HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2022年 Vol.85 No.2 2022-01-12

子どもの事故(傷害)いかに防ぐか

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 

電子版はこちらからご購入いただけます.
※価格は書店により異なる場合がございます.


(外部サイトに移動します)

(外部サイトに移動します)

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /井上信明

Ⅰ.子どもの事故を予防するための取り組み
小児科医が子どもの事故予防にかかわる意義  /長村敏生
小児科医が変えた米国の事故予防の歴史と事故予防教育  /伊藤太一
Injury Alert(傷害速報)の子どもの事故予防における役割  /安 炳文
小児科外来で取り組む子どもの事故予防  /植松悟子・他
保育園・幼稚園で取り組む子どもの事故予防  /掛札逸美
子どもの事故防止に関する消費者庁・関係府省庁の取り組み  /飯島孝史
地域協働で子どもが安全安心に生活できるまちを育てるセーフコミュニティ  /白石陽子

Ⅱ.子どもの事故予防 指導実践
anticipatory guidance(月齢に応じた外来での予防指導)について  /安田 幹
子どもの交通事故・自転車事故の予防指導  /池山由紀
子どもの転倒・転落事故の予防指導  /岸部 峻
子どもの窒息・溺水の予防指導  /大平智子
子どもの熱傷の予防指導  /竹井寛和
子どもの誤飲の予防指導  /杉中見和

Ⅲ.子どもの事故予防 最近のトピック
世界の子どもの事故予防~モンゴルの取り組みを事例に~  /市川政雄
子どもの事故を予防する 人間工学の考え方  /小松原明哲
メディアを通じた子どもの事故予防  /坂本昌彦
子どもの事故を予防する―小児科医へのメッセージ―  /山中龍宏

症例報告
SLEにおけるTAC,MMF併用中の下痢と急性腎障害  /奥村美紗・他
急性腹症の鑑別診断で見つかった呼吸器感染症  /皆川 光・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

子どもの事故(傷害)いかに防ぐか

井上信明  /国立国際医療研究センター国際医療協力局人材開発部

 いまだに子どもの死因の上位にある不慮の事故ですが,多くの人たちの努力の結果,年々その数は減少傾向にあります.しかし,一方で様々な新たな事故(傷害)が発生していることも事実です.
 また最近は,小児科医や小児科研修医を対象にした子どもの外傷診療に関する書籍が出てきていることからもわかるように,小児科医が事故(傷害)による子どもの外傷の診療にかかわることも増えてきています.
 しかし,子どもの事故(傷害)予防について,われわれ小児科医が系統的に学ぶ機会は限られていました.またどのように保護者や子どもにかかわる養育者に指導すればよいのかについても,学ぶ機会はなかったのではないかと思います.
 そこで今回の企画では,子どもの事故(傷害)を取り巻く様々な取り組みをご紹介するとともに,臨床の現場でどのように保護者に予防策を指導すればよいのか,また加えて最近の子どもの事故(傷害)予防に関するトピックについて,学ぶ機会を設けました.
 まず事故(傷害)予防の取り組みとして,アドボカシーや虐待予防の観点から小児科医が事故(傷害)予防に取り組む意義や日本小児科学会雑誌で長年取り組まれている傷害予防について解説し,小児科外来や保育所や幼稚園で行われている事故(傷害)予防活動,さらに行政がかかわる子どもにとっての安全な社会づくりの取り組みをご紹介しています.
 次に子どもの事故(傷害)予防指導の実践として,米国の小児科外来で日常的に行われている保護者指導の内容をご紹介したうえで,交通事故・自転車事故,転落・転倒,窒息・溺水,熱傷,誤飲をテーマに,それぞれ保護者が取り組むことができる予防行動について解説いただきました.
 最後の最新のトピックでは,少し広い視野で子どもの事故(傷害)予防をとらえ,諸外国,特に低中所得国における子どもの事故(傷害)予防に関する現状について話題を提供いただき,さらに子どもの特性に配慮したデザイン,またソーシャルメディアの利用という情報の受け手の特性に合わせた予防活動についてもご紹介いただきました.そして最後に,子どもの事故(傷害)予防活動の先駆者である山中龍宏先生に,小児科医のアドボカシー実践活動としての事故(傷害)予防活動について総括していただきました.
 医療界だけではなく,保育や行政,また研究者など,様々な立場にある方々が,「防ぐことができる子どもの事故(傷害)をいかに防ぐか,予防行動をどう伝えるか」という1つのテーマのもと,それぞれの観点で論じてくださっています.小児科医に求められるアドボカシーを実践し,子どもによりよい環境を提供したいと考える小児科医にとって,とても魅力的な内容になったのではないかと思います.ぜひ各項目をご一読いただき,日々の診療に役立てていただき,先生がおかれている環境において,子どもの事故(傷害)予防活動にご参加いただけましたら幸いです.
 最後に,本企画を立案し,子どもの事故(傷害)予防活動をさらに一歩すすめる機会を提供してくださった本誌編集委員会の皆様に心から感謝申し上げます.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2022年 Vol.85
No.8 特集/小児在宅医療をすすめるために最新号
No.7 特集/血液・腫瘍疾患,急ぐべきときは「今」
No.6 特集/小児神経検査マニュアル
No.5 特集/研修医・専攻医・指導医のための小児科研修指南
No.春増刊号 特集/小児画像診断のコツ
No.4 特集/サイトカインストームと小児疾患
No.3 特集/症例から考える小児泌尿器疾患小児病院での私のみかた
No.2 特集/子どもの事故(傷害)いかに防ぐか
No.1 特集/基礎理論に基づいた小児漢方診療
2021年 Vol.84
No.12 特集/治療可能な先天代謝異常症を診断しよう!
No.11 特集/小児遺伝子疾患事典
No.10 特集/頭痛診療の基本から最新の知見まで
No.9 特集/おさえたい川崎病ガイドラインのツボ
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.増刊号 特集/小児の治療指針
2017年 Vol.80
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス