HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2020年 Vol.83 No.4 2020-03-13

小児血液・腫瘍疾患の最前線

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /滝田順子

Ⅰ.診療のトピックス
難治性小児急性リンパ性白血病に対するCAR-T細胞療法  /平松英文
小児造血器腫瘍に対するハプロ移植  /菊田 敦
急性リンパ性白血病に対する抗体薬  /今村俊彦
急性骨髄性白血病に対する分子標的薬  /富澤大輔
高リスク神経芽腫に対するGD2抗体療法  /高橋義行
小児がんに対する陽子線治療  /副島俊典
横紋筋肉腫に対する治療の新知見  /宮地 充
血友病に対する治療の新展開  /野上恵嗣
人工知能と白血病の診断・治療の展望  /宮野 悟

Ⅱ.研究の最前線
急性T細胞性リンパ性白血病の分子病態  /木村俊介
白血病と薬剤感受性遺伝子の最前線  /田中庸一
Down症候群関連白血病の分子病態  /照井君典・他
小児固形腫瘍のゲノム医療の展望  /市川 仁
遺伝性腫瘍に対するゲノム医療体制  /熊本忠史
神経芽腫の分子病態  /渡邉健太郎
髄芽腫の予後因子  /中野嘉子
軟部肉腫の病理と遺伝子異常  /大喜多 肇
小児がんにおける患者腫瘍組織移植モデル構築の今後の展開  /加藤 格

症例報告
突発性発疹を契機に発症したparoxysmal tonic upgaze of childhoodの1例  /長堀由香里・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

滝田順子  /京都大学大学院医学研究科発達小児科学

 昨今の分子生物学的基礎研究と臨床研究の進歩を背景に,小児血液・腫瘍学の分野はめざましい変化を遂げています.次世代シーケンサーの台頭により,この数年でがんの分子病態の解明が急速な勢いで進み,その成果はアクショナブルな変異の同定とそれに見合った分子標的薬の導入を目指したクリニカルシーケンスとして,実地診療に役立つ時代となりました.わが国においてもがんのゲノム医療は,国家的プロジェクトとして推進され,2018年4月には,全国に11か所のがんゲノム医療中核病院が選定されました.さらに2019年には全国に34か所のがんゲノム医療拠点病院と100か所のがんゲノム医療連携病院が新たに選定されたことに加えて複数の遺伝子パネルが保険収載され,質の高いゲノム医療を広く国民に届ける体制が整いました.したがって,小児がんにおけるゲノム医療の役割も以前にも増して重要になってくるものと考えられます.
 一方,臨床面においても近年開発された遺伝子導入T細胞療法(CAR-T療法)は,再発・難治の急性リンパ性白血病(ALL)に対して劇的な効果を示すことが明らかとなり,わが国において2019年に早くも保険収載されました.すでに保険収載されている二重特異性抗体製剤(ブリナツモマブ)や抗腫瘍性抗生物質結合抗CD22モノクローナル抗体薬(イノツズマブ,オゾガマイシン)とあわせると,再発・難治ALLに対する治療のオプションはいっそう拡大しました.今後,これらの治療法をどのように選択してゆくべきか,エビデンスが積まれることと思います.また,わが国発の研究開発により,インヒビターを有する血友病Aに対する画期的なバイスペシフィック抗体薬(エミシズマブ)が開発され,血友病患者さんの治療の歴史が塗り替えられようとしています.
 本特集では,各分野で中心的にご活躍の先生方に最近の小児血液・腫瘍疾患の研究,臨床における最先端の情報を網羅的に概説していただきました.これらの新しい知見が小児血液・腫瘍学を学ぶ若い先生方や研修医の先生方にとって日々の診療や研究の糸口としてお役に立ちますことを祈念いたします.また血液腫瘍の分野でご活躍の熟練の先生方をはじめ,専門を超えた多くの先生方の知識の整理にお役立ていただけましたら幸いです.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.83
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント最新号
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.増刊号 特集/小児の症候群
2015年 Vol.78
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方