HOME > 書籍詳細

書籍詳細

夜尿症診療ガイドライン2016診断と治療社 | 書籍詳細:夜尿症診療ガイドライン2016

日本夜尿症学会(にほんやにょうしょうがっかい) 編集

初版 B5判 2色 136頁 2016年06月29日発行

ISBN9784787822055

定価:本体2,800円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


日本夜尿症学会が12年ぶりに,最新のエビデンスと専門家のコンセンサスに基づいた夜尿症診療ガイドラインをまとめた.総論とCQのわかりやすい二部構成.非常にコモンな疾患である夜尿症について,検査や診断、薬物療法,アラーム療法など,夜尿に悩む患者さんを救うため,簡潔に解説.小児科医のみならず,内科医および泌尿器科医など,小児の診療にかかわるすべての医師,必読の1冊.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

刊行にあたって 
序文 
Introduction 
CQ・推奨文・推奨グレード 一覧 
夜尿症の診療アルゴリズム 

1.定義,分類
総論 1 夜尿症の定義と分類 
2.疫学,予後
総論2 夜尿症の頻度(有病率)と経過 
3.診療
総論3 夜尿症の初期診療 
総論4 夜尿症の治療総論 
総論5 夜尿症の薬物治療 
参考1 ウロセラピーとは

1.診療
1 夜尿症の診療において積極的な治療が推奨されるか 
2.検査
2 夜尿症の診療において超音波検査は推奨されるか 
3 夜尿症の診療において排尿時膀胱尿道造影は推奨されるか 
4 夜尿症の診療において尿流動態検査は推奨されるか 
3.治療
5 夜尿症の診療において生活指導は推奨されるか 
6 夜尿症の診療において排尿訓練は推奨されるか 
参考2 夜尿症の診療において夜中に起こすことは効果があるか
参考3 夜尿症の診療においておむつを使用することは有益か,弊害か
7 夜尿症の診療において便秘の精査・加療は推奨されるか 
8 夜尿症の診療において肥満の精査・加療は推奨されるか 
4.薬物療法
9 夜尿症の診療においてデスモプレシンは推奨されるか 
10 夜尿症の診療において抗コリン薬は推奨されるか 
11 夜尿症の診療において三環系抗うつ薬は推奨されるか 
5.アラーム療法
12 夜尿症の診療においてアラーム療法は推奨されるか 
参考4 アラーム療法をどのくらい続けるか
6.併用療法
13 夜尿症の診療において早期からアラーム療法とデスモプレシンを
 併用することは推奨されるか 
7.特殊治療
14 夜尿症の診療において電気・磁気刺激療法は推奨されるか 
8.併存症治療
15 夜尿症の診療において扁桃肥大の治療は推奨されるか 
参考5 男児夜尿症例に対する後部尿道弁の治療
16 夜尿症の診療において注意欠如・多動性障害(ADHD)を併存する場合,
 その治療は推奨されるか 


本書で頻用される用語の和名,英名およびその略記一覧 
索引

ページの先頭へ戻る

序文

刊行にあたって

 「夜尿症診療ガイドライン2016」の刊行にあたって日本夜尿症学会理事長として一言ご挨拶を述べさせていただきます.
 日本夜尿症学会では2004年にはじめて診療ガイドラインを作成しました.しかしその後,治療法の変遷もあり,また薬物療法だけでなくアラーム療法や一般療法に関するガイドラインの発刊を待望する声も大きくなってきたため,このたび,約12年ぶりに作成することとなりました.
 今回のガイドライン作成にあたっては,診療における適切な診断と治療の補助を目的として,夜尿症患者を第一線で診療している医師たちがその診断,治療や予後予測など診療の根拠や手順についてクリニカルクエスチョン(臨床的疑問)に回答する形式でわかりやすくまとめました.したがって本ガイドラインは本学会に所属する夜尿症を専門的に診療する医師のみならず,一般小児科医や内科医および泌尿器科医の方々の診療にも役立てていただけるものと確信しています.
 夜尿症は7歳児においても約10%に認められる有病率の高い疾患であるにもかかわらず,診断においても治療法においても確実な根拠(エビデンス)が乏しかったため,専門家の間でも診療方針に違いがありました.しかし近年,ようやく様々なエビデンスが報告されてきました.本ガイドラインにおいてはそれらの最新のエビデンスをわかりやすく解説しています.本ガイドラインが多くの実地医家の先生方の夜尿症診療に役立つとともに,夜尿症患者の悩みの解決につながれば,日本夜尿症学会理事長としては望外の喜びです.

 本ガイドラインは,「エビデンスに則った夜尿症診療ガイドライン作成」を合い言葉に,日本夜尿症学会理事を中心とした作成委員会のメンバーがボランティアで,ミーティング,ガイドライン作成のための講義受講,メール審議や文献検索を繰り返し,企画から約1年でようやく完成に到りました.この場を借りて委員の先生方の献身的なご尽力に深謝いたします.

2016年5月
日本夜尿症学会理事長
金子一成



序 文

 日本夜尿症学会より,金子一成理事長の監修のもと「夜尿症診療ガイドライン2016」の作成を,約1年3か月の時間をかけて10名の委員とともに行ってきました.
 日本の夜尿症の診療と研究の歴史は,世界に誇れるものであり,本学会では2004年にガイドラインを作成しました.2000年代に入ってからコクランレビューをはじめとする研究論文に対するメタアナリシスの成果がまとめられ,国際小児尿禁制学会(International Children’s Continence Society:ICCS)や英国国立医療技術評価機構(National Institute for Health and Care Excellence:NICE)などより,診断・治療に関して詳細なガイドラインの提示があり,また,この10余年の間に,特に薬物治療の飛躍的進歩があり,日本の診療体系の整理が必要に迫られてきました.
 学童における夜尿症の有病率は6~10%弱と決してまれではなく,多くの医療従事者がその対応にかかわっていますので,本学会を中心に関係領域の方々との連携に配慮してガイドライン作成作業を行いました.
 本ガイドラインは,公益財団法人日本医療機能評価機構による「Minds診療ガイドライン作成の手引き2014」をもとにして作成を行いました.国内外からの夜尿症診療のエビデンスを重要視し,かつ日本での保険適用を考慮したうえでの,Up—To—Dateな診療指針をまとめることができました.
 最後に,ガイドライン作成にあたって多くのアドバイスを賜った森實敏夫氏と,文献検索を担当された山口直比古氏,貴重なコメントをお寄せいただいた,日本小児腎臓病学会学術委員会の飯島一誠氏,および日本小児泌尿器科学会学術委員会の河野美幸氏に,深謝いたします.

2016年5月
日本夜尿症学会
夜尿症診療ガイドライン作成委員会委員長
大友義之