HOME > 書籍詳細

書籍詳細

ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児保健指導マニュアル診断と治療社 | 書籍詳細:ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児保健指導マニュアル

小枝 達也 編集

加我 牧子 著

杉山 登志郎 著

橋本 俊顕 著

原 仁 著

宮本 信也 著

初版 A5判 並製 176頁 2002年06月20日発行

ISBN9784787812490

定価:本体2,300円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


幼児期以降,集団生活のなかでさまざまな困難を抱えてしまいやすい軽度発達障害児。適切な見方とかかわり方を,具体的にやさしく解説した保健指導マニュアル。

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

I 軽度の発達障害について            小枝 達也
II 軽度の発達障害;概論

   1 ADHD                    橋本 俊顕
   2 LD                     加我 牧子
   3 HFPDD                   杉山登志郎
   4 軽度MR                   原   仁

III 気になる問題点とアドバイス

   1 言葉の問題                小枝 達也
   2 パニック,かんしゃくを起こしやすい    小枝 達也
   3 落ち着きがない              橋本 俊顕
   4 友達に乱暴する,動物をいじめる      橋本 俊顕
   5 いうことを聞かない,指示が入りにくい   加我 牧子
   6 こだわりが強い              加我 牧子
   7 一人遊びを好み,友達と遊べない      宮本 信也
   8 不安が強く,場なれが悪い         宮本 信也
   9 呼んでも反応しない            原   仁
   10 不器用である               原   仁
   11 親から離れにくい,親がいなくても平気   杉山登志郎
   12 偏食がひどい                杉山登志郎
 
IV  症例から学ぶ保健指導のエッセンス

   1 幼児編
     ADHD                 小枝 達也
     LD                   加我 牧子
     HFPDD                宮本 信也
     軽度MR                宮本 信也
   2 学童編
     ADHD                  橋本 俊顕
     LD                   原   仁
     HFPDD                杉山登志郎
     軽度MR             小枝 達也
  
   付 録

   参考図書                  小枝 達也
   診断基準                  小枝 達也

   索  引
   著者紹介

ページの先頭へ戻る

序文

 本書は,発達につまずきのある子どものなかで,比較的軽度と考えられている発達障害の幼児および学童を対象としています.具体的には,
 (1)注意欠陥多動性障害(attention-deficit/hyperactivity disorder;ADHD)
 (2)学習障害(learning disorder;LD)
 (3)高機能広汎性発達障害(high functioning pervasive developmental disorder;HFPDD)
 (4)軽度精神遅滞(mental retardation,軽度MR)
の4つのグループの子どもたちが該当します.
 これらの子どもたちの多くは,幼児期の中頃から集団生活のなかにおいてさまざまな困難を示してきますが,保健指導上で必要となる「適切な見方とかかわり方」を解説した本や冊子が,これまでみあたりませんでした.今,保育所や幼稚園では「いったいどうしたらいいのだろうか」という途方にくれた切実な声があがっています.母子保健に携わる保健師や心理指導員からも,「子どもたちをどのようにとらえて,どのような指導したらいいのかわからない」という相談が相次いでいます.本書はこのニーズに対応することを目的としています.
 加えてこれらの子どもたちは,学童期にさまざまな問題を呈してきます.その問題の多くは,「適切な見方とかかわり方」を知らないがゆえに発生している二次的な不適応です.本書のもう一つの目的は,この二次的不適応の予防にあります.そのために学校の養護教諭あるいはカウンセラーの方々にとっても重要な情報が盛り込まれています.
 本書の活用によって,これら軽度の発達障害児が正しく理解され,適切な支援を受けることによって,学校や社会に適応し,健やかで,幸せな,心豊かな人生を送ることができることを切に望んでいます.

  平成14年6月
 小枝達也