HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2019年 Vol.82 No.10 2019-09-13

子どものこころ診療エッセンス

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /作田亮一

Ⅰ.こころの診療の基本
小児科医にとってこころの診療とは?  /作田亮一
子どもと親に寄り添うこころの診察の心得  /赤間史明・他
こころのストレスと身体の相関  /村上佳津美
思春期の心理社会的問題  /永光信一郎

Ⅱ.一般外来で対応できる診療
子どものこころのヘルス・スーパービジョン  /阪下和美
睡眠の問題  /三池輝久
スマホ・インターネット依存  /松﨑尊信・他
子どもをほめて伸ばすためのペアレント・トレーニング  /山本淳一
薬物療法の適応と使い方  /石﨑朝世

Ⅲ.初期治療までは行うべき疾患
起立性調節障害  /呉 宗憲
過敏性腸症候群「しんどい・おなかいたい」  /土生川千珠
チック障害  /星野恭子
慢性頭痛  /小柳憲司
不登校-「つながり」,「つなぐ」小児科診療-  /岡田あゆみ

Ⅳ.専門医との連携を検討すべき疾患
摂食障害  /大谷良子
神経発達症の併存症と二次障害  /岡田 俊
小児うつ病  /牛島洋景
不安症,強迫症,変換症(転換性障害)  /岡 琢哉
家族の問題と福祉の利用  /星野崇啓

症例報告
葉酸欠乏による正球性正色素性の巨赤芽球性貧血をきたした2歳児例  /宮原 奏・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

子どものこころ診療エッセンス

作田亮一  /獨協医科大学埼玉医療センター子どものこころ診療センター

  子どものこころ診療のニーズは高まるばかりです.ストレス状態に陥った子どもは,ことばでつらさを表現することは苦手です.一般外来では腹痛で受診するかもしれません.小児科医はこのような子どもの存在を常に念頭において,こころの問題に気づき見立てる必要があります.
  また,子どものこころ診療の専門医の絶対数が足りません.たとえ紹介しても初診までに半年以上待たされることもあります.しかし,患者さんは待ってくれません.患者さんが専門病院を初診するまでは,一般小児科が診療を継続しなければなりません.
  このように,一般小児科医・かかりつけ医は「子どものこころの診療」に大きな役割を担っています.2008(平成20)年に厚生労働省による「一般小児科医のための子どもの心の診療テキスト」が出されました.この問題に取り組んでいる一般小児科医は増えていますが,まだ,十分な育成が進んでいるとはいえません.
  今回,一般小児科医,研修医などの方々が,日常診療でよりわかりやすく,患者さんの診療を継続してもらえるために,「子どものこころ診療エッセンス」をまとめました.執筆者はすべて子どものこころ診療のエキスパートです.
  構成を4部に分けました.Ⅰ.こころの診療の基本,Ⅱ.一般外来で対応できる診療,Ⅲ.初期治療までは行うべき疾患,の最初の3部は,一般小児科医が行うことのできる範囲のおもな疾患をあげて解説しました.最後のⅣ.専門医との連携を検討すべき疾患,は,小児科医の中でも専門的な知識が必要な疾患です.しかし,最近は一般外来でも摂食障害や小児うつ病,神経症,転換性障害,虐待・アタッチメント障害などの子どもに遭遇することはまれとはいえないでしょう.
  小児科医はもちろんですが,小児に関連する看護,心理,リハビリテーション,福祉,教育などの現場で幅広く活用していただければ幸いです.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう最新号
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線−クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症−エキスパートによる最新情報−
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス−必要な知識・技術から
No.1 特集/子どもの外傷〜小児科医でもできること
2015年 Vol.78
No.11 特集/見てわかる小児の皮膚疾患
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
2013年 Vol.76
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査-オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査