HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2022年 Vol.85 No.12 2022-11-11

医療情報の利活用 現在と未来

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 

電子版はこちらからご購入いただけます.
※価格は書店により異なる場合がございます.


(外部サイトに移動します)

(外部サイトに移動します)

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /北東 功

Ⅰ.医療情報の現状と問題
医療情報の利活用の現状と問題  /藤井 進・他
医療データに関する倫理的・法的問題について  /吉澤 尚・他
オンライン医療の現状と今後の展望  /稲生優海・他

Ⅱ.医療情報の共有,利活用
NICUの遠隔診療支援システム  /岩永甲午郎
予防接種  /福神雄介
乳幼児健診情報の電子化と利活用  /中野孝介・他
救急医療における医療情報の課題と解決策  /園生智弘
災害時  /和田雅樹
面会kioskシステムによるNICUでの面会者(保護者)情報の
取得と活用  /川本 豊

Ⅲ.医療データベース
新生児臨床研究ネットワーク(NRNJ)について  /中西秀彦
DPC情報を利用した疾患分析の現状と課題  /荒木俊介・他
小児医療における情報収集システムの整備  /加藤省吾・他
薬剤臨床研究  /中村秀文

Ⅳ.診療支援システム
診療支援システムの全体構想  /森川和彦・他
診療支援システムの実際の運用(小児科)  /森田英明・他
診療支援システムの実際の運用(新生児)  /三輪雅之

小児科診療/第85巻(2022年)総目次

ページの先頭へ戻る

ねらい

医療情報の利活用 現在と未来
北東 功  /聖マリアンナ医科大学新生児科

 電子カルテシステムが登場してすでに長い年月が経とうとしています.紙カルテから移行した際には,これでデータベースの作成や論文執筆にあたって情報収集がかなり便利になるだろうと思った記憶があります.しかし,現状では全くそうなっていません.おそらくすべての医師が電子カルテシステムはこれでよいのだろうかと考えているのではないでしょうか.電子化されたことで病診連携やデータベース連携が簡単にできるようになることを期待していたにもかかわらず,現状は単に紙のカルテが電子化されたものとなっているに過ぎません.この問題は電子カルテを作成した企業にだけあるのではなく,構想の段階から医師が深く関与してこなかったことにあると考えています.そこで,今回は趣向を変えて,小児科医として知っておくべき医療情報の収集法とその利活用についての特集を組むことにしました.
 まず“医療情報の現状と問題”の章では,現在のわが国と世界の電子カルテを取り巻く状況や医療情報の利活用に関する法的,倫理的な問題について論じていただいています.また,新型コロナ感染症の流行で大きくすすんだといわれるオンライン診療における情報取得法やその利活用について論じていただいています.続く“医療情報の共有,利活用”の章では,小児医療で必須となる,新生児診療,予防接種,乳幼児健診,救急,災害,保護者情報について,それぞれの分野でどのように情報収集がなされ,さらにそれが利活用されているかを説明していただいています.さらに,“医療データベース”の章で,新生児医療,DPC情報,薬物副作用情報,薬剤開発について,実際にデータベースを用いた種々の情報連携についてその成果や問題点について述べていただいています.最後の“診療支援システム”の章では,医師の暗黙知を集約し診療に役立てるためのシステムである,診療支援システムについて,その全体構想と実際の運用について述べていただいています.
 今回は疾患のことではない特集であり,読者のなかには縁遠い話と考えられる方々もいらっしゃるかとは思います.しかし医療情報を扱い,その情報を活用して別の患者に役立てるためには,どの専門分野であっても知っておくべき基礎的なことと私は考えます.本特集はそれをふまえた必須の知識が満載されていると考えています.
 執筆は,医師であることは問わず,遠隔診療,データベース,医療に関する法律の領域に精通されている方々にお願いしました.医師である方々にとっては医学的な内容ではない毛色の違う執筆依頼であり,執筆に際して困らせてしまったかもしれません.しかし,結果として小児科医だけでなく医療に携わるすべての医師に読んでいただきたいような内容となったと自負しています.
 最後になりますが,この企画に原案段階から相談に乗っていただき,いくつかの原稿に関与して下さった,慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の矢作尚久先生に感謝致します.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2024年 Vol.87
No.6 特集/紹介医に伝えたい「腎炎・ネフローゼ症候群」最新号
No.5 特集/それってほんとにITP?
No.春増刊号 特集/子どもの皮膚診療を極めるために
No.4 特集/新生児・乳児の感覚に寄り添う
No.3 特集/小児コロナウイルス感染症の現在地と小児医療に与えたインパクト
No.2 特集/米国の小児医療・卒後教育の現状と臨床留学への手引き
No.1 特集/小児疾患におけるアフェレシス
2023年 Vol.86
No.12 特集/微量元素とビタミンが子どもにとってなぜ必要か
No.11 特集/成長曲線を書こう
No.秋増刊号 特集/アレルギー疾患 最新治療と生活からの視点
No.10 特集/古くて新しい予防接種〜この10年で何が変わったか〜
No.9 特集/トリソミーのすべて:NIPTの時代に
No.8 特集/小児・AYA世代がん診療の現在と未来
No.7 特集/ポストコロナ,少子化時代:30年後の小児医療と人材育成
No.6 特集/小児の敗血症診療up to date
No.5 特集/研修医として今知りたい新生児の診療に必要な手技
No.春増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/知っておきたい小児炎症性腸疾患(IBD)
No.3 特集/これでよくわかる自己炎症性疾患
No.2 特集/全身をみて,腎・尿路疾患に気づく
No.1 特集/子どもと家族への心のケア
2022年 Vol.85
No.12 特集/医療情報の利活用 現在と未来
No.11 特集/感染症診療における迅速検査を知る
No.秋増刊号 特集/今考える,移行期医療
No.10 特集/食物アレルギー
No.9 特集/くわしく知ろう小児の機能性消化管疾患
No.8 特集/小児在宅医療をすすめるために
No.7 特集/血液・腫瘍疾患,急ぐべきときは「今」
No.6 特集/小児神経検査マニュアル
No.5 特集/研修医・専攻医・指導医のための小児科研修指南
No.春増刊号 特集/小児画像診断のコツ
No.4 特集/サイトカインストームと小児疾患
No.3 特集/症例から考える小児泌尿器疾患小児病院での私のみかた
No.2 特集/子どもの事故(傷害)いかに防ぐか
No.1 特集/基礎理論に基づいた小児漢方診療
2021年 Vol.84
No.12 特集/治療可能な先天代謝異常症を診断しよう!
No.11 特集/小児遺伝子疾患事典
No.10 特集/頭痛診療の基本から最新の知見まで
No.9 特集/おさえたい川崎病ガイドラインのツボ
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
2019年 Vol.82
No.増刊号 特集/小児の診療手技