになって久しい.
 2020年11月には,GDMの診断基準をまとめたIADPSG学会が京都で開かれることになっている.近年は国際基準が重要視されるようになり,多くの病気が同じ診断基準で診断され,異なる地域でも同じ評価がされてきている.アジア・オセアニア産婦人科連合(AOFOG)でも活発な討議が行われている.東南アジアの国を中心に生活習慣病としての2型糖尿病を減らすために,多くの女性がはじめて病院を受診することとなる妊娠を通じて糖尿病の対策を行う動きが加速してきており,国をあげた事業となってきている.本特集号では,GDMの診断と治療に関する最新知識を確認するとともに,その後の生活習慣病への介入の第1歩として注目されているという内科的・小児科的な観点や国際的な現況,最新の治療装置について各分野のスペシャリストに解説をお願いすることとした.本特集号を手にすることで1人でも多くの産婦人科医にGDMに興味をもってもらうとともに,秋の京都での国際学会に参加し,その熱気を感じてもらいたいと考えている.

(慶應義塾大学医学部産婦人科 田中 守)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.87
No.12 特集/女性のうつに強くなる最新号
No.11 特集/着床を考える
No.10 特集/分子標的薬を極める−基礎から臨床まで−
No.9 特集/もう胎児付属物とはいわせない!−胎盤,臍帯,羊水−
No.8 特集/プレコンセプションケアってなに?
No.7 特集/異所性妊娠の最新診療
No.6 特集/婦人科がん臨床研究のトレンドを知る
No.5 特集/妊娠糖尿病の理解を深めよう
No.増刊号 特集/やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題
No.3 特集/婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル
No.2 特集/一から学びなおす 婦人科がん化学療法有害事象の管理
No.1 特集/早産!
2019年 Vol.86
No.12 特集/オフィスギネコロジーにおける脂質管理
No.11 特集/新時代の子宮鏡診療
No.10 特集/どうする 再発婦人科がん
No.9 特集/エキスパートに聞く 産婦人科超音波ABC
No.8 特集/漢方の今,これから
No.7 特集/広がる子宮内膜症の世界
No.6 特集/腹式広汎子宮全摘術のすべて
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病理診断・麻酔
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ
2017年 Vol.84
No.12 特集/HRTガイドライン2017年度版 改訂の要点と最近の話題
No.11 特集/子宮腺筋症と稀少部位子宮内膜症の最新の取り扱い
No.10 特集/次世代への予防医療―DOHaDを活かす
No.9 特集/今日からできる最新の産婦人科ケア
No.8 特集/女性の将来の健康のために―疾患・病態相互の関連
No.7 特集/産婦人科領域における難病を考える
No.6 特集/他科エキスパートが教える婦人科医のための合併症管理
No.5 特集/産科出血に立ち向かう
No.増刊号 特集/知らなきゃ困る 産婦人科小手術
No.4 特集/骨粗鬆症ベストプラクティス
No.3 特集/Non-ARTの不妊症診療
No.2 特集/ここが知りたい 産婦人科周術期管理
No.1 特集/産科領域における遺伝診療の最前線
2016年 Vol.83
No.増刊号 特集/産婦人科処方実践マニュアル
2015年 Vol.82
No.増刊号 特集/よくわかる検査と診断
2014年 Vol.81
No.増刊号 特集/産婦人科手術 Up to Date