HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2022年 Vol.85 No.5 2022-04-12

研修医・専攻医・指導医のための小児科研修指南

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 

電子版はこちらからご購入いただけます.
※価格は書店により異なる場合がございます.


(外部サイトに移動します)

(外部サイトに移動します)

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序文  /石毛美夏 

Ⅰ.研修プログラム
医師臨床研修~ガイドライン2020における小児科研修~  /高村昭輝 
小児科専門医研修~小児科医の到達目標と研修手帳~  /西屋克己 
臨床現場における研修評価  /関口進一郎 
研修における指導医およびメンターの役割  /利根川尚也

Ⅱ.研修医・専攻医研修のポイント
外来診療(一般外来・救急外来)
 ~研修医・専攻医に必要とされる小児科外来診療での知識・技術・注意点と,指導医としての指導のポイント~  /遠藤 周 
新生児マススクリーニング
 ~制度・対象疾患・初期対応について~  /松井美樹・他 
予防接種  /西村光司 
乳幼児健診  /桃木恵美子 
学校健康診断  /弓倉 整 
成長障害のみかた  /庄司保子 
発達障害(不登校を含む)  /井上 建・他 
児童虐待  /森内優子・他 
医療保険・公費負担制度および社会的支援  /儘田光和

Ⅲ.研修医・専攻医の研究
症例報告をする  /細野茂春 
臨床研究を行う  /長野伸彦・他 

症例報告
川崎病症状が断続し冠動脈病変をきたしたくすぶり型川崎病の4か月女児例  /西田圭吾・他 

ページの先頭へ戻る

ねらい

研修医・専攻医・指導医のための小児科研修指南

石毛美夏  /日本大学医学部小児科学系小児科学分野

 2004年から必修化された医師臨床研修制度では,小児科は必修研修としてすべての研修医を対象に1~3か月間の研修が実施されることとなり,小児科としての専門研修(専攻医)はその後の3年間に行われることとなった.2010年の制度見直しにより,小児科の臨床研修は選択必修となっていたが,2020年改訂の医師臨床研修指導ガイドラインでは「総合的な小児科診療を行うため,病棟研修を含めて最低4週間,できれば8週間の研修期間が望ましい」とされ,10年ぶりに必修科目となった.今回の改訂では,小児科必修研修の再開だけでなく,経験すべき症候に小児科特有の問題の「成長・発達の障害」が加えられ,さらに小児科を含む一般外来の研修が開始され,分野別必修研修の導入により予防接種や乳幼児健診などの予防医療および児童虐待についての研修も必修となった.24週以上の研修を行う内科に比べ小児科での研修期間はわずか4~8週しかなく,短い研修期間で非常に幅広い研修を,研修医全員に行わなければならなくなったといえるだろう.
 臨床研修修了後の小児科専門医の研修においては,日本小児科学会により「小児科医の到達目標―小児科専門医の教育目標―」が定められており,数年おきに改訂されている.2010年の改訂では小児科専門医の医師像がアウトカムとして示され,最新の2020年改訂(第7版)では,到達目標のレベルがマイルストーン評価のレベルと統一され,修得すべき内容も大幅に更新された.2019年からは360度評価やMini-CEX(診察能力評価)といった現場での研修評価法や,マイルストーンによる1年ごとの到達度の判定も必須となり,小児科研修手帳を用いたきめ細やかな研修が求められている.
 このように,研修プログラムは大きく変化しているが,実際の小児科の臨床現場における具体的な対応やポイントがまとめられている教科書はほとんどなく,また,研修プログラムにおける医学教育の用語や方法は小児科医にとっては難解に感じられるものが多い.
 本特集は,第Ⅰ章で最新の研修プログラムや研修目標,具体的な研修評価方法,さらには指導医の役割について,小児科に焦点をあてて概説した.第Ⅱ章では,外来診療や健診・予防接種をはじめ,成長障害や発達障害,児童虐待など,具体的な場面における研修や指導のポイントについて解説した.第Ⅲ章では,学識・研究者という立場で,視野を広げ小児科研修をより深めるための学会報告や論文作成の方法についてまとめている.
 卒後教育の変革が続くなか,よき小児科医/医師の育成のための研修のさらなる充実を目指して,研修医・専攻医には日々の研修のポイントを教え,指導医には指導方法の指南となる一冊となることを願っている.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2024年 Vol.87
No.6 特集/紹介医に伝えたい「腎炎・ネフローゼ症候群」最新号
No.5 特集/それってほんとにITP?
No.春増刊号 特集/子どもの皮膚診療を極めるために
No.4 特集/新生児・乳児の感覚に寄り添う
No.3 特集/小児コロナウイルス感染症の現在地と小児医療に与えたインパクト
No.2 特集/米国の小児医療・卒後教育の現状と臨床留学への手引き
No.1 特集/小児疾患におけるアフェレシス
2023年 Vol.86
No.12 特集/微量元素とビタミンが子どもにとってなぜ必要か
No.11 特集/成長曲線を書こう
No.秋増刊号 特集/アレルギー疾患 最新治療と生活からの視点
No.10 特集/古くて新しい予防接種〜この10年で何が変わったか〜
No.9 特集/トリソミーのすべて:NIPTの時代に
No.8 特集/小児・AYA世代がん診療の現在と未来
No.7 特集/ポストコロナ,少子化時代:30年後の小児医療と人材育成
No.6 特集/小児の敗血症診療up to date
No.5 特集/研修医として今知りたい新生児の診療に必要な手技
No.春増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/知っておきたい小児炎症性腸疾患(IBD)
No.3 特集/これでよくわかる自己炎症性疾患
No.2 特集/全身をみて,腎・尿路疾患に気づく
No.1 特集/子どもと家族への心のケア
2022年 Vol.85
No.12 特集/医療情報の利活用 現在と未来
No.11 特集/感染症診療における迅速検査を知る
No.秋増刊号 特集/今考える,移行期医療
No.10 特集/食物アレルギー
No.9 特集/くわしく知ろう小児の機能性消化管疾患
No.8 特集/小児在宅医療をすすめるために
No.7 特集/血液・腫瘍疾患,急ぐべきときは「今」
No.6 特集/小児神経検査マニュアル
No.5 特集/研修医・専攻医・指導医のための小児科研修指南
No.春増刊号 特集/小児画像診断のコツ
No.4 特集/サイトカインストームと小児疾患
No.3 特集/症例から考える小児泌尿器疾患小児病院での私のみかた
No.2 特集/子どもの事故(傷害)いかに防ぐか
No.1 特集/基礎理論に基づいた小児漢方診療
2021年 Vol.84
No.12 特集/治療可能な先天代謝異常症を診断しよう!
No.11 特集/小児遺伝子疾患事典
No.10 特集/頭痛診療の基本から最新の知見まで
No.9 特集/おさえたい川崎病ガイドラインのツボ
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
2019年 Vol.82
No.増刊号 特集/小児の診療手技