HOME > 書籍詳細

書籍詳細

新小児がんの診断と治療診断と治療社 | 書籍詳細:新小児がんの診断と治療

杏林大学医学部小児科学教授

別所 文雄(べっしょ ふみお) 編集

京都府立医科大学医学部小児科学教室教授

杉本 徹(すぎもと とおる) 編集

自治医科大学小児外科学教授

横森 欣司(よこもり きんじ) 編集

初版 A4変型 並製 374頁 2007年04月01日発行

ISBN9784787814838

定価:本体10,000円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


最新の知見として診断,特に画像の診かた,そして患児を取り巻く家族のケアにも力をいれて掲載し,治療では分子標的などの一番旬な内容を掲載した.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

目次

総論

1.疫学
 ………………………………………別所文雄
2.小児がんの病因論「究極の原因」は何か
 ………………………………………水谷修紀
3.病理組織学
 ………………………………………浜崎 豊
4.免疫学的分類・診断
 ………………………………………清河信敬
5.細胞遺伝学
 ………………………………………金子安比古
6.分子生物学的概要
 ⅰ)概論
 ………………………………………林 泰秀
 ⅱ)マイクロアレイの応用
 ………………………………………大平美紀・他
7.腫瘍マーカーとは
 ………………………………………家原知子
8.画像診断
 ………………………………………伊藤博敏・他
9.科学療法
 ………………………………………鶴澤正仁
10.抗がん剤の薬理
 ………………………………………岸 慎治
11.外科的サポート(抽出のみでなく,生検・支持的役割も含む)
 ………………………………………北野良博
12.放射線治療(重粒子も含めて)
 ………………………………………正木英一
13.造血細胞移植術
 ⅰ)末梢血管細胞移植
 ………………………………………河野嘉文
 ⅱ)臍帯血幹細胞移植
 ………………………………………井上雅美
  ①自家移植
 ………………………………………井上雅美
  ②同種移植
 ………………………………………井上雅美
14.免疫療法
 ………………………………………東 英一
15.合併症と支持療法
 ⅰ)Oncologic emetgency
 ………………………………………稲垣二郎・他
 ⅱ)輸血療法
 ………………………………………大西宏明
 ⅲ)感染症対策
 ………………………………………西村真一郎
 ⅳ)臓器合併症対策
 ………………………………………嶋 晴子・他
 ⅴ)嘔吐対策
 ………………………………………西村真一郎
16.小児がんのトータルケア
 ⅰ)インフォード・コンセント
 ………………………………………稲田浩子
 ⅱ)家族への対応
 ………………………………………前田美穂
 ⅲ)闘病による心理社会的側面への影響
 ………………………………………戈木クレイビル滋子
 ⅳ)緩和医療,終末期医療
 ………………………………………細谷亮太
 ⅴ)長期フォローアップ-退院後長期経過観察の必要性と身体的期障害
 ………………………………………石田也寸志
 ⅵ)社会的サポート(医療制度と小児がん経験者の保険など)
 ………………………………………浅見恵子
17.将来へ向けた新たな展開
 ⅰ)薬剤耐性の克服・薬剤感受性試験
 ………………………………………岡田周一
 ⅱ)生物反応修飾物質(サイトカイン療法も含む)
 ………………………………………澤田明久・他
 ⅲ)がん治療とアポトーシス
 ………………………………………今泉益栄
 ⅳ)個別化療法
 ………………………………………檜山英三・他
 ⅴ)分子標的療法
 ………………………………………桒原康通・他
 ⅵ)遺伝子治療
 ………………………………………辻浩一郎


各論

1.白血病
 ⅰ)総論
 ………………………………………別所文雄
 ⅱ)急性リンパ性白血病
 ………………………………………堀部敬三
 ⅲ)急性骨髄白血病
 ………………………………………花田良二
 ⅳ)慢性骨髄白血病
 ………………………………………本郷輝明
 ⅴ)骨髄異形成症候群
 ………………………………………真部 淳
 ⅵ)その他白血病類縁疾患
 ………………………………………伊藤悦朗
2.悪性リンパ腫
 ⅰ)総論
 ………………………………………鶴澤正仁
 ⅱ)Hodgkinリンパ腫
 ………………………………………熊谷昌明・他
 ⅲ)非Hodgkinリンパ腫
 ………………………………………鶴澤正仁
3.組織球増殖性疾患
総論
 ………………………………………石井榮一
 ⅰ)血球貪食性リンパ組織球症(HLH)
 ………………………………………石井榮一
 ⅱ)Langerhans細胞書式球症(LCH)
 ………………………………………森本 哲
 ⅲ)その他の組織球増殖性疾患・類縁疾患
 ………………………………………森本 哲
4.神経芽腫
 ………………………………………金子道夫
5.脳腫瘍
 ………………………………………松谷雅生
6.網膜芽腫
 ………………………………………柳澤隆昭
7.肝腫瘍(肝芽腫など)
 ………………………………………大沼直躬
8.腎悪性腫瘍
 ………………………………………横森欣司
9.軟部腫瘍(横紋筋肉腫,その他)
 ………………………………………土屋邦彦・他
10.骨腫瘍
 ………………………………………横山良平
11.Ewing肉腫family腫瘍
 ………………………………………麦島秀雄
12.胚細胞性腫瘍(奇形腫郡腫瘍)
 ………………………………………草深竹志
13.良性腫瘍
 ………………………………………江口光興
14.まれな腫瘍
 ⅰ)甲状腺がん
 ………………………………………大植孝治
 ⅱ)胸膜肺腫芽腫
 ………………………………………大塩猛人
 ⅲ)胃がん
 ………………………………………林 冨
 ⅳ)膵芽腫
 ………………………………………深草竹志
 ⅴ)Frantz腫瘍
 ………………………………………渡辺泰宏
 ⅵ)GIST(gastrointestinal stromal tumor)
 ………………………………………内藤春彦
 ⅶ)大腸がん
 ………………………………………高橋 篤・他
 ⅷ)褐色細胞腫
 ………………………………………染谷知宏
 ⅸ)副腎皮質がん
 ………………………………………佐々木文章
 ⅹ)皮膚のがん
 ………………………………………馬場直子
 ⅹⅰ)非胚細胞性性腺腫瘍
 ………………………………………北川博昭

ページの先頭へ戻る

序文


 前書(1998年)の発刊から約10年が経過した.その間,小児がんの研究は基礎・臨床の両面において著しい進展をみせており,当時とは隔世の感がある.そこで今回10年という年を節目に最新の知見に基づいて本書の全面的な改訂を行った.
 今回の改訂のポイントとして,内容の力点をより臨床へと移し,患者自身のQOLばかりでなく,両親を始とする患者を取り巻く人々への対応にも視点を向けるとともに,心理的,精神的な面についても取り上げた.また,進歩する核医学,特に画像診断の進歩に鑑み,画像の読影を充実させたほか,骨髄移植の項目も充実させた.さらに将来に向けた治療の新たな展開として個別化療法,分子標的療法,遺伝子治療などの最新の治療法を掲載し,内容の充実をはかった.
 小児がんの進歩は著しく5年生存率が70%を超えるようになり,わが国にも数万人以上の小児がんの長期生存の方がおられ,成人の1000名に1名は小児がん経験者と言われている.このため生命予後のみならず,QOLに留意した治療と長期の経過観察が必要とされる.
 このように長期にわたって患者を診るような疾患は多くない.患者が成長し,社会で活躍している姿をみたときの充実感,経験者が治癒し,さらに2世代目の誕生などは小児診療でしか体験できない経験と充実感である.
 本書が,医師をはじめとして研修医,医学生,看護師,看護学生,その他関係するコメディカルの方々など小児がんの診断と治療にたずさわるすべての医療関係者に広く読まれ,小児がんの治療がさらに向上することを願ってやまない.

 2007年3月
 編集者一同