HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載「心電図は1枚の窓」「注目の新薬」「医療裁判の現場から」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2022年 Vol.110 No.2 2022-02-04

続・診断困難な痛みに向き合うケーススタディ

定価:2,860円(本体価格2,600円+税)

冊 

電子版はこちらからご購入いただけます.
※価格は書店により異なる場合がございます.


(外部サイトに移動します)

(外部サイトに移動します)

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい  志水太郎

◆見方を変えたら診断できた!
その痛み,線維筋痛症じゃないの  吉田常恭
痛いのは足だけか?  水本潤希
痛む場所,少し離れてみてみよう!  天野雅之
原因がよくわからないとされたときに疑うべき側胸部痛  和足孝之
わたし,コロナにかかってないですか  瀬山裕英,他
原因不明の腹痛の場合に,確認しておきたいコト  藤原元嗣,他
慢性疾患でフォローアップ中の患者の急性疾患の合併に注意!  佐々木陽典
痛みのあとに麻痺をきたした場合は支配神経を明らかにせよ!  飯野貴明,他
“Outside the box”を意識した腹痛の診療  鈴木智晴
身体症状症の診断で患者は治るのか?  清田雅智
何回も繰り返す痛みと発熱といえば…  鈴木富雄
もうこれ以上検査をしないでください 最後に頼るのはやはり…  宮上泰樹
一度違うと思っても…  保浦修裕,他
解剖から考える「指が曲がらない・関節が痛い」の知っておくべき原因  猪飼浩樹
現場でよくみられる医学的に説明がなされていない病態  高瀬啓至

◆試行錯誤のあとに診断にたどり着いた!
非典型なときこそ病歴は活きる  西村康裕,他
検査エラーも診断に活かせ!  三高隼人,他
「痛い」って,どれくらい痛いか数値化できます?  田宗秀隆
メトホルミンが著効する特発性浮腫とは  入山大希,他
ずっと痛いんです.なんとかしてもらいたいんです!  大武陽一

連 載
◎心電図は1枚の窓
術前の心電図にてBrugada型心電図を指摘された32歳男性  荷見映理子
◎注目の新薬
エンレスト®(サクビトリル/バルサルタン)  山本浩一,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 痛みを訴える患者は多い.総合診療科で外来,入院,救急の対応をしていると,あらゆる箇所の痛みを訴える患者に出会うことになる.早速その箇所をみにいき,訴えに耳を傾けながら観察し,触り,音を聴きながら,同時に全体の経緯や状況をつぶさに観察する.時に直観的に痛みの原因に気づくこともあれば,皮下の解剖を考えつつ,生理学や機能学の理解を駆使して痛みの原因を追究する必要が出ることもある.その診察の時間帯という切り取った時間のなかで解決できることもあれば,空間把握だけではなく時間経過という,もう1つの軸を追加することで4次元的な理解が可能になることでようやく原因を特定することもできる.
 良質な診断を求める昨今のSociety to Improve Diagnosis in Medicine(SIDM)を中心とした世界的キャンペーンのテーマはsituativity(状況性)である.つまり医師の思考だけではなく,患者—医師関係,他職種とのかかわり,医学とは直接関係のない概念からの入力情報,一見すると診療とは直接関係のうすいと思われる患者に関する様々な情報,施設や土地など患者を取り巻く医療システム……,といった一切の環境因子がすべて協働したうえでの総力戦により診断の営為は成り立つということは,読者の多くの皆様が普段の診療で実感されていることではないかと想像する.時に診断“名”がつかないときも多々あり,それは視点が違うのか,またはカテゴリーとして未分化な状態の身体が発する表現が他覚的に観察されているだけということもある.このような未分化な状況との対峙も医師としては避けられない.
 いずれにしても病悩のなかにあるのは患者であり,医師・医療者として,診断の有無にとらわれすぎず,診断をにらみながら,患者のその時点での生活の質や今後の生活についてどのように最善を尽くせるかということが最も重要な点である.
 このような編者の真意をお察し下さっていたか,また何よりそもそも筆者の先生方の日常で錬磨された視点からの執筆が自然とそうなっていたということだと思うが,今回の20症例も,前回の特集(2020年5月号)に勝るとも劣らない珠玉の学びに満ちた20症例となっている.各先生の症例を拝読するにつけ,それぞれの先生方の臨床医としてのこだわり,診療への魂を感じ,読了後に自身の診療を振り返り,様々な思いや発想が頭のなかに渦巻いてしまう「後を引く」内容となっている.
 本特集が皆様の明日からの診療に幅広く深くお役に立つことを願ってやまない.

獨協医科大学総合診療医学講座
志水太郎

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2022年 Vol.110
No.8 特集/患者指導,医師のこの一言が患者を変える最新号
No.7 特集/消化管疾患と感染の最前線
No.6 特集/下部尿路機能障害(排尿障害)へのアプローチ
No.5 特集/認知症を取り巻く現状:バイオマーカー,根本治療薬ってなに?
No.4 特集/知っておきたい血栓予防療法のエッセンス
No.増刊号 特集/明日の診療に役立つ 消化器内視鏡これ1冊
No.3 特集/かかりつけ医からみた糖尿病診療
No.2 特集/続・診断困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.1 特集/慢性便秘症診療の最前線
2021年 Vol.109
No.12 特集/一般内科医に役立つ抗リウマチ薬の最新知識
No.11 特集/新型コロナウイルス感染症 理解と対策の現状
No.10 特集/血管炎の診断と治療:エッセンスと今後の展望
No.9 特集/オンライン診療・医療AI最前線
No.8 特集/健康食品・サプリメントを知る
No.7 特集/増えている大人の消化管アレルギー
No.6 特集/大きく進歩した造血器腫瘍の診断と治療
No.5 特集/脳卒中:内科医が知っておくべき最新診療
No.4 特集/一般内科医が知っておきたい最新の心筋症診療
No.増刊号 特集/診断と治療の手技−診察室これ1冊−
No.3 特集/輸液療法の基礎と実践
No.2 特集/最新の花粉症診療
No.1 特集/内科外来で見る急性腹症診療:見落とさないコツ
2020年 Vol.108
No.12 特集/日常診療で遭遇する睡眠-覚醒障害
No.11 特集/350人に1人 一般内科医が診る人工透析患者
No.10 特集/動脈硬化予防のための肥満・脂質異常症診療戦略
No.9 特集/コモンディジーズとしての骨粗鬆症診療
No.8 特集/膵疾患の診断・治療の進歩
No.7 特集/インバウンドに備える
No.6 特集/心疾患診療に活かす心臓リハビリテーション:まとめエッセンス
No.5 特集/診療困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.4 特集/最新の高血圧診療-「高血圧治療ガイドライン2019」後の展開
No.増刊号 特集/必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法
No.3 特集/フレイルとその予防対策
No.2 特集/ウイルス肝炎アップデート
No.1 特集/ここまで明らかになった小腸疾患
2019年 Vol.107
No.12 特集/新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み解く
No.11 特集/大人の発達障害
No.10 特集/高齢終末期に向かう医療
No.9 特集/「生活習慣病」診療の新潮流:この10年で何が変わった
No.8 特集/高齢者心不全に挑む
No.7 特集/実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC
No.6 特集/医療安全update−患者さんも医療スタッフも満足できる
No.5 特集/一般臨床医のための貧血診療 これだけ
No.4 特集/遠隔医療の進歩
No.増刊号 特集/内科医のための皮膚疾患アトラス
No.3 特集/かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識
No.2 特集/診療に活かす薬理・ブラッシュアップ
No.1 特集/在宅栄養療法の最前線